undefined
事業が成功すると、男性経営者はその所有欲、支配欲から逃れることが難しく、手ごろな「トロフィー」としてスーパーカーを入手することが多い。

そしてその傾向は、実は年齢が上がるほどに強く、高くなり、日本のスーパーカー市場は成功した男性経営者に支えられているといっても過言ではないだろう。

そんな経営者の中には、どうしても

「運転がうまい」

「運転がへた」

の両極がいるという事に気づかれているだろうか。

何故両極なのか…

経営者に付きまとう、常日頃からの「決断」

その決断を「ほんのすこし」でも間違えずに進めることができれば、「成功のなかの成功」の側に行けるのだ。


一方で決断を「ほんのすこし」間違えただけなのに

「成功したけれど、まぁまぁ」

という何とも不名誉な位置に甘んじてしまう事になる。

両者の違い、「実は…」

手に入れたトロフィーを
大切に「使い込む」

大切にしすぎて仕舞い込み、
結局は使いこなせない

なんということだ。
ほんの少しの違いのようだが、この違い、かなりのものである。

しかし!!

成功してスーパーカーも所持しているというのに、運転するのは少し気が引ける。

それは何故か。

応えは明確である。

そう。
怖いのだ。

所有しているスーパーカーはトロフィーであり、勲章であり、愛でる対象である。

その「大切な」逸品に「自分の運転技術が足りないばかりに」傷を負わせたくない。

ひいては

「下手な運転をしているところを『見られたくない』」

から、

「愛でる」

という行為に甘んじているだけなのである。


経営者さん…。成功者よ。

成功を名乗るのであれば、そんなことでいいのか?


君の選択肢のなかに「乗らない」という否定の決断を選んでもいいのか?

違うだろう?

君はもう、その違いによる「将来の自身のポジション」に満足できるほど小さい器ではないはずだ。


そんな貴君に朗報である。

時代が進み、昨今では「プロゲーマー」なる職業があるほど

「ゲーム業界」

の進化は目覚ましい。

もちろん、「ゲーム業界」の中の「レーシングゲーム」は


とてつもなく


臨場感があり、且つシュミレーターとは思えないほどの高性能だ。

そんなシュミレーターで、ゲームを「嗜むフリ」をしつつ、貴君の運転技術が向上するとすれば…?

ここで選ばないほどの愚かな成功者は居ないだろうね。

さて、興味も持ってくれたようだし、
レーシングシュミレーター

「SIM-R」

の紹介をしようか。

SIM-R シュミレーター

SIM-Rとは

まるで本物!?その理由は…

2本のモーションシステムの採用により、止まる、曲がる、加速という3つの操作感をより実車に近い感覚でのトレーニングを可能にした。過去の膨大なデーターを元にMOTECロガーシステムにて走りを研究できるのだ。
さぁ、最愛のトロフィーを貴君の「技術」で目覚めさせてあげるときが来たようだ。

まずは体験から始めてみないか?

成功したがりな君にとってのデメリットはおそらく、殆どないはずだ。
SIM-R体験試乗申込
(準備中)
undefined