上手く描こうなんて思わなくていい
線で描くワークショップ


 
「絵のわ」
福山

undefined

「絵のわ」は、絵が上手くなるための
ワークショップではありません。

「絵のわ」は、

絵が上手くなるためのワークショップではありません。

写真のような絵を上手く描くことも目指しません。

モデルをしっかりと見て、紙にそのまま描く・・・

「対象をただ見て描くとどうなるか」「何が生まれるか」
を様々なアプローチで“実験”していきます。

「絵心がない」と言っていた人が
3時間後には、
生き生きとした線で絵を描きあげています。

「絵を描く」ことをきっかけに
いつもと違う観点で物事を捉えたり、
無心で描く作業に没頭したり・・・

そんなワークショップです。

このような方の参加をお待ちしています。

絵を描くのが苦手。だけど、描けるようになりたい という方

以前は好きだったのに、絵を描かなくなって久しい、という方

子どものときのように絵を描く楽しさを取り戻したい、という方

今までとは違う「描き方」をしてみたい方

「描く」ことにただ集中してみたい、という方

「絵のわ」を体験すると
こんな変化が起こります。

●もっと絵が描きたくなる。

●目に映るものを描いてみたくなる。

●思いもよらない自分が描いた絵に出合える。

●凝り固まった思考がほぐれる
 (既成概念とか固定観念に縛られていた自分に気づく)。


●ものの見方、捉え方が変わる。
undefined

「絵のわ」ワークショップ講師:神垣あゆみ

1966年生まれ。呉市出身。広島市在住。 編集者・ライター
2016年から木村タカヒロ氏の「快画塾」に参加。
快画講師養成講座を経て、2019年3月から快画認定講師として2020年7月まで活動。
広島、福山、三原、呉のほか、渋谷、大阪、神戸、福岡、山口(光市、岩国市)、
島根(邑南町日貫)、米子、金沢、岡山、神戸などでワークショップを開催。
2020年9月から独立し、「絵のわ」ワークショップを開催中。
●神垣あゆみ企画室
高校2年生まではイラストレーターになるのが夢でした。

美大受験の夏期講習に参加して、おのれのデッサン力のなさを思い知り
あっけなく夢破れたのち、「描く」から「書く」仕事を生業にして30年。

ライターの仕事に日々追われるうち
子どもの頃から好きだった「絵を描く」ことから
すっかり遠ざかっていました。

「また絵が描けるようになりたい!」と
50歳になってから参加した木村タカヒロさん主宰の「快画塾」で
今までとは違う観点で絵を描く面白さを知りました。

文章を「書く」のに才能が要らないように
絵を「描く」のも才能は必要ないことを実感。

「絵が下手」「絵心がない」というのは実は思い込みで、
誰にでも絵心はあり、絵は描けることを
ワークショップを通じて体験してほしい
そんな体験の場を増やしたい


と、快画認定講師として1年余りの活動を経て、
この度、独立して「絵のわ」ワークショップを企画・開催する
運びとなりました。


「絵のわ」「わ」
描くことで生まれる
人と絵、人と人の対話の「話」
同じ場を共有する人の「輪」
描けた!という心の「和」
を指します。


「絵心がない」と思い込んでいる
大人のためのワークショップが「絵のわ」です。
福山クラスに、ぜひご参加ください!
広島県内・外で開催する神垣の【絵のわ】ワークショップ情報などをお知らせするメールマガジン【絵のわ】神垣通信の登録(無料)はこちらから 

参加者 感想

何度受講してもいつも新鮮で、
集中できてスッキリします!! 
集中しすぎてお腹が空きます。
新たな自分の才能が発揮できて楽しい。一緒に参加した夫や妹の意外な才能がわかり、新鮮な驚きでした。親子や夫婦での参加オススメです。

■ あっという間の3時間でした。とりあえず線が描けたことに安心しました。
 また開催されましたら、参加したいです。楽しかったです。

■ とっても楽しかったです!! 絵を描くと考えると、つい左脳くんがフル活動してしまう
 のですが、これでいいんだ!! 正解なんてない! と思えると、気楽でした。
 何より、どんな絵になったのかな? のワクワク感が心地よかったです。
 右脳くんを使うのはまだまだ慣れませんが、続けてやってみたいと思います。
 職場でも患者さんとやってみようかな。

■ 最初に描いたときはちょっと不出来で、
 やっぱり来なきゃよかったのかな、と不安になりましたが、右脳を使いはじめると、
 「これで良いのだ」と楽しくなりました。まだ、上手に書けるのかな、と思うときがあるけど、
 また描いてみたいと思います。

■ たのしい教室でした。知らない自分が発見できたように思います。
 機会があれば、また参加したいと思いました。

■ 初めて参加させていただきました。マジック一発描きがとても印象的でした。
 逆さの顔を描くということも初めてでしたが、とても新鮮で楽しかったです。普段、集中して
 絵を描く環境にないため、改めて、絵を描くっていいなぁと思いました。

■ 楽しく、あっという間の3時間でした。いろいろな描き方をしながら、物の見方や考え方の
 偏りが少しでも解放できたかな、と思います。帰ってまた描いてみようと思います。

■ 何か新しい自分が発見できたかも? 今後も楽しい時間を持ちたいと思いました。

■ 最初は緊張していましたが、描き進めるうちに自由に楽しく描いていました。学生の頃から
 3分クロッキーが好きでしたが、改めてサッサッお描くのが好きなんだな、と思いました。

■ あっという間の3時間でした。正直、不安な気持ちで参加しましたが、とても楽しかったです。
 右脳、左脳の役割の説明が厳密には違うところもあるように思いましたが、思考から離れて
 手を動かしてみるのは、とても面白かったです。できればまた、今度は家族も一緒に参加
 したいです。 

■ 思い切って参加して良かったです。私の黒歴史・・・違う方向から光が差して来た感じです。
    あの時、参加を決めた自分をホメてやりたいです。

■ 第一に楽しかった事。もののとらえ方も勉強になり面白かったです。楽しみがまたひとつふえ
    そう。特にマジックで描くという事が 楽しかったです。

■ 絵の描き方を教わるのかなと思いましたが、自分が見たままを描くという絵の教室だったの
    で、楽しかったです。1枚目を描くときは位置など気にしながら描いたのですが、最後はその
    まま自分の見たようにして描くことで、自分の絵として描けたような気がしました。

■ 見たままを感じて描くという考え方、頭を1度リセットするという考え方は、日々の生活でも
    役に立つと感じました。楽しく過ごすことができました。

■「無」は意識してなれるものではないので、そういうアプローチの仕方を工夫するということ
    が知りたいポイントでした。子どもにも教えてみたいと思います!!

■ 右脳と左脳の違いがよくわかりました。普段の生活で、いかに「上手に~しよう」といった左
    脳的な思考にとらわれているか実感しました。自分を見直す良い機会になりました。

■ いろんな描き方を体験して、いろいろな発見ができました。上手い絵を見たりしたときに自
    分には描けないな、と思うことがあるけど、別に気にすることはないと、と思いました。
   自分にしか描けない絵もあることがわかって、とても良い経験になりました。(中2女子)

■ 初めての一人参加でしたが、楽しく受講できたのでFacebookポチリして良かったです。
    また、時間が合えば参加したいです。

■ 初めは「どんな感じなんだろう」と不安でしたが、上手、下手ではなく“変化”を感じることが大切なのだと実感することができました。また、参加したいです★

■ 右脳の使い方というか、左脳が邪魔していることを実感できて楽しかったです。右脳を鍛えなくては。

■ とても楽しかったです。左脳ばかり使っているのがよくわかりました。変化が見られ、おもしろかった。家に帰っても描いてみたい、と思いました。

■ 不自由だからこそ、自由なものが生まれる。今日は楽しく、心地よく、快画を受けることができました。“絵が苦手”という意識を取っ払えたような気がします。      

■ 母親からこの教室をすすめられ、自分自身も絵が好きなので、体験してみました。美術の授業では、このような感じで絵のことを詳しく教えられていないので、今回は良い機会でした。夏休みの思い出が1つ増えて良かったです。すごく楽しかったです。

■ 絵が苦手なので、最初は描けるかどうか心配でしたが、描いているうちに最終的にちゃんと
 絵になっているので良かったです。

■ とても気持ちよくて、すっとする。いい体験になった。(小6女子)
■ 紙を見ずに描いたり、油性ペンで一発描きしたり、ちゃんと描きたい側からすると
 「えー!?」という方法なのだけど、意外に描けたりしてビックリしました。
 絵の経験が少ない人にメキメキ効果が出てるのがよく分かりました! 楽しかったです!!
■ 最初に描いたときより、最後の絵を描いたときのほうが気持ちよく楽しめました。
■ 苦手意識が強くてドキドキしてましたが、端的に「楽しかった」です。
 また家でも描いてみようかな、という気になれました。
■ 新たな自分がまだどっかに潜んでいる気がしてワクワクしています。
■ はじめは恥ずかしさがあったけど、だんだん無になれて楽しく感じた。普段、左脳が強いと
 思っているので、気分転換になってよかった。
■ つい考えてしまいがちになるので、考えずに描く難しさを感じましたが、同時に描いた後の
 解放感もありました。
■ 自分がいかに枠にとらわれていたかがわかり、とても面白かった。

開催概要

●日 時   5月29日(土)
       13:00~16:00
  

●場 所   松浦デザイン事務所 セミナールーム
      
(福山市曙町5丁目4番29号)

●募集人数 6名   ※定員に達しましたので、今後のお申し込みはキャンセル待ちとなります。
●参加費  大人    5000円
(税込み)
      小・中学生 2000円(税込み)
       ※受付は事前振込の確認をもって完了いたします。
●講 師  神垣あゆみ

※持ち物不要  画用紙、筆記具などはこちらで用意します。


<キャンセルポリシー>
キャンセルの場合は、 開催3日前に必ずご連絡をお願いいたします。
「無連絡キャンセル」は、返金いたしかねますので、予めご了承ください。 
※「ワークショップの閉講・休講・変更について」の詳細はこちら


※参加希望の場合は、必ず申し込み手続きをお願いいたします。
 当日参加は、原則として受付け
ておりません。

お申込み

会 場

会場:松浦デザイン事務所 (福山市曙町5丁目4番29号)
  
福山駅から「卸町」行きバス 「新涯一丁目」バス停から徒歩2分

※お車でお越しの場合は、お申し込み時にその旨お知らせください

5/29「絵のわ」福山クラス お申込み

「絵のわ」ワークショップ ご案内

●広島クラス  5月15日(土) 13:00~16:00
※参加希望の場合は、必ず申し込み手続きをお願いいたします。
  当日参加は、原則として受付けておりません。
 

「絵のわ」出張ワークショップのご案内

グループワークショップを出前します!
・6名以上の参加者があれば、日程調整のうえ会場に伺い、「絵のわ」ワークショップを
 開催します。
・親子グループ、企業研修、地域や店舗のイベント などでご活用ください。

・会場のご指定・手配をお願いいたします。
  例)自社の会議室・研修室、カフェやレストランの個室、地域の会館 など
 ・会場までの交通費と会場費を参加費とは別途、ご負担ください。 
  ※広島市内の場合は、交通費不要

出張ワークショップの様子はこち
お問合せはこち 
「特定商取引に基づく表記」「ワークショップの閉講・休講・変更について」「プライバシーポリシー」についてはこちら