小規模介護事業所
限定!

1人で出来る!
雇用調整助成金
実践「動画」マニュアル

【自己紹介】

こんにちは。理学療法士の東(あずま)です。

普段は、合同会社東塾 あずま理学療法士事務所
外部の理学療法士として、
介護事業所の個別機能訓練のサポートをしています。

本業を異なる仕事なので、お伝えすべきか
迷いましたが、困っている介護事業所、

特に小規模介護事業所(社員が概ね20人以下)が

困っていることを知り、広く知ってもらおうと思い
決心しました。

「社員を休ませるため」に
雇用調整助成金を活用しましょう!


はっきり言います。


雇用調整助成金は社員を休ませるため

使ってください!



コロナ禍で大変な思いをした社員に、
有給を使わせず、休みを会社都合で与えることができる

 
それが雇用調整助成金です!

慰労金もありますが、セットで雇用調整助成金を活用しましょう!


 
まずは、雇用調整助成金の申請方法
動画マニュアルをこちらからお受け取り下さい(無料)。
※返信されるメールにパスワード付きとURLのリンクが貼ってあります。



 

ちなみに弊社も雇用調整助成金を申請して、入金されています。
今回はこの方法をそのまま動画にして、マニュアルにしています。
5月申請分
6月申請分

慰労金とセットです!

ご存知の通り、慰労金、かかり増し経費、環境整備の助成金申請が徐々に始まりつつあります。

ですが、直接、職員さんに恩恵があるのは、「慰労金」のみ。

これまでがんばった、今も頑張ってくれている職員さんには、
「休暇」を与えてあげてください。

それを現実にするのが、「雇用調整助成金」です。

会社都合で休ませて、休業手当を支払い、
支払った休業手当を国が補填してくれる。


雇用を維持する上で、休暇というのは、
とても大事にあります。

年末、年度末まで延長される可能性がある、雇用調整助成金。

うちには関係ないと思わず、
ぜひ活用して、職員さんの雇用維持に努めてください。

下記申込ボタンからお申し込みください。
URLとパスワードが入った返信メールが届きます(無料)。

その他、個別機能訓練加算なども
各種サポートします!


合同会社東塾 代表社員 東俊宏
2代目 東克哉(長男)

1975年 弊社の前身、東塾は学習塾として、
代表の東俊宏が創業。

2017年 長男、東克哉
(リハビリテーションの専門家:理学療法士)が
新事業として
「介護事業所コンサルティング事業」を行うため、法人化。

合同会社 東塾 (2017年6月28日設立)
本社:兵庫県神戸市

現在、社員4名で事業を運営中。
雇用調整助成金の申請については、全て東克哉が担当。