ブログを書いても書いてもまったく稼げなくてお悩みのあなたへ
1日1桁PVの弱小ブロガーが
ブログ記事を使いまわししただけで、

わずか1か月後にファーストキャッシュを
完全放置で稼ぎ出し、
劇的に収入をアップさせた
メソッドがあるのですが...。


カンタン・即収益可・高再現率・リスクゼロ・安定収入のKindle電子書籍出版で
手堅く長期的不労所得を構築しませんか?




 
 
「こんなはずじゃなかった...」

ブログを100記事書けば稼げると聞いて始めたのに、100記事書いても収益はわずか月数百円。

毎日仕事で忙しい合間を縫ってコツコツとブログを書いてきたのに、苦労して稼いだお金は小学生の小遣い以下。

ブログあるあるですね。

ほとんどの人はこの時点で3か月も持たずに脱落してしまう中、まだ継続できているあなたは素晴らしいです。

とはいえ、いつまでたっても稼げる兆しが見えない状況に、心が折れそうになっているのではないでしょうか?

確かにひと昔前は100記事書くだけでそこそこ稼げる時代でした。

しかし、不景気による参入者の増加と検索上位獲得の難易度上昇により、
記事を量産するだけでは稼げない時代になってしまいました。

 
「ブログで稼いでノマドライフを実現するぞ」

と鼻息荒くブログを始めたはいいものの、その結果は惨憺たるもの。

睡眠時間も削り休みを返上してまでブログを書き続けてきたのに、見事にその野望を打ち砕かれてしまう。

膨大な時間と労力をブログに注ぎ込み、家族との時間も犠牲にしてまで書き続けた記事は、1円の利益も生み出さない無意味な記事としてブログの中に蓄積されていく。

毎日報酬レポートの画面を眺めてはため息をつく日々。

犠牲にしたものがあまりにも大きすぎるので、もはや引くに引けない状況。

あなたも今そんな状況にいるのではないでしょうか?

このままブログを書き続けて、果たしてあなたは自由なライフスタイルを手に入れることができるでしょうか?

うすうす答えに気づいているのではありませんか?


「このままブログを書き続けても稼げなかったらどうしよう...」

と不安でいっぱいですよね?

でも大丈夫です。


以下の男性は1桁PVしかないブログを電子書籍化しただけで、わずか1か月後ファーストキャッシュ完全自動で稼ぎ出したからです。 


竹原 志信様

 

この講座に出会うまでは私は細々とブログを続けるまさに弱小ブロガーでした。
最初はブログのアクセス数を改善するために、アポロさんのメルマガに登録したことが始まりです。

それまで電子書籍は読んでいても出版するという考えはまったく頭にありませんでした。
そんな時にメルマガでこの講座のことを知り、これまで貯めてきたブログ記事が日の目を見ることができると思い直感的に講座に申し込んでいました。

書籍の出版など微塵も考えたことのなかった私なので当然始めた当初はまったく右も左もわからない状態でした。
しかし講座の流れの通りに動画を見て、そのまま実践していくことで迷うことなく最短経路で出版にいたることができたんです。

アポロさんに直接サポートを受けられることもとても心強く感じられます。
定期的に進捗状況など聞いてくださったので、もし質問しにくい方でも自然と話ができる環境です。

おかげで講座開始から1か月ちょっとで1冊目の本を出版することができました。
ブログ記事の時はPV数などほとんどなかったものがkindleに並ぶと多くの方の目に留まり見てもらうことに。

媒体がAmazonのkindleだけあって特別何もしなくても書籍を読んでくれる方が多くいました。
さらに講座でタイトルの付け方、紹介文の書き方など細かく指導してくださるので動画を繰り返し見て、より多くの方に届くような売り方もマスターできました。

この講座と出会って3~4にしか読まれていなかった弱小ブログ記事も桁違いの人に読まれるようになりました。
この講座に出会えたことは私にとってとても重大な出来事であり、行動したことで未来を変えられたと思っています。

 
竹原様出版電子書籍↓
Kindle電子書籍出版はアマゾンが膨大なアクセスを集めてくれて、しかも「読まれるだけ」で収益が発生するので、弱小ブロガーであっても簡単に稼ぐことができるのです。
本が1冊も売れなくても読まれるだけで収益が発生するので、カンタンに不労所得を構築することができるのです。
しかも出版したその日から稼ぐことも可能です。

 

Googleは企業サイトの出来レース

Googleでは弱小ブログがどんなに頑張っても、大手企業サイトに勝つことはできません。

数年前のコアアルゴリズムアップデートにより、信頼性や権威性の高いサイトが圧倒的に優遇されるようになったためです。

後発の雑魚ブログがどんなに頑張ったところで、圧倒的に優遇されている企業サイトより上位表示を取ることはできません。


 
Googleはもはや企業サイトの出来レースと化しています。

根性とか頑張りでどうにかなる話ではありません。

一個人のブログが大手企業サイトに勝てる見込みはほぼゼロです。

竹やりで戦車と戦うようなものです。

そしてもうひとつ残念なお知らせがあります....。

Ubersuggestの開発者Neil Patelによると、
Googleは1日平均8つのアルゴリズムを変更しているそうです。


それだけ頻繁にアップデートがあるならば、
今上位表示を取れていたとしてもいつ圏外に飛ばされるかわかりません。

今月100万稼いだとしても、
来月にはその収入がすべて吹っ飛んでいる可能性もあるのです。

こんな不安定な状態で長期的安定収入を手に入れるのは不可能に近いです。




 
今稼げていない人は今後も稼げない可能性が高いし、
仮に稼げたとしてもいつその収益が消し飛ぶかわからないのです。

 

副業ブロガーが稼げない理由

さきほどもお伝えしたように、ブログはひと昔前ほどカンタンに稼げなくなってしまいました。

ツイッターで「ブログで月収100万達成!」みたいなアカウントをよくみかけますが、8割以上は完全なるデマの嘘つきアカウントです。

その証拠にほとんどのアカウントは数か月も経てば姿を消しています。

「ブログで月収100万達成!」とのたまう割には、自身のブログを絶対に公開しようとしません。

ツイッターはURLをプロフィールに貼ることができるし、ほとんどの人はブログのURLを貼っているにも関わらずです。

その理由は、ブログを見られてしまったらウソがばれるからです。

「わずか○○記事で月収100万達成!」というアカウントがブログを公開していたので、試しにUbersuggestで調べてみたら、月間アクセス流入が「1」しかありませんでした(笑)。

残念ながらそのアカウントには数千名のフォロワーがいました。

つまり、数千名の人々が騙されているということです。

「収益画面を公開しているから信用できるのでは?」と思うかもしれませんが、稼いでいる収益画面などネット上にいくらでも転がっているので、それを拝借してちょっと加工すればだれでも作れます。

誰がいくら稼いだかなんて細かく記憶している人などいないので、他人の収益画面を自分の収入であるかのように公開してもバレる心配はないのです。

彼らの目的は、ブログで稼ごうと頑張っている人々から、「ノウハウを教える」と言って金をむしり取ることです。

「月収100万円を達成!」みたいな人がたくさんいるから、「自分も稼げるはず」と淡い期待を抱いている人も多いですが、実際はそんなに甘くありません。

もしあなたが副業でブログに取り組んでいるのなら、大きく稼げる見込みは薄いでしょう。

なぜなら、副業ブロガーは圧倒的に時間が足りないからです。

もうすでにキャリア10年以上のベテランがしのぎを削る中、後発の初心者ブロガーが参入して勝てると思いますか?

ベテラン勢の10倍努力をすれば勝てるかもしれません。

ブログやアフィリエイトで生計を立てている人は、ブログに投資する時間が豊富にあります。

ただでさえ、後発の初心者ブロガーはビハインドが大きいのに、ブログに投資できる時間まで彼らより少ないのであれば、差は縮まるどころか広がる一方です。

1日2-3時間ブログを書いたぐらいで、彼らに勝つことができると思いますか?

彼らは長年の経験があるだけでなく、1日の大半の時間をブログに注ぎ込むことができるのです。

初心者副業ブロガーが片手間でブログを書いて勝てる見込みは薄いですよね。

しかも、ベテラン勢のサイトは運営歴も長いので、駆け出しブロガーのブログよりも圧倒的にGoogleからの評価が高いです。

要するに検索上位を取れる見込みも薄いということです。

どんなに頑張っても積み重ねた歴史だけは覆すことができません。

お小遣い稼ぎのつもりでブログを書いているならそれでもいいでしょう。

しかし、自由を手に入れたくてブログを書いているのであれば、その考えは少し改める必要があります。

 

不安定すぎるビジネスモデル

一攫千金を目指してブログを始める人は非常に多いですが、長期的に安定収入を得られないのであれば、それは優れたビジネスモデルとは言えません。

今月100万円稼げたとしてもその後一切稼げなくなったとしたら、それは果たして成功と呼べるでしょうか?

それであれば、収益は小さくても長期的に毎月安定収入を得られるほうが精神的にも安定が得られるはずです。


 
月収100万稼いで一発屋で消えるのと、
毎月1万円の安定収入をほったらかしで
半永続的に手に入れるのと、
あなたはどちらを選びますか?

ブログアフィリエイトは非常に不安定なビジネスモデルです

Googleのアップデートによって一気に収益が消し飛んでしまうことは珍しくなく、それが原因で廃業に追い込まれサラリーマンに戻った人も数えきれないほど存在します。

コロナの影響による広告主の撤退によって収入が激減した人もいます。

もし今、あなたがブログアフィリエイトで稼いでいるとして、今後数十年に渡ってこのような事態に巻き込まれないと断言することはできるでしょうか?

毎月毎月アップデートや広告主の動向に怯えながら、老後を迎えるまで過ごしていくつもりですか?

芸能人のトレンド記事を書いて短期的に膨大なアクセスを得たとしても、その寿命は短命です。

記事を書かないと収入がストップしてしまうので、
常に自転車操業の状態です。

永遠に作業しつつげないといけないのです。

作業しないと収入が得られないのであれば、サラリーマンとして働いているのと大差ありません。

 

差別化が必須の時代

これからの時代は差別化ができないとどんどんジリ貧になっていきます。

差別化ができないと必然的に価格競争に巻き込まれることになり、体力のない個人や中小企業に勝ち目はありません。

末永く生き残っていくためには差別化することは必須と言えます。

差別化ができれば競争することもなくなりますし、商品を安売りする必要もなくなります。

 
そのためには自分自身の商品を持たなければなりません。

他人の商品を代理で販売している限り差別化は不可能だからです。

例えば、同じ商品をアフィリエイトしているとして、わざわざ検索順位が低いサイトから購入するユーザーが果たしているでしょうか?

同じ商品が同じ価格で売られているのであれば、当然ユーザーは検索上位のサイトから商品を購入します。

つまり、検索上位が取れないと商品は売れないし、検索上位を取っていたとしても、順位が下がってしまったら商品が売れなくなるということです。

オフラインのビジネスでも同じですね。

同じ価格の同一商品が売られていたら、わざわざ遠くの店舗まで買いに行く人はいません。

 

100人中1人の存在になる方法

15年ぐらい前はブログを書いているだけで「すごい」と言われる時代でした。

当時ブログを書いている人はほとんどいなかったため、一部の有名人ぐらいしか自分のメディアを持っていなかったからです。

当時は、ブログを書いていることは一つのステータスとして認識されていました。

その後情報発信が一般化して、自分のブログを持っていることが当たり前の時代になりました。

今や小学生やお年寄りも自分のブログを持っています。

もはや、ブログを持っていることは何のステータスにもなりません。

ブログを持っているというだけでは、その他大勢のうちの一人でしかないということです。

ブログを書いている人は山ほどいますが、その中で電子書籍を出版している人はほとんどいません。

あなたは今まで読んだブログの中で、電子書籍を出版している人は何人ぐらいいましたか?


100人中1人もいなかったはずです。

つまり、電子書籍を出版するだけで100人中1人の特別な存在になれるということです。

電子書籍とはいえ、本を出版しているというのはステータスになります。

同じ情報を発信していたとしても、本を出版している人とそうでない人とでは説得力が違います。

昔は一部の知識人だけに許された「出版」という特権が、今では誰でも可能な時代になりました。

自分の本を出版するということは、彼らと同じフィールドにいることを意味しているのです。

「作家」という肩書はなかったとしても、「本を出版してお金をもらう」という点においてはプロの出版者であることに変わりはないからです。


 
自分の電子書籍を出版しその本が売れることで、今まで見る事のできなかった彼らと同じ景色があなたも見れるようになるのです。
 

電子書籍出版はカンタン

あなたが考えている以上に電子書籍出版はカンタンです。
あなたがブログを書いているのならなおさらです。

やっていることはブログと大差ありません。

しいて違いを上げるとするならば、本の構成を組み立てることと表紙を作成することぐらいです。

後は簡単な出版手続きをするだけです。


めちゃくちゃカンタンですよね?

しかも、お金までもらえるんです。


にもかかわらず、ほとんどの人はやらないんです。

なぜだかわかりますか?

それは「本を出版することは難しい」と思い込んでいるからです。

作業自体はブログとほとんど変わらないのに、その思い込みが心理的ハードルとなり一歩を踏み出すことができないのです。

ぶっちゃけた話、日本語の文章が書けるのであればどんな人でも出版することはできるんです。


しかも、本名・顔出しは一切不要です。

副業等で本名・顔出しできない人でも取り組むことができます。

文章を書くだけなので話すことが苦手でも問題ありません。


ブログで100記事書いて1円のお金にもならないのであれば、その情報を電子書籍にまとめたほうがよっぽどいいと思いませんか?

 

ブロガーこそ電子書籍出版すべき理由とは?

ブログの一番の問題点は何だと思いますか?

 
それは完全自力でアクセスを集めないといけないことです。

つまりアクセスを集める能力のない人は、
永遠に稼ぐことができないということです。

電子書籍出版であればアマゾンが勝手に集客してくれます。

世界最大規模のマーケットプレイスが、
あなたの代わりにアクセスを集めてくれるのです。

ブログのアクセスが月に1桁しかなくても問題ありません。

 
電子書籍出版でやるべきことは、
「本を出版すること」だけです

あとは全部アマゾンが代わりにやってくれます。

ブログを書いている人こそ電子書籍出版に向いています。

ブログ記事を電子書籍の原稿として再利用できるからです。

「一生懸命記事を書いたのにまったくアクセスがない」

なんてことはざらにあります。

何度リライトを繰り返しても検索順位が上がらなければ、そこに費やした時間と労力が無駄になってしまいます。

こういう無駄な努力を繰り返している人は非常に多いです。

どんなに質の高い情報であったとしても、アクセスも収益も生み出さないのであれば、その記事は存在していないのと同じです。


誰の目にも留まらないということは、誰の役にも立っていないということです。

誰にも読まれないということは、1円の収益も生み出していないということです。

だから、リサイクルして再利用すべきなんです。

アクセスのない記事をそのまま放置していても何のプラスにもなりません。

だったら、その記事を電子書籍の原稿として再利用して有効活用すればいいんです。

その記事単体ではアクセスも収益も生み出さないかもしれませんが、その記事たちを組み合わせて電子書籍化することで、その記事たちは価値のある情報へと変貌をとげるのです。

 
ブログの収益と電子書籍の収益をダブルで獲得することが可能なのです。

アクセスのない記事も使い方ひとつでお金に変わります。

まさに、ブログ錬金術です。

こんなに素晴らしいマネタイズ戦略があるのに、ほとんどのブロガーは電子書籍を出版していません。

「ブログ記事を電子書籍化する」という発想がないからです。


ほとんどの人はブログそのものでマネタイズすることしか考えていません。

競争の激しいレッドオーシャンで血みどろの争いをすることしかできないのです。

今の時代、ブログを持っていることは何のステータスにもなりません。

 
電子書籍を出版して売り上げが出れば、不労所得が期待できるだけでなく「著者」というステータスも手に入ります。

ひと昔前まで一握りの知識人しか手にすることのできなかった「肩書」を、いとも簡単に手に入れることができるのです。

 
読まれるだけで報酬がチャリンチャリン
Kindle電子書籍出版の優れている点は、本が読まれるだけで報酬が発生することです。

購入されなくてもお金がもらえるのです。

金額0円の読み放題プランに登録すれば、
読んだページ数に応じて収益が発生します。

ブログは何百記事読まれようが商品が売れなければ1円も稼げません。

何万PVあろうが商品が売れなければ収入はゼロです。


 

アフィリエイトでは得られない「やりがい」

自分の作った作品でお客様にご満足いただけたときの喜びはひとしおです。
 
こちらの画像は僕が出版した電子書籍の感想をFacebookグループ(電子書籍出版関連)でシェアしていただいたときの画像とアマゾンレビューの画像です。

この他にも直接感想のメールをいただいたこともあります。

こういう喜びの声をいただけるのも、自分の商品をもっていたからこそです。


他人の商品の代理販売ではこの感情を味わうことはできません。

自分の商品を持つと、お金だけでなく自己重要感や貢献への喜びを手に入れることもできます。

アフィリエイトがダメだというわけではありませんが、他人の商品の代理販売で「やりがい」を感じるのは難しいです。

自分と同じ商品を売っている人は他にたくさんいます。

つまり、「あなたである必要性」がないということです。

仮にあなたの販売した商品によってお客さんの問題が解決しても、ほとんどのお客さんは商品開発者に感謝するでしょうが、代理販売者に感謝をすることはないでしょう。


 
「ありがとう」をたくさんもらえる特権

このプライスレスな価値は、自分の商品を持っている人だけに与えられた特権です。

一度きりの人生、自分の生きた証を遺したくありませんか?

自分の作品を世に送り出すということは、あなたがこの世を去った後もその作品は生き続けることになります。



 
お金を生み出す資産であるだけでなく、
人生の遺産でもあるのです。

 
自己紹介が遅れました。

僕の名前はアポロと申します。

デジタルコンテンツクリエイターとして、オンライン完結・完全不労型コンテンツを販売しています。

Amazonの電子書籍(文字コンテンツ)だけでなく、Udemy講師として動画コンテンツの販売やアマゾンのAudibleでオーディオブック(音声コンテンツ)を販売をしているオールラウンドプレイヤーです。



ベトナム、シンガポール、カナダと3か国でビジネスをしてきました。
今はカナダの永住権を取得して、インターネットを使ってお金を稼いでいます。

中でも収益を自動化する仕組みづくりに力を入れていて、いくつも不労所得の収入の柱を持っています。

電子書籍出版はその不労所得の収入の柱の一つです。

電子書籍は一度出版してしまえば、後は何もしなくてもアマゾンが勝手にセールスをしてくれます。
 
完全放置で不労所得が自然発生し、売れた分だけ毎月銀行口座に現金が入金されるのです。

(ちなみにアマゾンは海外の銀行振込にも対応しているので海外在住者にもおすすめです)

しかも、原価がかからないのでリスクは極めて低いです。

通常のビジネスでは自分の商品を作ってもなかなか売れません。

なぜなら、集客とセールスはビジネスにおいてもっとも難しいからです。

ビジネスがうまくいかないのは、必ずしも商品が悪いからではありません。

集客とセールスのやり方がわからないから、商品が売れない場合もあるのです。

電子書籍はその一番の難関である「集客」と「セールス」をアマゾンがすべてやってくれます。

 
しかも世界トップクラスの
集客力を持っています。

しかも電子書籍は原価がほぼゼロであるために、利益率が非常に高いのが最大のメリットです。

自分で直販をすれば利益率100%です。

Kindleで電子書籍を販売する場合でも、70%のロイヤリティがもらえます(販売価格250円以上の場合)。


300円の本が1冊売れるだけで、210円の印税がもらえるのです。

しかも完全不労収入です。

あなたはブログで1記事あたりどれぐらい収益を得ていますか?
 
アドセンス広告をクリックされて、
10円稼いでバンザイしてる場合じゃありません

 

最短最速でファーストキャッシュを得る方法

電子書籍出版は人によっては7日以内、いや3日以内にファーストキャッシュを手に入れることも可能です。

なぜなら、電子書籍の原稿となるブログ記事のストックが大量にあるからです。

僕自身、ブログ記事を再利用して140ページにも及ぶ電子書籍をわずか1週間で出版しました。

ブログの記事のストックがあれば、一から原稿を書く必要はありません。

あとは、それらの記事をコピペして本の構成を組み立てるだけです。

※ただし、Kindleではネット上の記事をコピペした場合は著作権エラーになるので、出稿の際に自分の著作物であるという証明をする必要があります。

せっかく書いたあなたの価値ある記事をブログの中に埋もれさせておくのはもったいないです。

それらの記事を一つにまとめ「電子書籍」として出版することで、あなたの情報を必要としている人に届けることができます。

その記事によって読者の人は救われるし、あなたは売り上げに応じたお金を受け取ることができるでしょう。
 
勘違いしないでください...。
これからあなたに電子書籍出版でお金を稼ぐ方法をお伝えしますが、僕は決して「ラクして稼げる」といったようなことを言うつもりはありません。

 
詐欺は大嫌いです。


僕が5冊目の電子書籍を出版するにあたり、同ジャンルのライバル書籍をチェックしていた時のこと、ある1冊の電子書籍に遭遇しました。

ページ数はわずか20ページ、書いてある情報はネット上の情報をそのままコピペしたようなものばかり。

僕はいつも流し読みをするのですが、冗談抜きで読み終わるまでに1分もかかりませんでした。

しかも、その本はページ数を稼ぐために改行やページブレイクを巧みに使いこなし、わずか2~3文字しかないページもちらほら。
(ページ数を稼ぐ理由は、読み放題の場合ページ数に応じて収益が発生するからです)

なんと、その書籍の価格は1000円以上するのです。

しかも、そんな役立たずな書籍であるにもかかわらず、多数の高評価レビューがつけられていました。

低評価レビューを付けていたユーザーも指摘していましたが、明らかにサクラレビューであることは間違いありません。

しかも、その書籍を出版している人物は
「自称その道のプロ」でした。

残念ながら、インターネット上にはこのような人物がまだ生息しているのです。

自分の利益のことしか頭になく、他人を騙すことでしかお金を稼ぐことができない低レベルな人間。

僕がもっとも嫌いなタイプの人間です。

あなたには価値のある情報を世の中に提供して、こういう人間を追い出してほしいと思っています。

だから決して「ラクして稼げる」みたいなことは言いません。

残念なお知らせがあります...

ここであなたに残念なお知らせがあります。

ほとんどの電子書籍出版者は稼げていません。

その理由は単純で「正しい売り方」を知らないからです。

電子書籍は出版するだけで不労所得を構築できるといいましたが、それはあくまで「正しい売り方」をしている場合に限っての話です。

ほとんどの電子書籍出版者は売り方も知らず、ただ出版するだけなのでほとんど本が売れる事はありません。

僕はカナダに住んでいることもあって、普段から英語の情報に触れる機会が多く、Alex Genadinikなどの海外のベストセラー作家から電子書籍出版について学んでいます。

彼らは電子書籍をベストセラーにする方法を熟知しています。

日本ではほとんど知られていない、Kindleの上位表示アルゴリズムの知識も豊富にあります。

僕が電子書籍出版1作目からランキング1位を獲れたのも、上位表示アルゴリズムを彼らから学んでいたからです。

もしあなたがどんなに素晴らしい本を出版したとしても、見つけてもらうことができなければ、その本が売れることは絶対にありません。

自分の本を見つけてもらうためには、目立つ場所に表示される必要があるのです。

ユーザーがキーワードを入力したときに、上位表示されれば真っ先に見つけてもらうことができるのです。

そのために必要なのが上位表示アルゴリズムの知識です。

上位表示されれば1円のお金を使うこともなく、アマゾンがあなたの本を宣伝してくれます。


 
世界最大のマーケットプレイスを
あなたのセールスマンとして使い倒すことが可能なのです。



 

「出版」から「売る」までを完全サポート

電子書籍出版に対するニーズは高いですが、なかなか一歩を踏み出すことができない人がたくさんいます。

その理由は「電子書籍出版のやり方がわからない」からです。

何度も言いますが、電子書籍出版はめちゃくちゃカンタンです。
日本語の文章が書けるならどんな人でも出版することができます。

 

もしあなたが自分のブログを持っているなら、カンタンな上にスピーディーに電子書籍を出版することができます。

なぜなら、原稿のストックをすでに持っているからです。

後はその情報を体系的にまとめるだけです。

もし、ブログの記事が豊富にあるなら短期間に電子書籍を量産することだって可能です。

しかし、今まで電子書籍出版に取り組んだことがない人にとって、最初の一歩を踏み出すハードルというのは思った以上に高いものです。

そこで、まったくのゼロからでも電子書籍が出版できるプログラムを作りました。

それが
「弱小ブロガーのためのKindleベストセラー作家養成講座」です

60日間のプログラムになっていますが、早い人は1週間で電子書籍を出版することも可能です。

60日間のプログラムにしたのは、「小手先のテクニックではなく普遍的な原理原則まで身に着けてほしい」という思いがあるからです。

目先の利益を追い求め、短期的に大きな収益を手に入れることができても、それが持続しなければ意味がありません。

普遍的な原理原則まで身に着ければ、長期的に成功し続けることができるでしょう。

作業そのものは
「カンタン」「すぐにできるのですが、しっかりと基礎を身に着けていた管ためにも60日間のプログラムにしました。

本質的な原理原則は他のことにも応用することができます。

電子書籍出版だけでなく人生全般に役に立つのです。

僕が海外のベストセラー作家から学んだ知識と、
現在進行形で稼ぎ続けているノウハウを融合して、
あなたの電子書籍出版から販売までを完全サポートします。


サポートがあるとないとでは成果はまったく違うものになります。

多くの電子書籍出版サービスは、出版するところまでをサポートしてその後の販売戦略まではケアしないことが多いですが、それでは長期的安定収入を手に入れることはできません。

僕は自分自身で出版した経験を通して、「販売戦略」を構築することがいかに重要であり、いかに難しいかに気づきました。

せっかく電子書籍を出版しても売れなければ意味ないので、あなたの電子書籍の販売まで完全サポートさせていただきます。

出版からその後のセールスまでしっかりと対策しておけば、5冊連続ランキング1位を獲ることも可能なのです。

1冊目:2部門でランキング1位

この文章はダミーテキストです。テキストをクリックすることで編集が可能です。

出版2冊目:「国際ビジネス」でランキング1位

3冊目:「海外在住」で検索1位(出版直後)

4冊目:2部門でランキング1位

5冊目:「グローバルマーケティング」でランキング1位

Kindle上位表示アルゴリズムのノウハウを使って、実際に検索上位を取っているところをお見せします。

いずれも競争率の非常に高いキーワードばかりです。

「電子書籍 出版」で検索1ページ目獲得(1位、2位、5位)

一番上はスポンサープロダクト(広告商品)、3冊のうち2冊はベストセラー本より上位表示されています。

「SEO対策」で検索3位

「ポッドキャスト」で検索1位

「Google AdSense」で検索1位

弱小ブログ再生プロジェクト
Kindleロングセラー
作家養成講座


 
本編コンテンツは動画14本+音声11本+補足PDF2本の超特大ボリューム!!動画レクチャーの合計時間は約510分(8時間30分)です


コンテンツの内容をご紹介

第1章
ゴール設定とマインドセット

動画3本+音声3本+補足動画1本+PDF2本
合計レクチャー時間98分

結果を変えるためには行動を変えなければなりません。行動を変えるためには思考(マインドセット)を変える必要があります。すべての行動はマインドセットから生まれます。
正しいマインドセットさえ身に着けておけば、後は自然と成功に向かって行動するようになります。
目標設定やゴールがあいまいだと、具体的な行動プランに落とし込むことができません。漠然と「お金持ちになりたい」と考えるだけでは、何をすればいいのかわからないので戦略的に行動することができなくなります。
継続的に成功し続けていくために必要不可欠な、マインドセットとゴール設定をしっかり落とし込みましょう。

第2章 
リサーチの極意

動画3本+音声1本
合計レクチャー時間88分

長期的に売れ続ける電子書籍を出版するためには、徹底したリサーチが必要になります。やみくもに本を出版しても売れる本にはなりません。この章ではリサーチする際のポイントの解説と無料ツールを使った長期的に売れ続けるジャンルの見極め方を解説します。
アマゾンリサーチのやり方も動画付きで、ステップバイステップで丁寧に解説します

第3章 
究極の電子書籍出版術

動画5本+音声5本
合計レクチャー時間240分

 

長期的に不労所得を生み出し続ける電子書籍の作り方から、出版後の販売戦略に至るまでを網羅した講義です。ほとんどの電子書籍出版者は出版するだけで終わってしまいますが、それだけでは収益を最大化することはできません。
マネタイズ戦略をしっかりと計画した上で出版しないと、大して稼げずに終わってしまうことになります。
海外トップクラスのKindle出版者が現在進行形で稼ぎ続けているノウハウを余すところなくあなたに伝授します。

第4章
ファンを創造するブログライティング

動画2本+音声2本
合計レクチャー時間86分

ブログをうまく利用することで電子書籍の収益を拡大することができます。ブログの読者はかなりの高確率であなたの電子書籍を購入してくれるため、普段から価値のある情報を提供して信頼構築をしておくことは重要です。
ブログ読者はあなたに対して好意的な場合がほとんどなので、レビューを書いてくれたり、口コミで紹介してくれたりと様々な相乗効果が期待できます。
普段からブログでファン化をしておくことにより、電子書籍の収益は雪だるま式に大きくなります。

電子書籍出版で稼ぐために必要な2つのライティングスキルとは?

ライティングスキルは大きく分けて2つに分類されます。
目的に応じてこの2つのライティングスキルを使い分けないと、
Kindle出版で長期的に稼ぎ続けることは難しいでしょう。

 

ブログでファンを作る極意はとにかく○○ること

ブログは読者に信頼構築をするための媒体です。
多くの人はブログを収益媒体にしていますが、それでは読者をファン化して長期的に稼ぎ続けることは難しいでしょう。
読者をファンに変える極意はとにかく「○○る」ことです。

○○の法則を活用しライバルに圧倒的な差別化をする方法

自分を選んでもらうためにはとにかくライバルと差別化する必要があります。
文章だけで差別化をするのは非常に難易度が高いですが、○○の法則を活用することでお手軽カンタンにラポールを築き差別化をすることが可能になります。

人を動かす3つの要素とは?

電子書籍出版で読者を感動させるためにはやみくもに文章を書いてもうまくいきません。
文章が苦手な人でも実践できる「人を動かす3つの要素」を徹底解説します。

 

ファン化ライティング5大要素を伝授!

ライティングでファンを創造するために理解しておくべき5つのポイントを、どこよりもわかりやすく丁寧に解説します。
ファン化ライティングの極意を余すところなく伝授!

93%の人が目標達成に失敗する原因は○○の欠如だった。

目標設定をする人はたくさんいますが、そのほとんどが目標を達成することができないまま挫折してしまいます。
その原因は目標設定に必須ともいえる「あるもの」が欠如しているからです。

 

ゴール設定をする際に必須となるコアバリューとは?

コアバリューを理解することなくゴール設定をしてしまうと、間違った方向に進んでしまうことになります。
幸せな億万長者になりたければ自分のコアバリューを正しく理解しなければなりません。

心の制限を外し未来の可能性を広げる「○○思考」とは?

多くの人は心の中に制限を持っていて、自ら行動にブレーキをかけてしまいます。この思考パターンを持っていると行動する前から「自分にはできない」と諦めてしまうことになります。
視点をちょっと変えるだけでこの問題は解決し、心の制限が外れ未来に無限の可能性が広がります。

なぜマインドセットが最も重要なのか?

マインドセットはすぐに結果に直結しないため敬遠する人が多いですが、成果を出すためには最も重要な要素です。
表面的なノウハウやテクニックよりもマインドセットが重要な理由について、丁寧に解説します。

行動を習慣化できないのは○○が原因だった。

現実を変えたければ行動を変える必要があり、大きな成果を得たければ行動を継続して習慣化しなければなりません。
ほとんどの人が行動を習慣化できずに挫折してしまうのは、人間の持つ「ある働き」に原因があります。

成功せずにはいられなくなる成功不可避マインドセット

正しいマインドセットさえ身に着けてしまえば、あとは放っておいても勝手に成功していきます。
成功せずにはいられなくなる「成功不可避マインドセット」を暴露!

リサーチに必要なマインドセットとは?

リサーチはなんとなく行っている人が多いですが、それではリサーチはうまくいきません。
リサーチをするときの心構えや意識すべきことについて、わかりやすく説明します。

なぜブルーオーシャンで勝負すると失敗するのか?

一般的にブルーオーシャンで勝負をすれば勝てると言われているため、競合がいない市場を狙う人が多いですが、この考え方を持っているととてつもない大失敗をする可能性があります。

競合分析でチェックすべき4つのポイントを徹底解説

ライバルリサーチはとても重要ですが、適当にリサーチをしても意味がありません。リサーチをした人がない人でも簡単に競合分析ができるようになる、ライバルのチェックポイントについて詳しく解説します。

なぜ無料媒体でリサーチするだけではうまくいかないのか?

インターネットを使ってリサーチする際は「Yahoo知恵袋」や「教えてgoo」などの無料媒体でリサーチすると良いと言われています。
もちろんそれらのリサーチも大切ですが、その情報だけに頼りすぎてしまうと「売れない商品」を作ってしまう可能性があります。

売れるジャンルを一撃で見極めるコツは○○が出続けているか?

ビジネス初心者の人は何が売れるか何が売れないのかを正しく見極めることができません。
リサーチをしたとしてもその判断を間違えることがあります。
ビジネス初心者でも一撃で売れるジャンルを見極めることができる裏ワザを暴露!

アマゾンリサーチのチェックすべきポイントをわかりやすく解説

売れる電子書籍を作るためにはアマゾンリサーチは必須です。
アマゾンリサーチの具体的なやり方を動画を使ってステップバイステップでわかりやすく説明します。

電子書籍のテーマは2つの目的によって変わる理由

電子書籍を出版する目的は主に2つあります。
電子書籍そのものでマネタイズする場合と、電子書籍でリスト取りをしてバックエンドでマネタイズする場合です。この目的の違いによって電子書籍のテーマ設定は変わります。

電子書籍を量産するために必要な「○○思考」とは?

無名の一般人が数冊本を出版した程度では大きな収益を得ることはできません。電子書籍でマネタイズするのであれば本を量産する必要があります。
「○○思考」を身に着けることで無限に本を出版し続けることが可能になります。

 

本の冒頭で語るべき「2つのなぜ?」とは?

電子書籍が売れるかどうかは「試し読み」で読むことのできる冒頭部分によって決まるといっても過言ではありません。
読者の離脱率を極限まで下げるには冒頭で「2つのなぜ」を語ることです。

本の詳細欄の書き方をどこよりも詳しく解説

電子書籍の売り上げを大きく左右する商品ページですが、ほとんどの人は本の詳細欄を適当に書いています。
電子書籍の売り上げを飛躍的に向上させる本の詳細欄の書き方のコツを公開!

なぜ初心者は電子書籍の表紙を外注すべきでないのか?

電子書籍の表紙をいきなり外注する人がいますが、個人的にはあまりおすすめしません。表紙を外注することによって電子書籍出版のメリットを損なってしまうからです。表紙外注のリスクをわかりやすくお伝えします。

電子書籍出版の収益を最大化させるマネタイズ戦略を伝授!

電子書籍出版で稼ぐためにはマネタイズ戦略をしっかりと考える必要があります。電子書籍の収益を倍々ゲームで拡大するキャッシュポイントの作り方を特別に公開します。

電子書籍の拡散するための極意

電子書籍を出版しただけでは大きく稼ぐことは難しいです。
たくさんの人に見つけてもらうためには拡散することが重要になります。
電子書籍拡散の秘密の極意をお伝えします。

99%のKindle出版者が知らない禁断の上位表示アルゴリズム

Kindleの上位表示アルゴリズムについて日本語で情報発信をしている人は皆無といってもいい状況です。電子書籍のプロを名乗る人でも知らない上位表示アルゴリズムを特別限定公開します。
本を出せば出すほど雪だるま式に増え続ける収益
ブログは何百記事書こうが稼げない人は稼げません。

しかし、電子書籍は出せば出すほど収益が雪だるま式に増え続けるのです。

例えば、月に本が1冊売れるとします。

10冊出版すれば月10冊、20冊出版すれば月20冊売れる計算になります。

本の数が増えれば増えるほど収益が拡大するのです。

ブログはサーバーダイやドメイン代などコストがかかりますが、
電子書籍出版はコストゼロです。



つまり、リスクはゼロだということです。

本が売れなくても損をすることはありません。
 

そしてブログのように突然収益がゼロになることはありません。

ブログは月100万稼げても翌月に収入がゼロになる可能性がありますが、
電子書籍出版ではそれはないのです。

今まで大量に売れていた本が、
ある日突然売れなくなることはありえないからです。

収入が多少減ることはあっても劇的に減少することはまずありません。

安定感がブログとは比べ物にならないのです。



 
僕は商品作成や電子書籍出版を探求するために、膨大な時間と労力、そして資金を投資してきました。

それこそ金額にして50万円以上は使いました。

そのノウハウを凝縮したのが本プログラムです。

本来であればせめて5万円ぐらいはいただきたいところですが、金額が原因で電子書籍を諦めてしまうのであれば、それは僕にとっても非常に心苦しいことです。


電子書籍出版で権威性や作家のステータスだけでなく、長期的な不労収入が手に入るのであれば、5万円でも安いと思います。

通常の出版代行サービスは安くても7-10万円程度しますからね。

しかし、もしあなたがすぐに決断してくれるのであれば、その決意に応えたいと思っています。


「参加したいけど金額の問題でどうしても参加が難しい」

そういう方もいらっしゃると思います。

せっかくチャンスがあるのにお金が払えなくてもチャンスを逃してしまう。

できれば僕もそれは避けたいと思っています。


ということで今回は19800円でご提供したいと思います。

クレジットカード払いの場合は分割支払いも可能です。


 
「でも、本当に稼げるか不安...」

ですよね。


その気持ちはすごくよくわかります。

「稼げなかったらどうしよう」という気持ちがあると、なかなか一歩を踏み出すこともできないと思います。

せっかく人生を変えるチャンスが目の前にあっても、決断することができずチャンスを逃してしあまった人はたくさんいます。

あなたには絶対にチャンスを逃してほしくない


そこで、こちらのプログラムには
「全額返金保証」を付けることにしました。
60日間の講座期間を終えてまったく稼げなかった場合は、料金を全額返金させていただきます。

もしくは、稼げるようになるまでサポートを無期限で延長することも可能です。

これなら、一歩を踏み出せずにチャンスを逃してしまうことはないと思います。
以下の画像は某動画学習サイトのKindle電子書籍出版関連作品の一覧です。
↓ ↓
赤枠で囲った部分をご覧ください。

 
合計レクチャー時間はたったの1時間~1.5時間です。

にもかかわらず販売価格は日本円で10000円以上となっています。

しかもこれらの動画コンテンツは「出版方法」について解説されたものばかりで、具体的な売り方等については詳しく解説されていません。

本講座の第3章(究極の電子書籍出版術)の動画コンテンツだけでも240分(約4時間)あるので、いかに19800円という価格がリーズナブルであるかがお分かりいただけると思います。

 

こんな人におすすめ

自分の商品(作品)が欲しい

安定収入が欲しい

自分の可能性を広げていきたい

このままブログを書き続けても稼げる気がしない

の中に価値を提供して感謝されながらお金を稼ぎたい

こんな人はご遠慮ください

ラクして稼ぎたい(こういう思考の人はまず稼げません)

自分の利益のことしか考えていない

世の中に価値を提供するつもりがない

動画14本+音声11本、
合計レクチャー時間510分(8時間30分)の
超特大ボリュームの本編に加え、
なんと今回はスペシャルな5大特典をお付けしております。

豪華5大特典

特典コンテンツは会員サイトよりダウンロードしてご利用いただけます。
特典3、4も会員サイトに詳細説明がございます。
特典1 Kindle禁断の上位表示アルゴリズム
海外のベストセラー作家から伝授された、Kindleの上位表示アルゴリズムレポートを提供します。他媒体では有料で販売している商品です。
日本でKindleの‘SEO対策をしている人はほとんどおらず、非常に秘匿性の高い情報となっています。
 
特典2 スペシャル動画コンテンツ
Kindle出版初心者がつまづきやすい、「表紙作成」と「構成の組み立て方」に関する動画コンテンツです。
ある無料ツールを利用することで、カンタンに表紙作成や原稿の構成を組み立てることができます。
 
特典3 無制限チャットサポート
まだ電子書籍を出版したことがない人にとって、自分一人で取り組むのは非常に大変です。すでに多数の書籍を出版した経験を持つ僕が、あなたの電子書籍出版をフルサポートします。
講座期間中は24時間無制限でチャットサポートをご利用いただけます。
遠慮せずにサポートを使い倒してください。
特典4ブログであなたの書籍を紹介
電子書籍を出版してもプロモーションがきちんとできていなければ、なかなか本は売れません。認知の範囲が狭ければそれだけ売り上げも小さくなります。
3つのブログを運営し、総読者数が1000名を越える僕のブログであなたの電子書籍を宣伝します。
 
特典5 購入率が劇的に上がる「本の詳細書き方テンプレート」
電子書籍が売れるかどうかを決めるのは、いかに「本の詳細」欄を魅力的に魅せるかにかかっています。
電子書籍は冒頭以外立ち読みすることができないため、本の詳細欄でしか中身を判断できないからです。
 海外のベストセラー作家が実際に使っているテンプレートをそのまま真似すれば、あなたの本の購入率は飛躍的に上がります。

実践者の声


電子書籍には全く知識のない私をゼロから教えてくださいました。

瀬名 彩加様

 
アポロ様のブログを愛読していて「ブログを電子書籍化までしている凄い方!」と思い、早速メルマガに登録しました。
私も、もっとブログについて勉強したいと思ったのがキッカケです。
それから電子書籍化に向けて学ばさせて頂きました。

ブログは毎日更新していたものの電子書籍には全く知識のない私を0から教えて下さったと思っています。
養成講座は何度も何度も見ましたし、画面を2つ開いて実際に作る時には、こういう風にするのだという初歩的なことから、本当に詳しく教えて頂きました。
将来的に電子書籍化を目指している方に必要な事、全てが詰まっています。
この講座で、私は電子書籍化は「夢」から、一気に具体的になりました。
私にとって永久保存版です。
 
まず自分の電子書籍化に対する考えが、どんどん浮かんできました。
テーマを決めて、あの記事は使える、あの記事は更に詳しくリライトしようなどと、私なりに必ず誰かの役に立つ電子書籍を具体化出来た事は大きな収穫でした。
アポロ様が、間違わない方向へ導いて下さったと思っています。

私は、はてなブログを使っています。
読者様が増えると私も読者登録をしていきます。
その中で、ブロ友と言い合えるほど気が合う方達と知り合う事が出来て、それは感謝の思いで、いっぱいなのですが、
正直、全員のブログを毎日、読む事に、かなりの時間を費やしている事に気付きました。
そしてリアルの生活の時間のやり繰りに悩むようになりました。
でもアポロ様の講座で、はてなブログの良い部分を伝えて頂き、また前向きに記事を書き続ける事が出来ました。

私個人の意見ですが、ここまで親切に指導してくださったアポロ様には心から感謝しています。
例えば、最近ブログの収益が伸びなくなったという方や(私自身もアルゴリズム変更により全く収益が出なくなりました)
本気でブロガーとして生活していこうと思っている方に、絶対にオススメなのが電子書籍化だと思っています。
アポロ様の講座を受けると、これからはブログよりも電子書籍化の時代だということが、お分かり頂けると思います。
その中から自ずと改善点が見つかってきます。

私も年内には電子書籍の出版が遠い夢ではなく、現実になるよう頑張っていこうと気持ちを引き締めています。。

続けることの大切さ、その先にあるもののすばらしさの気づきも同時に学ばせてもらいました。

栗栖 慎治様 (福岡市在住)

 
『いつかは自分の本を出版したい。』
そんな密かな思いを持ちながら、時間ばかりがたっていました。

そんな時にふとしたきっかけで、この講座『Kindleロングセラー作家養成講座』に出会いました。 いきなり紙媒体での出版には及び腰でしたが、電子書籍ということで、どこかで身近に感じるところがありました。

最初は、本の出版の為の、知識を得たい、テクニックを学びたいという思いで、講座を受けましたが、この講座は最初にマインドから入ります。

つまり、マインドの部分が大変大切であるという事を教えてくれます。

考えてみれば本の出版にかかわらず、どんな仕事であろうと、スポーツであろうと、語学であろうとこのマインドというのは大変重要です。そういう意味では、最初に大切な部分をしっかりと抑えて頂けました。


もちろん、様々なテクニックについても詳しく分かりやすく説明して頂いていてとても分かりやすいのですが、何分、私の記憶力では1度聞いたからと言って習得には至りません。

そこで、何度も聞き返すことが必要になってきます。
ちなみに私の活用の仕方は、最初にしっかりメモを取りながら聞きました。

次に、音声だけを流しながら、再度聞きます。

そして、実践です。実際に文章を書きながら、『そういえば講座でこんな事言ってたなあ』
を思い出しながらメモを見返したり、またその部分を聞き返したりしています。

聞き返すときは、スライドを見ながら探しています。これは有難かったです。

講座そのものを辞書的に使いながら徐々に自分のものにしていく感じです。

しかし、実際に続けていると、なかなかうまくいかなかったり、気持ちがなえてしまう事もありました。

そんな時にも、この講座を聞き返すことにしています。
そもそも何で本を書こうと思ったんだろう?という初心を思い出させてくれたり、
気持ちの持ち方を気づかせてくれるのも、この講座の有難いところです。

本を書く以上、出来るだけ多くの人に読んでもらえるようになりたいものですが、
そう簡単じゃない事もこの講座で教えてもらい、続けることの大切さ、その先にあるもののすばらしさの気付きも同時に学ばせてもらいました。

もちろん、お金が目的であることも、否定されておらず、その為の効果的なテクニックや
気を付けるべきポイントも、他のどんな書籍にも載っていない、ここだけの情報を聞けたのはとても有難く得した気分になりました。

とても素晴らしい講座と出会えたことに感謝しています。

講座の流れ通り勉強していくことで、電子書籍が簡単に出版できるようになる

竹原 志信様

 

この講座に出会うまでは私は細々とブログを続けるまさに弱小ブロガーでした。
最初はブログのアクセス数を改善するために、アポロさんのメルマガに登録したことが始まりです。

それまで電子書籍は読んでいても出版するという考えはまったく頭にありませんでした。
そんな時にメルマガでこの講座のことを知り、これまで貯めてきたブログ記事が日の目を見ることができると思い直感的に講座に申し込んでいました。

書籍の出版など微塵も考えたことのなかった私なので当然始めた当初はまったく右も左もわからない状態でした。
しかし講座の流れの通りに動画を見て、そのまま実践していくことで迷うことなく最短経路で出版にいたることができたんです。

アポロさんに直接サポートを受けられることもとても心強く感じられます。
定期的に進捗状況など聞いてくださったので、もし質問しにくい方でも自然と話ができる環境です。

おかげで講座開始から1か月ちょっとで1冊目の本を出版することができました。
ブログ記事の時はPV数などほとんどなかったものがkindleに並ぶと多くの方の目に留まり見てもらうことに。

媒体がAmazonのkindleだけあって特別何もしなくても書籍を読んでくれる方が多くいました。
さらに講座でタイトルの付け方、紹介文の書き方など細かく指導してくださるので動画を繰り返し見て、より多くの方に届くような売り方もマスターできました。

この講座と出会って3~4にしか読まれていなかった弱小ブログ記事も桁違いの人に読まれるようになりました。
この講座に出会えたことは私にとってとても重大な出来事であり、行動したことで未来を変えられたと思っています。

 
今日から作家のキャリアを始めることも可能

あなたは今日から電子書籍作家としての活動を始めることができます。

自分の本を出版してお金を貰う以上はあなたもプロの作家なのです。

あなたはブログを書いているとき、どんなセルフイメージを持っていますか?
「副業でブログを書いている会社員」ぐらいにしか考えていないのではないでしょうか。

電子書籍作家として活動を始めると、プロ作家としてのステータスとセルフイメージが手に入ります。

同じ原稿を書くのでも、ブログの記事を書くときとはまったく心境が違います。
 

プロの作家になった気分で原稿を書くようになるのです。
きっと原稿を書くときにワクワクを感じるはずです。

このままブログだけを書き続けても、5年後10年後は今の自分と大して変わっていないかもしれません。

しかし、電子書籍作家として活動すれば、5年後10年後の未来は間違いなく良くなっています。

安定した不労所得だけでなく、セルフイメージや精神的充足感も手に入れているはずです。


 
まもなくシャッターが閉まります...。
 
こちらのプログラムはフルサポート付きでご提供する関係上、販売できる人数に限界があります。

僕一人ですべての人をサポートしなければならないので、どうしても人数を限定せざるを得ません。
あまり人数を増やしすぎてサポートがおろそかになってしまうのも嫌なので、こちらのプログラムは先着20名様までの申し込みとさせていただきます。

20名以上となるとサポートするのが難しいですので、なにとぞご理解のほどよろしくお願いします。
次はいつ募集をするかわかりません。
チャンスを掴む人は行動した人
多くの人が成功できないのは、決して能力が低いからではありません。

チャンスがやってきたときに決断と行動をしないからです。

人生には何度も人生が変わるようなチャンスが訪れます。

しかし、ほとんどの人はチャンスがやってきても見送ってしまうのです。

そして、そのチャンスは二度と戻ってくることはありません。

人生を切り開けるかどうかは決断するかどうかで決まります。

「人生を変える」という決断をしなければ、人生が良くなることはありません。
今と同じか、今よりも良くない人生が未来で待っているだけです。

あなたは今後ずっと稼げないブログを書き続けたいですか?


ぜひここで一歩を踏み出して、限られた一部の人々だけが見る事のできる、壁の向こう側の景色をあなたにも見てほしいと思っています。


あなたのご参加をお待ちしております。

よくある質問

プログラムの期間を教えてください。

プログラムは60日間(2か月)になります。

返金の条件を詳しく教えてください。

講座期間中にファーストキャッシュが稼げなかった場合、全額返金いたします。ただし、電子書籍を出版済みであることが条件となります。
講座終了後、14日以内にメールにて申請ください。

ブログを持っていませんが参加可能ですか?

可能です。ブログを持っているほうが有利なのでブログを始めることをおすすめします。

チャットサポートはどのような形になりますか?

チャットワークという無料で使えるツールを利用します。どうしても利用できない事情がある場合はメールサポートも対応可能です。

出版手続きの代行はありますか?

手続きの代行は含まれておりません。カンタンですし、今後のこともあるのでご自身でチャレンジしてみてください。

匿名・顔出しなしでも稼げますか?

Kindleはペンネームでも出版できますし、顔出しも不要です。著者プロフィールを表示しないこともできます。