エプソンEP712A
インクの純正、詰め替え、
互換の比較


 

EP712Aインク純正

EP712Aインク純正は6色用意されています
ブラック、シアン、マゼンダ、イエロー、ライトシアン、
ライトマゼンダです。お得な6色パックもあり


EP712Aインクはエプソンのカラリオシリーズですが
消耗品は利益の源泉です
1本1,000円でも容量はほんの少しと高価です


株主、配当、赤字ダメ、従業員、子会社、協力会社など
裾野は広く安定した利益確保が必要なわけです



私たち消費者は高価なインクはどうも苦手なのですが
しかしながら高品質ということで無視はできません


EP712Aインク純正は名称サツモイモと命名されています
SAT-6CL
SAT-BK/C/M/Y/LC/LM


➡ EP712Aインク純正の激安こちら
 

EP712Aインク詰め替え

EP712Aインクの詰め替えの最大のメリットは価格が安いこと

EP712Aインク詰め替えのデメリットは液を自分で
詰め替えする必要があるため面倒なのと少し時間がかかる
手が汚れることもあるです


液体をカートリッジに流し込むのは価格的にも安く合理的ですが
メーカーは認めていません

何かのトラブル例えば修理が起こるかもしれないし
その原因が純正インク以外の使用でと言われるのかもしれません


➡ EP712Aインク詰め替えの激安こちら

 

EP712Aインク互換

EP712Aインク互換はメーカーではない業者が新品として作ったものです
価格は純正に比べてとても安いです

問題は品質ですね
純正に比べて当然低くなります


互換と詰め替えはどちらもメーカーとは対で品質にも
疑いはありますが互換の方が詰め替えより煩わしさがないのは
メリットです


➡ EP712Aインク互換の激安こちら




互換インクと似ているリサイクルインクというのがあります
純正の空カートリッジを回収し(回収箱を町で見かけます)
業者が洗浄し液体を詰め替え再販するものです


海外にもっていったり人の手がかかるので価格は高いので
メリットは感じませんがこれも純正カートリッジを使ってるだけで
メーカーとは対なので誤解してはいけません

多少安いのは中古品ともいえるからなのです
エコとはいってるものの見極めは重要です

 

EP712Aインクのまとめ

EP712Aインクには純正はじめ詰め替え、互換と一応選択肢は多いです
しかし何度もいうように純正以外はメーカーと対です


自己責任というかリスク管理は必要です
例えば互換インクを使って初期不良であった、印字してもかすれる
業者に電話して速やかに交換となってもその間印刷は出来ません

また送り状や運送の受け渡しと面倒な作業も地味に増えます
最近メーカーのカタログにも高品質な印字をするには純正インクを使って下さい
との文言があったり

純正以外のインクを使うとトラブルの原因になりますとも
メーカーもやはり警戒している証拠じゃないでしょうか


過去メーカーと業者の間で裁判もありました
独占禁止法だいや特許侵害だ・・・


互換や詰め替えインクを使うなら信頼のおけるところがいいでしょう
この手の業者は中小が多いので大手企業だとか
業者の社長の考えが見える化している会社など


1円をケチるのではなく会社を見るべきです


それとよく最近みかけるのが互換インクや詰め替えだけを勧めるサイト
こういうのは信用できません

価格だけ追求するのは危険です


インクといえどもリスク管理です






 
Copyright 2020 ep712aインク