定期的に斬新な情報をお送りしています!
ピアノティーチャー
いずみ先生の音×香りブログ

作曲家・西山淑子さんインタビュー②

2020/08/13

え?西山さんがペット?

ピアノティーチャーのいずみです。

本日は「音楽と香りで綴る 金子みすゞとその時代コンサート」の作曲家
西山淑子さんへのインタビュー第2段。

まだ第1弾をご覧になっていらっしゃらない方は
そちらも合わせてご覧くださいマセ!
 

辻田(以下T);西山さんの音楽はいつから?
西山さん(以下Nさん);ちょうど小学校に入ったときにピアノを始めたの。
 おばあちゃんと一緒に住んでいて、女の子で(私が)初孫だったんですね。
 私の上に兄がいるんですけれど。

 で、おばあちゃんが女の子の初孫ということで喜んじゃって。
 わたしをペットのように連れ歩いたのね(笑)

 おばあちゃんがね、日本舞踊とかお三味線、お琴とかお茶、お花、
 ホントに和趣味の人だったのね。

 その影響で、私が幼稚園生の時に日本舞踊と
 お三味線のお稽古に通わされたんですね。

 でもそれがどうも嫌だったらしくて
 あまり記憶がないんですけど、
 泣いて騒いで。

 それで嫌ならしょうがないね。
 じゃあ、お三味線が嫌ならピアノでもさせようか。

T;そうなんですね
Nさん;女の子なんだからね、お稽古ごとの1つでもさせなきゃと
 なんかそういうどうでもよさそうな動機なんです。

T;エレクトーン(の道)に行こうと思ったのはなぜなんですか?
Nさん;小学校1年の時にピアノのレッスンを始めたわけなんですね。
 小学校6年のときにエレクトーンも始めたんです。
 それでエレクトーンが楽しくてね、
 もうエレクトーンに夢中で、もう「命」みたいになっていって。
 でもピアノもやめたわけじゃないんですけれどね。

 その当時の先生だからクラシック至上主義というか
 『あんな楽器やってんの?』とか
 もう、けちょんけちょんに非難されたんですよ(笑)

 で、その頃に『音大に行こうかなぁ~』ってなんとなくポワンと思ったのね。

 でもピアノの先生が
 「あなたね、エレクトーンなんかやっていたら
  ピアノ科なんて無理だから。
  音大に行きたいんだったら作曲科にでも行きなさい』って言われたの。

T;そうなんですか!?
  でも(ピアノ科じゃなくて)かえって良かったんですね。
Nさん;そう、今となってはすごい感謝なんですけれど、
 その当時はね、非難されて「はい、そうですか。分かりました」

まだまだ続きます。
次回は西山さんの流浪の職歴!?
 「辻田いずみ 香りのピアノ教室」プレゼンツ
 『音楽と香りで綴る 金子みすゞとその時代コンサート』のホームページは…
 https://saipon.jp/h/misuzu_concert/
実はこの〇〇公式ブログ、
サイトCMS         で作ってます
〇〇がおすすめするサイポンで、サイト制作してみませんか?
\今なら、5ページまで無料!/