スルガ銀、6カ月の一部業務停止に 国内銀行で5年ぶり

金融庁は5日、シェアハウス融資で多数の不正があった地方銀行のスルガ銀行(静岡県沼津市)に対し、不動産投資向けの新規融資を6カ月間禁じる一部業務停止命令を出した。スルガ銀ではすでに判明しているシェアハウス融資などでの資料改ざんといった不正に加え、創業家に関係する「ファミリー企業」への不透明な融資、さらに反社会的勢力への融資といった問題があると判断。企業統治(ガバナンス)上の重大な欠陥があったとした。(朝日新聞デジタル)

大坂なおみ 2時間半超えの死闘制し4強、大逆転でアウェー戦勝利<女子テニス>

チャイナ・オープン
女子テニスのチャイナ・オープン(中国/北京、ハード、プレミア・マンダトリー)は5日、シングルス準々決勝が行われ、第8シードの大坂なおみが世界ランク45位のザン・シュアイ(中国)を3-6, 6-4, 7-5の逆転で破り、辛くもベスト4進出を果たした。 (tennis365.net)

日本財団が10億円の資金を用意 AbemaTV新番組で“誰かを幸せにしたい”参加者募集

インターネットテレビ局のAbemaTVは、日本財団が用意した10億円の資金をもとに、“自分のためではなく、他人を幸せにしたい”人を応援する新番組『10億円会議』を、2019年1月からレギュラー放送することを発表した。参加者からの優れた提案には、10億円から必要な活動資金を提供する。(オリコン)

スルガ銀、6カ月の一部業務停止に 国内銀行で5年ぶり

金融庁は5日、シェアハウス融資で多数の不正があった地方銀行のスルガ銀行(静岡県沼津市)に対し、不動産投資向けの新規融資を6カ月間禁じる一部業務停止命令を出した。スルガ銀ではすでに判明しているシェアハウス融資などでの資料改ざんといった不正に加え、創業家に関係する「ファミリー企業」への不透明な融資、さらに反社会的勢力への融資といった問題があると判断。企業統治(ガバナンス)上の重大な欠陥があったとした。(朝日新聞デジタル)

スルガ銀、6カ月の一部業務停止に 国内銀行で5年ぶり

金融庁は5日、シェアハウス融資で多数の不正があった地方銀行のスルガ銀行(静岡県沼津市)に対し、不動産投資向けの新規融資を6カ月間禁じる一部業務停止命令を出した。スルガ銀ではすでに判明しているシェアハウス融資などでの資料改ざんといった不正に加え、創業家に関係する「ファミリー企業」への不透明な融資、さらに反社会的勢力への融資といった問題があると判断。企業統治(ガバナンス)上の重大な欠陥があったとした。(朝日新聞デジタル)

スルガ銀、6カ月の一部業務停止に 国内銀行で5年ぶり

金融庁は5日、シェアハウス融資で多数の不正があった地方銀行のスルガ銀行(静岡県沼津市)に対し、不動産投資向けの新規融資を6カ月間禁じる一部業務停止命令を出した。スルガ銀ではすでに判明しているシェアハウス融資などでの資料改ざんといった不正に加え、創業家に関係する「ファミリー企業」への不透明な融資、さらに反社会的勢力への融資といった問題があると判断。企業統治(ガバナンス)上の重大な欠陥があったとした。(朝日新聞デジタル)

スルガ銀、6カ月の一部業務停止に 国内銀行で5年ぶり

金融庁は5日、シェアハウス融資で多数の不正があった地方銀行のスルガ銀行(静岡県沼津市)に対し、不動産投資向けの新規融資を6カ月間禁じる一部業務停止命令を出した。スルガ銀ではすでに判明しているシェアハウス融資などでの資料改ざんといった不正に加え、創業家に関係する「ファミリー企業」への不透明な融資、さらに反社会的勢力への融資といった問題があると判断。企業統治(ガバナンス)上の重大な欠陥があったとした。(朝日新聞デジタル)

スルガ銀、6カ月の一部業務停止に 国内銀行で5年ぶり

金融庁は5日、シェアハウス融資で多数の不正があった地方銀行のスルガ銀行(静岡県沼津市)に対し、不動産投資向けの新規融資を6カ月間禁じる一部業務停止命令を出した。スルガ銀ではすでに判明しているシェアハウス融資などでの資料改ざんといった不正に加え、創業家に関係する「ファミリー企業」への不透明な融資、さらに反社会的勢力への融資といった問題があると判断。企業統治(ガバナンス)上の重大な欠陥があったとした。(朝日新聞デジタル)

李明博元大統領に懲役15年 巨額収賄罪など=韓国地裁判決

ソウル聯合ニュース】約110億ウォン(約11億円)の収賄罪など計16の罪で起訴された韓国元大統領、李明博(イ・ミョンバク)被告(76)の判決公判が5日、ソウル中央地裁であった。地裁は懲役15年(求刑懲役20年)、罰金130億ウォン(約13億円)を言い渡した。この日の判決公判はテレビで生中継されたが、裁判所の生中継の決定に反発していた李被告は出廷しなかった。(聯合ニュース)

走行不能例も、プリウスなど125万台リコール

トヨタ自動車は5日、「プリウス」など3車種計124万9662台(2009年3月~14年11月製造)のリコールを国土交通省へ届け出た。国交省によると、ハイブリッドシステムの制御プログラムが不適切なため意図せずにシステムが停止し、走行不能になる可能性があり、これまでに走行不能になった事例が3件確認されているという。(読売新聞)