今までありそうでなかった! 

ぜひ、あなたにお伝えしたいことがあります! 

 おすすめするのは
 DIYでつくる方法

 【DIYによるデッキ製作例】

 自宅にウッドデッキがほしい!

あなたはそんなおもい、
ありませんか?
人を介してつくると費用
が高額になってしまう。
でも我が家にどうしても
ほしい!ならば、自分で
やればコストも抑えられ
る。家族もいっしょに楽
しみながらつくることも
できる。できあがった
ときの達成感は、表現に
余るぐらいの大きい感情
が湧き起こります。特別
なリビングがふえること
により家族のつながりも
より深くなります。自分
でやる価値は忘れられな
い一生ものとなります。
 

   そして今、現代社会において忘れかけている思考
   子どもたち 子々孫々にも伝えていきたい 
   それは・・・
   ”自身でつくることにより
   
『ものを大切にする心 』” が宿ることです。
   
   でも そうは言ってもほんとにできるの? という方

『自分でやれるの?』
はい!仕組みを知れば
できるんです!

 

その仕組み 知りたくないですか? 
おもいがあるなら
今すぐ 行動しませんか!



デッキづくりって実は 
仕組みがわかればとてもカンタンお手軽なのです
 寄せ集めの情報収集をするなら
これで完結です!

ウッドデッキ実践マニュアル

ウッドデッキの作り方を解説

作るのは仕組みを理解すれば
とてもカンタンお手軽なのです
寄せ集めの情報収集をするなら
この一冊の他、要りません!
ステイホーム急増の今、
冬は準備  春に製作  夏から秋は
BBQやお茶したり読書・昼寝と
使い方は、わがまま放題!
 

家族や仲間の時間も充実

家族団らん

BBQはもちろん、昼食夕食も!
夫婦でティ―タイムなど 
  『お父さん、ステキだね!』
家族みんながおもわず
  
笑顔になった空間を

あなた自身の手で
  作ってみ
ませんか?

           
             
   「自分で作れば広さも自由自在!
    自分で作るから失敗、後悔のない
   ローコストな夢のデッキが現実に」

   
   とは言ってもどうやってつくるの?
   そんなあなたのために朗報です。
   仕組みを知ると意外とカンタン!
    

 

今まで知る者がひたかくしに
してきた
ウッドデッキ自作の
コツをものづくり35年の
どけん屋なボクが大暴露

  DIY初心者でも
  
最短3日で完成できた

  あなたにお届けする
 渾身のノウハウ&サポート

 
ウッドデッキ実践マニュアル

・やってみたいけど、ホントにできるの?
・つくり方がわからないよ!
・イメージがわかないな。
・何を準備したらいいの?
・挑戦してみたいな!けど自信がないな。
でも大丈夫!そのために
陰ながら応援します!
マニュアルとサポートで
夢の空間が待ってます!

行動しましょう、必ずできます。

ウッドデッキは、
スペースに合わせて
大きさも自由自在です。
「もったいないなぁ」
なんていうデットな
スペースありません?
使い方は自由です。
つくるのも
意外とカンタン!
行動しましょう!
きっとできます。

 
わからないところがあっても
大丈夫!
サポートをお申し付け下さい!

ものづくり、これは元来
人間に与えられた術です。
他の動物も巣づくりなど
できますが、それは
生きるためです。
人間のように自由に
自分のペースで
やるわけではありません。
なので、
自由に楽しみながら
やれるんです。
でも
うまくいくばかりでも
ありません。
途中で悩んだり、
手戻りになることも
あります。
それはそれで
楽しめばいいことです。

大事なのは行動すること。
行動しないと何も
起こりません。

完成もないのです。

 
ボクも数々の失敗をしてきました。
その中から
『気づき』も見つけました。
今だからこそ、その経験や
ものづくりの楽しさをぜひ、
あなたにお伝えしたいんです。

どうか、この機会を逃さず、
実践して感動を体感してください。
ネットや一般書籍ではあり得ない
詳細な部分まで思考し、

懇切丁寧にまとめた”専門実践書”
ご用意しました。

 
それが、この
ウッドデッキ 実践マニュアル
です。

ウッドデッキ作りを経験をすれば、
他のDIY作業にも応用できるように
なります。

作業の流れを把握することにより
順序立てた思考が身に付き、

どんどん作業が楽しくなります。
”ものづくり”に躊躇なく取り組める
ようになり、
 創意工夫の思考も
広がります。

また、プロも顔負けのウッドデッキ
できあがります。
もちろん、
自称 ウッドデッキマイスター
になれるでしょう。

 
   監修者の自己紹介
申し遅れました、
本実践書を監修しました 
どけん屋なボク』こと
野村隆一(のむらりゅういち)
です。
長らく、建設関係を生業にして
おり専門は、土木施工です。
35年余り公共事業はもとより、
民間受注の施工現場の管理を
主体に【ものづくり】に精錬
してきました。
土木施工では必須の
『監理技術者』
『一級土木施工管理技士』
の称号を武器に専門性の高い
世界でものづくりに携わり
自らも測量、建設機械・電動、
手動工具の取扱いに到るまで
一連の作業もやってきました。

何事も”基礎が重要”が信念です。

ウッドデッキに関する知識と経験
2003年頃より、自らDIYによる
”ものづくり” を始めました。
最初に取り組んだのが、まさしく
ウッドデッキでした。
きっかけは、自宅の新築に伴い
家族の要望によるものでした。
当時は参考になり得る書籍や
情報を探し回り、手探り状態の
なか完成させ、その後はウッド
フェンス、木製門扉、レンガ・
タイルを使用したペイピング 
から表札、囲炉裏テーブルなど、
さまざまなものに取り組んで
きました。
なので、お伝えできる思考は、
専門知識がなくても知ることを
すれば、そして行動すれば
誰でもできるということです。
なかでもウッドデッキの製作を
実践したことにより、
大いなる ”気づき” ”学び” を
得ました。
・基礎の配置の重要性
・寸法取りの高精度
・メンテナンスの必要性、重要性
・材料素材の特性・特徴
・工具、道具の特性・安全性

現在、それぞれのエッセンスを
取り入れながら研究しています。
ウッドデッキ』の製作は、その
ほとんどが凝縮されていると
感じています。
なので、共感できる方に「是非、
このワクワク感を伝える手段は
ないか」そう考えるようになり、
今ここに居ます。

伝えるために専門書は、ないのか!
手段を選択するうえで誰かに
伝えるうえで実践が一番なの
ですが、よりわかりやすく伝える
ためには、ノウハウをまとめて
活字で残すことが最善と考え、
専門書をまとめることにしました。
文字で伝えることは非常に難しい
ことですが、これまでの実践を
もとに情報収集も重ね、何度も
何度も修正を加えながらようやく
まとめたのが、この
『ウッドデッキ実践マニュアル』
です。自信を持ってお勧めできる
内容にしました。
ホームぺージを開設しています
より詳しい情報を発信して
いますのでご覧になって
ください。

 
『ウッドデッキ実践マニュアル』
https://ryuphoenix.com/

DIYをベースにした、情報ブログ

現在、実践をもとにブログの
発信もやってます。
『どけん屋なボクのDIYベース』
http://fanblogs.jp/pinworld/

ブログでは、ウッドデッキ製作
以外にもDIYにまつわるさまざまな
情報発信をしています。
一人でも多くの方にものづくりの
楽しさや考え方をお伝えできれば
と、日々奮闘中です。

広告掲載
新聞誌の情報ボックスに掲載して
頂きました。
スポーツニッポン
(西日本エリア・10月22日紙面)
(新年特集号 2021 1月3日紙面) 
スポニチ2020.10.22掲載
スポニチ2021.01.03
新年事始め特集号として
掲載

週刊新潮の11月19日号に掲載して
頂きました。

仕組みを理解すれば、きっと
 できます。意外と、
 カンタン なのです。

 ※完成に至るまで全面サポートを
  お約束します!

体験者さまのご感想

体験者 I.O さん
私がウッドデッキを作りたいと思った
場所は、自宅敷地内入口の横にある
三角形の形をしたデッドスペースでした。
そのため、既製品では合わず工務店さんや
外構専門店に頼むほかないなと思って
いました。
見積もりをしてもらうと基礎からの
工事になるので40万円以上の高額な
ものになるので悩んでいました。
そんなとき、知り合いから
「どけん屋なボク」さんを紹介された
のです。
彼は、「DIYでウッドデッキを
つくりましょう」という素人の私にして
みれば突拍子もない提案をされてきた
のです。
その時渡されたのが
『ウッドデッキ実践マニュアル』の当時は
テスト版の『作成マニュアル』でした。
背中を押され、とにかくやってみようと
思いマニュアルを見ながらやり始めました。
当時は、テスト版のマニュアルにも
関わらず、とても読みやすくて
わかりやすかったので順調に準備も
できました。
唯一つまづきかけた(挫折しかけた)のは、
材料調達の計算でしたが、
親切に何度も
相談に乗ってくれて、しかも計算間違い
などがないか検証までしてくれたのです。
マニュアル途中に出てくるわからない
単語があっても、迅速にメールで教えて
くれましたので、とても安心して作業を
進めていくことが出来ました。

その結果、材料費の20万円ぐらいで
ウッドデッキが完成したのです!

自宅にウッドデッキがあるのって、
想像以上にいいですヨ!
私は仕事終わりの夕方に、ウッドデッキの
上で空を眺めながらビールを飲むのが
至福のヒトトキになりました。

DIY初心者の私でも作れたぐらいなので
どなたでも作れるのではないでしょうか?

この『ウッドデッキ実践マニュアル』と
やる気があれば、
必ずウッドデッキを自作することが
必ず出来ますよ‼ 

※上記記載内容は、あくまで
  個人的な感想です。
 【写真のデッキの広さ 
   約9平米 タテ3.7m ヨコ2.4m】
体験者 よしひろ さん
ウッドデッキが完成して1年が経ちました。
これまで何度も友人たちを招待してBBQを
楽しんだり、天気の良い日は、洗濯物や
布団を干したりし、家族でくつろいだりして
有効利用しています。
我が家は、築28年の建物で10年ぐらい前に
リフォームしました。
その機会にウッドデッキも検討していたの
ですが、建物の修繕費で予算がオーバーして
いたので仕方なくあきらめました。
リフォーム部分は、明るく快適になったの
ですが腰高の窓がある一部屋だけ薄暗く、
あまり利用しない部屋になっていました。
その部屋の裏手が庭になっているので
もったいない気が強くなっていました。
庭も木や草が生い茂っていたので庭に
でることさえもなくなっていました。
ウッドデッキは、リフォームのときに
あきらめていたので何年も考えることも
ありませんでした。

そんなある日、知人経由でどけん屋な彼と
知り合うことになり、庭の状態が気になって
いたので相談をかけたのが、きっかけに
なりました。
会話していくなかで、だんだん自分で
作ってみたい衝動にかられ、サポートを
依頼することにしました。
それを機に腰高の窓も大工さんにお願い
して床まであるものに変えました。
ただ、部屋から庭までの高さが1メートル
あり、どう作ったらいいのか答えが出なく
なりました。
そこでどけん屋な彼がアドバイスと
計画図を提供してくれて二段デッキに
することでスタートすることになりました。

私は、今まで日曜大工的なこともした
ことがなく、初心者のようなものでした
ので木の伐採範囲や整地の仕方、デッキ
位置の決定まで丁寧に教えてもらい、
徐々に慣れとともに作業が進んでいき
ました。
休日を使っての作業となりましたが、
奥さんや子どもたちも塗装をしたり
家族で楽しみながら作ることができました。
防腐や防虫の話も聞かせてもらっていた
ので、塗装は3度塗りぐらいしました。
夜もデッキでくつろぎたいという思いから
ライトアップが欲しかったので
電気屋さんに配線工事を依頼し、実現
しました。
子どもたちが、すごいお気に入りで
デッキで宿題をやったり、休日の昼食を
とったり、もちろんBBQもやってます。

暗かった部屋も明るくなり、庭も整備でき
ウッドデッキもある暮らしに激変しました。
家族全員で作ったおかげで
大満足しています。ウッドデッキ最高!


※上記記載内容は、あくまで
  個人的な感想です。

 【写真のデッキの広さ 約15平米
     タテ3.7m ヨコ4.0m】
 取り組むために必要な思考
基礎知識を知ることも大切
工具も材料も特性があります。たとえ
知っていなくても”ものづくり”は
可能ですが、その特性を知ることに
よって知識が蓄積され、壁に遭遇した
場合に乗り越える思考が身につくよう
になります。(前向きな可能思考)
本マニュアルでは、知識の解説を
詳細に述べているので初心者の方でも
取り組みやすいものにしています。
また、監修者自らが実践して体感した
経験を惜しみなく提供しているので
深い学びができる環境としています。
一般にプロフェッショナルのものとは
違い、趣味の 域(いき)です。
しかし、取り組むことに関しては
プロ・アマ関係なく、人が取り組む
作業として やるからには真摯に
向き合うことを前提と捉えています。
なので、ポイントになる部分に
おいては、確実に抑えてもらうことを
強調しています。


重点ポイントにしている項目
・計測と基礎の重要性
・工具の特性知と正しい取扱い
一般の書籍や情報よりもさらに深く
踏み込んだものを提供したいと考えて
いるため、完成形のマニュアルに
留まることなく、改善も視野の
ひとつにしています。
すなわち、より良いものにして
いくための情報収集などを続け、
改善して いくこともやぶさかでない
としています。
あなたがこのマニュアルを使用して
実践されることによって、気づきや
学びを得て
 ”ものづくり” の楽しさを
あらためて体感してもらえるよう
思考を継続します。


ウッドデッキに関する書籍の実態
現状、ウッドデッキに特化した書籍も
少なからず存在します。
ですが、書籍はあくまで実践における
サポートまで付随されているわけでは
ありません。
なので多くの方が興味はあるけれど
実践サポートがないために不安要素を
拭いきれず、一歩踏み出せない一因に
なっているのではないでしょうか。

今回、このマニュアルに加え、実践
サポートを付随させることにより不安
要素を一掃し、デッキ製作に取り組み
やすい環境を整えることで一人でも
多くの方にその楽しさや達成感を実感
していただけるのではというおもい
から今回のマニュアル発行を
決断しました。


初心者の方でも取り組みやすく
ウッドデッキというと、わりと大きな
ものなので製作するのに大変ではない
のかな?というイメージがあると
おもいます。
しかし、初心者の方でもその仕組みを
知ることによって、やってみると
意外に簡単に取り組むことができる
ようになります。
家具づくりや装飾品の付いたもの
などのように細かな作業もほとんど
ないため、ナーバスになることも
ありません。


重要なこと
前述でもお伝えしましたが、必ず
おさえておきたい部分は、
 ・計測と基礎の重要性です。
ここをおろそかにしてしまうと作業
するうえであとあとまで尾を引く
ことになり、修正の繰り返しに
なってしまいます。

※ものづくりの ”肝(きも)”
計測と基礎の重要性は、まさしく 
ものづくりの肝ととらえています。
ボクは、お伝えしているように
長年、建設関係を生業にしており、
そのなかで得た経験値をもとに
捉えている思考です。


大事なポイントを押さえる
ズバリ、デッキ製作のポイントは
 基礎・土台 です。
基礎の組み立てが正確にできれば、
ほぼ出来たも同然 と言っても
過言ではありません。それほど重要
だということです。
よく、「現場合わせ」という思考が
あります。これで功を奏すること
もありますが、基本は十分な計画を
立て取り組むことが非常に大事で
あるとおもいます。
「現場合わせ」をして満足のいく
ものができなかった経験があるから
こそ、ことさら強く感じます。


実践に勝るものは、なし
やはり実践なくしては、わからない
こともあります。
ですから実践するには知識の習得も
不可欠です。
あまり知識もなく始めようとしても
不安あり、とまどいありという
状態は否めません。
なので、まず ”知る” ことから
スタートし、知ればあとは
”実践ありき” です。
現代社会は、情報社会です。
情報には困らない社会です。
ただ、情報をもとに実践しようと
しても なかなかうまく進まない
というのが実情ではないでしょうか。
その背中を押し、肩を組んで支援
できることができればいい・・・
それがボクの役目かとおもいます。
おチカラになれれば光栄です!


実践書作成の経緯
17年ほど前、自宅にウッドデッキを
つくりました。
当時は家族の希望により実践したの
ですが、そんな経験を知った方から
相談を受けたことをきっかけに
サポートの依頼をしていただき、
初めて人様の製作に関するお手伝い
をさせていただきました。
完成した時の感動と達成感は、
震えを覚えるくらいのものでした。

この時を境にこんな感動が得られる
なら多くの人にも体験してもらい
たいと強くおもうようになり、
ウッドデッキ製作をやりたいけど
やり方を知らないし、わからないと
いう方のためにいっそうのこと経験
したことを糧にしてマニュアルを
まとめて伝えやすくしてみたらいいの
ではということに行きつきました。

結局、おもいからマニュアルの構想
として2年ばかりの歳月が流れて
いましたが今回、ようやくお伝え
できるところまできました。

是非、あなたにこの実践マニュアルを
もとに製作に取り組んでほしいと
おもいます。
自らが実践し、体験してまとめた
実践書です。できるかぎりの
サポートもさせていただきます。

本マニュアルは、オープニングを
皮切りに準備段階から順に 
基礎~骨組み~完成 さらに塗装や
工具、道具の解説、メンテナンスの
重要性までを12項目に分けて
解説しています。


この実践書を通し通して
本書を通して多くの方に
「ウッドデッキ」の楽しさ、
もたらしてくれる素晴らしさを
伝えたい、願わくばものづくりの
奥深さを体感してもらいたいと
本気でおもっています。なので
本気でがんばるあなたを応援します!

コンテンツ内容のご紹介

オープニング  初めに

~これから初めてウッドデッキの製作を実践する方へ~
~デッキ製作を実践したいけどためらう理由(わけ)~

~デッキ製作を実践した、しようとした結果~
~実践できない理由(わけ)の解決策を思考する~ 

step1 準備する

フロー(流れ)
※場所を選び、大きさやデザインを決める
サイズ入りの図面を描いてみる
使用する工具を揃える
工具の用途について
工具のコストについて
電動工具の豆知識
取扱う際に、特に注意したい工具

キックバックについて
キックバックを避けるための対処
工具使用に際し、あらためて注意すべきこと
※使用する材料をリストアップ
※材料の予算計画をする
※その他 

step2 イメージを図にする

※デッキのパターンを選ぶ
※寸法とパターンによって材料の枚数を決める

step3  場所を測り、計画  

イメージ
実際に場所を測る
支柱・束石の位置を出す
四隅以外の支柱・束石位置を決める
支柱・束石寸法図
根太の割付けをする
天板の枚数など、材料の拾い出し
材料の一覧表を作成する

step4  材料を調達するs見出し

材料の選択と購入
※頭に入れておきたい羽子板付束石の使用注意点
束石のサイズを選ぶ際に気をつけたいポイント
支柱・根太・天板
デッキ木材の樹種について
どの木材を使うのが一番いいのか
デッキ製作でこれだけは知っておきたい木材の特性
板目と柾目について
材料は、少し余裕をもって注文する
注文した(購入した)材料の置き場を確保しておく
【豆知識】
【材料選び】
【天然木の種類について】
根太に使用する材料の重要性と提案
根太・根がらみ材料 ※必要延長 36㍍で比較
デッキ材の注文数 ※参考:ウエスタンレッドシダーの場合
ビス(コーススレッド)について
塗料の数量について
塗料の種類について
塗料の価格について(参考)
その他のおすすめ塗料価格(参考)
セメントと砂について
モルタルをつくる、セメントと砂の配合
練り混ぜに容器があると便利
その他、事前に必要な場合の材料

step5  基礎を造る

※束石の設置
※束石の直角方向の確認 その1
※束石の直角方向の確認 その2
※束石の直角方向確認のイメージ
※束石同士の高さの確認
※傾斜地での基礎構造
※支柱の設置
※支柱が垂直であるかを確認しておく
水平器について
水平器の使用方法
支柱の固定
 

step6  骨格を組む

※根がらみ、根太の設置
 本マニュアル手法、その他の手法
 ①外周の根太材を張る
 ②内側の根太材を張る
 ③根がらみを張る
 ④
外周の根太設置で全体の水平度が決まる
 
⑤根太、根がらみの仮固定
※ビス止め 本数は1箇所に最低3本
※ビス止め 長さは使用する材料により考慮
※ビス止め 下穴を開ける必要性

step7 ステージを張る

ビス止めの位置を決める
骨組みの全体長さを再確認する
※一般的に、『その場合わせ』などと言われますが・・・
治具(ジグ)を使いながらビス止めしていく
※ビスの頭部分は、ステージ板より低く
※ビスの打込み本数
※根太の水平度が安定性につながる
※目地の強制的な修正が必要な場合
※天板の木口に幕板を設置する場合
※幕板を設置した場合の注意点

step8  塗装をする

※将来的に劣化しやすい箇所を把握しておく
※塗装は、やはり必要なのか?
※何より、木材の性質を理解してあげる
※より馴染む塗装にするために
※塗装作業の準備と片づけ 用意する道具、それぞれの用途、後片付け
※塗料は、水性の需要が高まっている
※再塗装の目安
※塗装作業
※刷毛塗りの場合の塗装方法
※ローラー刷毛塗りの場合の塗装方法

step9  メンテナンスの重要性

※天然木材製であることを忘れない
※見えない部分の点検ポイント
※日常点検、定期点検で長寿命

step10   アイテム紹介イテム紹介

デッキ作業に欠かせない道具

クロージング ここから始まり・・・

最後に

①PDF本文108ページ(DL版) 
②両側見開き書籍型B5版(特典進呈)

マニュアル紹介(見開きB5版)

マニュアル表紙
マニュアル本文

ご購入者さま特典のご案内

 
 
ご購入をして頂いた方へ
特別なプレゼントをご用意しました
特典1マニュアルB5版
    プレゼント
書籍型に製本された見開き版を全員にプレゼント。
ご購入後、メールにて送付住所を
お知らせください。
7日以内にご指定の住所へ郵送にて
発送いたします。
※送料販売者負担にてお届けします。 
特典2 無料メールサポート
180日間のメールサポートをさせて
いただきます。
メールは、回数限定なし。休日も
対応可能。 
なお、冬季の屋外作業が不可能な
時期に合わせて
サポート延長致します。
特典3 バージョンアップ版
    進呈
マニュアル改定時にバージョン
アップ版(DL版)を無料提供させて
いただきます。【改定時に限ります】
 
特典4 製作実践応援サポート
ご希望に応じて準備・計画から製作に
至るまで全面サポートをさせて
いただきます。
【面積、関数計算・材料購入計画など】 
※メールにて対応させていただきます。
特典5 グレードアップ相談
デッキにフェンス、ベンチ、屋根、
ステップなどグレードアップを
希望される方へプランニング提案
サポートをメールにて受付けます。

よくある質問

マニュアルはどのくらいの量ですか?

ダウンロード版ですと、PDFで108ページです。もちろんすべてテキスト文章というわけではなく、わかりやすいイラストも挿入されています。最初に一気に読んで頂くのではなく、順番に読み進めてもらうとぺージ数は気にならないかと思います。屋外中心の作業になるのでスマートフォンなどの端末にダウンロードして利用して頂く方法もあります。

実践前にマニュアルを返品するの
は可能でしょうか?

可能ではありますが、実践前の返品につきましては、より詳しい実践の出来ない要因、明確な理由をお聞かせ頂く必要がございます。その節は、今後の他のお客様への営業活動の思考資料、商品の品質向上の参考にさせて頂くため、ご協力をお願いする旨をご了解ください。

腕をケガして作業が中断してしまいました。治り次第再開したいですが、サポート期間の延長はできますか?

もちろん対応させて頂きます。作業の再開見込みの時期が明確であれば、事前にお知らせ頂ければと思います。また、未定の場合についても状態を伺いながら対応させて頂きますのでご安心ください。

ウッドデッキの完成後、メンテナンスについて質問しても大丈夫ですか?

いつでもお問合せください。完成後のメンテナンスを最重要事項と捉えております。
できる限り長くウッドデッキを使用して頂くためにもメンテナンスは非常に大切なものとなります。必然事項という観点を持って頂き気になることなどがあれば遠慮なくご連絡をお寄せください。
  5大特典付き提供価格
ウッドデッキの製作は、屋外での
作業になります。
天候や季節に左右されることにも
なります。
また、時間にあまり余裕のない方に
とっては大事な休日を充てること
にもなります。
取り組む方にとっては、
やはり「自分のウッドデッキが
つくりたい」というおもいが強いと
おもいます。
そのお手伝いをさせていただくと
いうご縁から必ず完成させてほしい
とおもいます。
途中で挫折しそうになることも
あるかもしれませんが、
あきらめることなくその先の感動と
達成感を体感してください。
そのためにこの渾身のノウハウを
詰め込んだマニュアルをあなたへ
お渡しします。
通常の書籍であれば、サポートは
ありません。

 
しかし、このマニュアルはお渡しして
それで終わりではなく、あなたの
取り組みを応援するベースを
ご用意しました
些細なことでも構いませんので
ご遠慮なく、ご相談くだされば
幸いです。

その上で180日間、あなたを
応援するサポート付きの
マニュアルを今回、


5大特典サポート付 
  29,800円 税込 


で提供させていただくことに
しました。
 

さらに今回は、最大24回の分割払いも
ご用意しています。
24回分割払いであれば、1ヶ月約1,240円 
1日で計算すると約40円程度でご購入いただけます。

ウッドデッキ
実践マニュアル


5大特典サポート付
29,800円
もう一度、申し上げます。
途中であきらめることだけは
しないように切に願います。
必ず、感動と達成感を体感して
ください。
そのためにお手伝いする
渾身のデッキマニュアルをあなたへ
お渡しします。
  それでも万が一の場合は
あなたがサポートを受けながら
180日間で実践してもできなかった
場合、商品代金を全額返金致します。


ボクが、今回このような保証を
付けたのには理由があります。
実践するにあたり、少なからず
不安はついてくるとおもいます。
あなたが「できるのかなぁ~」と
いったおもいをせず取り組めるよう
『安心』も特典にプラスして
提供させていただくことに
しました。
なので、必ず感動と達成感を
体感してください。          

     【返金保証制度】

【返金対象】
『ウッドデッキ実践マニュアル』を手順
 とおりに実践して180日間で完成に至ら
 なかった場合商品代金を全額返金します。

【返金時期】
 ご購入後180日を過ぎ、30日以内に
 ご連絡があった場合に
 返金可能となります。

【返金方法】
 メールにて返金要請してください。
 30日以内にご購入代金を指定の口座へ
 お振込みいたします。

【添付資料」

・氏名と住所が判別できる身分証明書
(運転免許証等の公的証明書)

・ご購入者氏名

・ご購入日

・購入ID

・返金口座情報

・実践した証明画像

 

ぜひ、安心して取り組んで
いただき、達成してください。
この商品は、体験をもとに
「ウッドデッキがほしい」
「ウッドデッキをDIYしたい」
という多くの方に提供したい
一心でまとめあげた渾身の
マニュアルです。
必ず、感動と達成感を
体感してください。
今回、5特典、全面サポート、
24回分割払い、さらに
返金保証制度をお付けして

5大特典サポート付
  
29,800円 税込 
で提供させていただきます。


 
※クレジットカード分割払いはVISAかMASTERカードのみの取り扱いです。
※ご利用限度額をお確かめ下さい。商品金額以上の限度額がないと購入できません。
※クレジットカードによりご利用回数が異なります。予めご利用回数をお確かめ下さい。
※VISAデビットカードは分割決済をご利用いただけません。
※分割払いの回数により別途分割手数料がかかります。
(分割手数料についてはご利用のクレジット会社にお問い合わせ下さい)