駐在期間は人生のボーナスタイム!
と、言うことをご存知ですか?

 外貨 運用のはじめ方について、日本人に合う商品選びをアドバイス致します。弊社コンサルタントは全て日本人ですので安心してご相談下さい。

 海外で4,000名を超すお客様をサポートしております。貯まった外貨をどうするか? 帰国後のサポートも充実。日本でのFP経験もあり日本の保険相談についても可能です。

駐在員向け資産運用サポート数
アジアNo.1
Insurance110

日本人FP、スタッフ多数在籍。日本人駐在員、国際結婚など多言語対応も可能です。複数の保険会社取り扱い。
世界8カ国22拠点にて運営中。各国からの現地情報も豊富でオンラインでの対応も可能。
お客様の環境に合わせた投資・資産運用をご紹介。出口までとことんサポートします。

なぜ今?外貨運用が必要なのか?

日本国内だけでは解決できない『お金の問題』も増えてきた、、、

 国の年金、企業年金とこれまで潤沢な老後資金としての位置づけであったが、正直現状はとても厳しいと言わざるを得ない。どこにお金を置くか?でリターンの違いは明らかです。

一つの国だけでは世界的なリスクを回避できない→ 将来の資産もしっかり分散する。

世の中が動いた時…ピンチはチャンス!→ あの時ああしておけばと後悔しないように。

大企業にいても雇用の確保は必須条件ではなくなる!?→年金システムも終篤

長い駐在経験者だけが知る日本と香港の給与バランス?金比率をお伝えします!

国や企業が保有する外貨資産の割合ご存知ですか?→ 個人もその割合に調整する時期です。

自己責任が拡大し、将来のお金に関する状況は刻一刻と悪くなっています。では外貨運用で何が変わるのでしょうか?

日本と海外 … 個人年金も運用も性能が違う!

解約時の増える金額が20倍違う

以下の一例をご覧ください。
将来の自分に仕送りを開始するタイミングは『早い』ほうが良いことが分かります。

 
香港駐在2回目の方は『駐在一回目の帰国後に違いに気づいて大変後悔した、、、』と、今回は海外での外貨運用をスタートしました。

あなたは今『何回目の駐在』ですか? 初めての駐在なら幸運ですね!10年スタートが早いと増加率が違います。

例えば、、、


【日本の貯蓄型の場合】
35歳男性が500万円を預けて65歳で解約した場合・・・
・解約返戻金:549万円
・解約返戻率:109.8%
・増えた金額:49万円


【香港の貯蓄型の場合】
35歳男性が500万円を預けて65歳で解約した場合・・・
・解約返戻金:約1,500万円
・解約返戻率:約300%
・増えた金額:約1,000万円 日本の20倍

以上のように、資産運用というものは『時間』をどれだけ早く味方につけるか?が大事です。

同じ金額で外貨運用をスタートしても、35歳で始めた場合、45歳で始めた場合には既に2倍の差が出てしまいます。これがもし20代でスタートできていたら、、、


『時間』が味方となって、あなたの資産をじっくりと増やしてくれるはずです。その決定権はすべて『あなた自身』が持っています。

駐在期間は人生のボーナスタイム!

と、多くの方が考えていらっしゃるようです。繰り返しになりますがそれは事実です。帰国後の待遇やポジションも気になりますが、海外駐在の期間中そのものが『ボーナス』となります。


こちらもほんの一例。

個人契約の海外年金プランを活用する方法もあります。終身で年金を受け取り続けることで長生きな日本人にも安心。


【香港の貯蓄型の場合】
35歳男性が1,000万円を預けて65歳から年金受取り開始した場合・・・
・一括解約:約3,000万円($1=100円)
・年金受取:年間150万円の年金を100歳まで受取可能。
     :〜81歳まで受取ると:約440%
     :〜87歳まで受取ると:約480%
     :〜100歳まで受取ると:約530%

※長生きすればするだけ、受取る年金合計が増えていきます。

独立系で日系企業の弊社Insurance110ワンテンが、生涯サポートします。


 

少しでも有利な資産運用をすることで、教育資金、年金資金、ゆとりある生活資金の確保をしてみませんか?

 外貨運用の商品や銀行の担当者が悪いわけでは無いのですが、日本人を取り巻く税制や、必要書類など最終的な『出口』に対応できる人や組織はかなり限られているのは事実です。『出口戦略』を意識したご相談はコチラ。
 

なにが?こんなに違うのか?

運用の3要素がちがう

【その①】攻守バランスの良い資産で運用。米国株式、SP500、米国債権、Euro株式など。
大きいリターン
【その②】日本人の長寿命がアドバンテージ。運用にしても年金にしても複利の時間がメリット!  
大きいリターン
【その③】保険会社の経費率が低い!米国籍の年金、オフショア籍の運用など保険会社コスト 
小さなコスト
 商品の仕組み上、世界でも注目されている市場で資産を増やし、保険会社・運用会社のコストを抑えることで「顧客へのリターン」が上昇します。
   
    



 
更に日本人の長寿命が、受け取り期間を伸ばし、トータルの年金受領、運用で言えば高いリターンを確保できる

運用上の安全性・安定性を担保している

安定の3要素がちがう

【その①】投資元本を確保している(選択するプランによる)安心感。長期的に見ると元本割れしない。
【その②】市場の下落時も「ブレーキ」が付いており、損失を限定的に抑制する安全性。突然くるリスクに対処。
【その③】運用期間が100歳や120歳といった長期のプランもあり、時間分散、税金低減など運用リスクを平準化可能。
 資産運用をあまり実践されていない人にとって、海外での外貨運用はハードルが高く感じることが多いようです。当たり前ですね。
  
   

 
 ただ、海外のプランならではの攻守バランスの取れた商品もあり、ご年齢や、目的などにより最適なプランをお選び頂けます。

個別相談をご希望の場合は フォームをご記入下さい。

安心と実績の駐在員向けサポート
Insurance110

日本人FP、スタッフ多数在籍。日本人駐在員、国際結婚など多言語対応も可能です。
世界8カ国22拠点にて運営中。各国からの現地情報も豊富でオンラインでの対応も可能。
お客様の環境に合わせた投資・資産運用をご紹介。出口までとことんサポートします。

アクセス・住所

香港島サイド、
・銅羅湾(Causeway Bay)駅 E出口 より左方向徒歩5分。
・IKEA方向に歩くと「皇室堡 Windsor House」という子供用品、日本食の充実した商業ビル
・その建物の29階オフィスとなります。
・周辺には、ドン・キホーテ、IKEA、タイムズスクエア、ビクトリアパーク等 ございます。

┼ -Address in Hong Kong -Room2903, 29/F.,Windsor House,
┼                311 Gloucester Road, Causeway Bay, Hong Kong
 外貨運用の商品や銀行の担当者が悪いわけでは無いのですが、日本人を取り巻く税制や、必要書類など最終的な『出口』に対応できる人や組織はかなり限られているのは事実です。『出口戦略』を意識したご相談はコチラ。

お電話でのご予約

TEL  : +852-3182-0110(月〜土 9:00〜18:00)
mail: info@insurance110.com(24時間対応)
相談フォーム:こちらよりご入力下さい(24時間対応)

海外8カ国(米国・香港・シンガポール・台湾など)、22拠点で運営中。
日本人向けの海外資産運用窓口として世界に展開しています。海外に居住する日本人も130万人を超え、長期間の海外滞在となる人も増えています。海外での積立プラン、年金保険などリタイアメントを少しでも裕福な安心できる資産づくりをお手伝い致します。

Insurance110 Company Limited

http://insurance110.com.hk/faq/

お問い合わせ   プライバシーポリシー


Copyright © 2020 Insurance110 Company Ltd. All Rights Reserved