【初心者向け】スマホでできる!おすすめネットビジネスの種類は?(2020年最新)

「ネットビジネス」って聞いたことありますか?「なんか儲かるらしい」とか「怪しい」とか笑、いろんなイメージがありますが、本当のところどうなんでしょうか。
ここでは、おすすめのネットビジネスは何か、メリットデメリットノウハウの勉強方法についてまとめました。最後にお得な情報もありますよ!

ネットビジネスとは

ネットビジネス」はインターネットを使ったビジネスのことです。「インターネットビジネス」とも言われます。具体的にはかなり幅広い種類があります。


ちょっと似ている言葉に「ネットワークビジネス」というものがあります。しかしそれは全く違う内容です。ネットワークビジネスは、商品を買った人が勧誘によって販売する側に回って知人などに販売し、それによって商品販売を広げていくビジネスのことです。分かりやすい例で言うとアムウェイなどがこれに当たります。


この記事ではネットワークビジネスではなく、インターネットビジネス・ネットビジネスのお話をします次に、おすすめのネットビジネスをまとめます!

販売系ネットビジネスおすすめ

インターネットを使ったビジネス」と一言で言っても、かなりいろいろなビジネスがあります。その中でも特に初心者が始めやすいのが、モノを販売するタイプのネットビジネスです。この記事では、この販売するタイプに絞ってお話します。


ハードルが低い順に紹介します。

・セルフバック
・せどり
・情報発信
・コンテンツ販売



順番に見ていきましょう!
セルフバック

まず完全に初めての人におすすめなのが「セルフバック」です。
セルフ=自分」に「バック=返す」ということなんですが、それじゃ分からないですよね笑「バック」は成果報酬です。自分が欲しいものを買うと、自分に成果報酬が返ってくるというものです。まだ「?」かもしれませんね笑


例えば、あなたはお店の販売員で、商品を売るたびに報酬がもらえるとします。その商品を自分で買ったとしますよね。あなたが自分で買ったにしても、雇い主からすれば商品が売れたのは事実です。なのであなたは報酬がもらえる。それをインターネットでやるのがセルフバックです。


セルフバックの商品は、クレジットカードの申し込み、その他美容系の商品、食品などいろいろあります。報酬は数千~1万円を超えることもあります。


欲しいものが手に入るし報酬ももらえるので、リスクはありません。上の例で「雇い主」に当たる報酬を支払ってくれる相手がASPと呼ばれるサービス業者です。セルフバックの場合は、雇われるのではなくて登録するだけなので安心です。


スキマ時間にスマホがあればできるので、手軽に始められるのも魅力です。ただし、報酬は少額の場合が多いです。もっと稼ぎたいなら次のステップに進んだ方がいいでしょう。
せどり

「せどり」は一言で言うと転売のことです。商品を仕入れて、それをどこかで売るという方法です。せどりもスマホがあればできます。


売る場所は、ヤフオクみたいなオークションサイトとか、メルカリみたいなフリマサイトです。やろうと思えばAmazonとかでも売れます。


仕入れる場所はいろいろですが、ディスカウントストアやホームセンターなど実店舗に行って仕入れる人もいれば、ネットで仕入れる人もいます。それこそヤフオク、メルカリ、アマゾン、楽天、その他いろいろです。日本では手に入りにくい商品を海外の通販サイトで買って売る人もいます。


初めは、家にある不用品を売ってみてコツをつかむといいかもしれません。それならさらに気楽に始められます。


何が売れるかリサーチして、商品写真の撮り方や商品説明の書き方など売り方を勉強して…、と本気でやっている人の中には大きな利益を上げている人もいます。せどりを本業にして生活している人もいます。


ただ、売れれば売れるほど商品をネット上にアップしたり発送したりする手間が増えます。売上が増えてきたら、外注できる作業は外注してしまうのも1つの方法です。
アフィリエイト

アフィリエイト」っていう言葉は聞いたことあるかもしれません。商品を売ったら、その分の報酬がもらえるというビジネスです。さっきのセルフバックはこの仕組みを使って自分で商品を買って報酬を得る方法です。


パソコンがあった方がいろいろ効率はいいですが、スマホだけでも始められます。


アフィリエイトを始めるには、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)という業者に登録することが必要です。ASPは、アフィリエイトをするあなたと広告主との仲介役のようなサービスです。ちなみにIT系の用語でも、「アプリケーションサービスプロバイダ」を略した別の「ASP」があります。調べるときには注意しましょう。


ASPの登録のほか、販売する場所として自分でブログなどを運営する必要があります。そこで商品を紹介して読んだ人に買ってもらいます。


アフィリエイトも当たればデカくて、専門にやっている会社があるぐらいです。でも大きく儲けたいならしっかりやらないと無理です。売れ筋商品はライバルも多いし変化していくので、売れ筋のリサーチを永遠にやっていくぐらいの決意が必要です。
情報発信

何か情報を発信することで利益を得る方法です。次のコンテンツ販売も情報発信の一部です。でもここでは、情報を発信するときに広告を掲載して広告費をもらうビジネスに絞ります。


例えばこんな例が考えられます。


Youtubeで動画を公開して、動画に広告を掲載して広告代を得る
メルマガに誰かの広告を載せて広告代を得る



これもスマホがあれば始められます。スマホで動画を編集できる無料アプリもあります。メルマガも、gmailとかYahooなどPC向けのアドレスが使えればスマホでもできます。


ただし聞いたことがあるかもしれませんが、いわゆるユーチューバーは競争が激しく大きく儲けているのはごく一部です。おもしろ系の内容よりは、役に立つ情報の方が現実的です。メルマガも、万単位など読者数が多くないと現実的には不可能です。


視聴回数や登録者数などの数字を上げるには、発信する情報の価値が高くなければいけません。そういう意味でも、広告費だけだと収益化が難しいと言えます。
コンテンツ販売

「コンテンツ」は英語で「中身」という意味です。この「中身」はふつう情報のことを指すので、コンテンツ販売とは情報を売ることだと言えます。ある意味でこれも情報発信で稼ぐことなのですが、情報そのものに値段をつけて販売するビジネスです。


売り物になる情報なんて自分にはない、と思っているのではないでしょうか?
実は意外にそうでもないのです。例えば本業の仕事があったら、それのコツを知りたい人がいるかもしれません。売れる営業トークとか、フォークリフトの操作のコツとか。


趣味だって同じです。昔、コスプレの上手なやり方をコンテンツにして販売する準備をしている人を見たことあります。また趣味じゃないかもですけど、運動が苦手な子どものために逆上がりのコツとか速く走る方法とかを教えてる人もいます。「異性をオトすLINE術!」みたいなのもあります笑 それも全然オッケーです。


「自分より詳しい人がいっぱいいるし…」と思うかもしれません。でも、自分より詳しくない人向けに買ってもらえればいいんです。問題ないです。


販売する方法はいろいろあります。文章の形で売るならpdfにするとか、最近だとnoteのようなサービスもあります。有料のメルマガもいまだ健在です。スクール形式も可能です。


ほとんどの方法がコストがかからずリスクが少ないため、コンテンツ販売は実は一番お勧めです。

ネットビジネスのメリット

ネットビジネスは副業におすすめです。副業に合ったいろいろなメリットがあるからです。では次に具体的などんなメリットがあるかについて見ていきましょう。
始めやすい

ネットビジネスは始めるのがとても簡単です。まずお金がかかりません。店を構えるには家賃や内装工事費がかかります。何か売るなら商品の仕入れ代がかかります。でもネットビジネスは、そういうリスクやコストなしに始められます。


また1人でも始められます。学歴・性別・年齢も関係ありません。


そして副業から始められます。これも大きいです。副業でスタートして、もしも失敗したらやめられます。うまくいったら独立するということもできます。


パソコンがあった方がいい場合もありますが、スマホ1台でもできることはたくさんあります。しかも無料のアプリを使ってお金をかけずに、です。
時間・場所を選ばない

ネットビジネスは、作業をするのに時間や場所を選びません。いつでもどこでも、自分の都合で作業することができます。


電車の中でも作業できます。仕事や学校の昼休みにもできます。夜寝る前に、横になったままでもできます。成功している人のブログを見ると、海外旅行に行って旅先で作業しているなんてこともあります。


自分のスキマ時間や休みに作業できるので、副業にぴったりです。
自動化・不労所得化できる

自動化・不労所得化できることも大きなメリットです。「レバレッジをかける」という言い方をすることもあります。1つの仕組みを作って必要な設定をしておけば、あとは自分が作業しなくても商品を販売することができます。


売れる仕組みを持っているということは、人通りの多いところに自動販売機を置いているようなものです。あなたが寝ているときも、遊んでいるときも、ご飯を食べているときも、デートしているときも、あなたの代わりに商品を売ってくれます。


一度仕組みを作ってしまえば、仕事をしながらでも、学校に通いながらでも手をかける必要なしに収入が得られます。


ただし「モノ」を売るせどりは自動化が難しいです。外注という方法がありますが。

ネットビジネスのデメリット

このようにネットビジネスはメリットがとても多いのですが、デメリットもあります。
どんなデメリットでしょうか?見ていきましょう。
挫折しやすい

とくにビジネスを始めたころは、地道な作業の積み重ねになります。目に見える結果が出るまでに時間がかかる場合もあります。そんな状況で地道な作業をしていると、「本当に儲かるのだろうか?」と疑いの気持ちが離れなくなって、それに負けてしまうことがあります。


また、1人で始められるのがネットビジネスのいいところですが、1人でやるがゆえにモチベーションを保つのが大変な場合もあります。特に会社に秘密で副業としてネットビジネスをしていると、誰かに相談できるわけでもないし本業の収入もあって差し当たりの生活費がどうにかできてしまったりします。そうするとやり続ける気がしなくなることがあります。


そのほか独学だと、わからないことが出てきたときに相談する相手がいません。そうすると作業がストップしたままになってしまって結局フェイドアウト、なんてこともあります。


一緒にがんばれる仲間や質問に答えてくれる人を見つけることが大切だとも言えます。
すぐに収益化できる人・できない人に分かれる

ネットビジネスは、すぐに利益を出せる人となかなか出せない人に分かれます。利益を出すのには適切なやり方があり、そのやり方を学びさえすれば誰でも儲かります。でもそれを知らないと、いつまで経ってもズレたことをしていて利益が出せない、なんてことになりかねません。


勘のいい人は自力でうまいやり方を見つけたり、初めから何となくわかってたりします。会社勤めの方なら分かるかもしれませんが、営業職で、なぜか初めから成績がいい人ってたまにいるじゃないですか。ネットビジネスでもそういう人はいます。


でもそんな人はほんの一握りです。なので大多数の人にとっては、利益を出すノウハウを学ぶことが大切です。そこで利益を出す勉強が必要になってきます。
詐欺まがいの商材も多い

情報商材や教材を使ってネットビジネスを学ぶ方法があります。一般的には、教材は人に教わるより安く学ぶことができます。しかしそうは言っても数万円~10万円以上することもザラです。


さらに残念なことに、詐欺まがいの商材も多いです。大枚をはたいて買った教材がどうしようもない内容だったなんてこともあります。教材を買うことがギャンブルみたいな感じです笑 口コミなどで買う前に教材の内容が少しでも分かればいいのですが、それが難しい場合がほとんどです。
スクールやサロンで学ぶとデメリットを解決できる

教材のほかには、スクールやサロンで学ぶという選択肢もあります。最近はオンラインのスクールやサロンが多数あります。そういうところを利用すると便利です。


スクールやサロンは、教材を使って独学で学ぶよりも成果を出しやすいです。特に最近はZoomでミーティングやカウンセリングが受けられたり、メールやチャットで質問に答えてくれたりするところも多いです。一方通行でないやり取りができます。


しかし教材に比べるとスクールやサロンは高価なことが多いです。とくに有名な人が主催しているスクールやサロンだと、毎月数万円かかるなんて場合もよくあります。そのほか、結構な料金を払っていたのに、実は講師に実績がなかったなんていうこともあります。信頼できる講師かどうか判断する眼が必要です。

収益自動化マニュアル最新版 公開中

実績があって信頼できる人に教われて、低価格のスクールを見つけられれば一番です。でも見つけるのは運しだいで難しいですよね。やっぱり情報を集める必要があります。


もう少し、いろいろな情報を集めていいところを探したいというあなたにオススメがあります。ネットビジネスの情報を発信しているこちらのLINEです。自分でもコンテンツ販売をしている方が発信しています。初めての商材を2週間で18万円売り上げて、初年度で売り上げ1,000万円を達成するペースだそうです。



▶ネットビジネスの情報を無料でゲットする


LINEで友達になると、有益な情報が届きます。とくに今は期間限定で、具体的にどういう手順で自動化の仕組みを作っていくかを解説した「収益自動化マニュアル最新版」を公開中とのことです。もちろん無料なのでリスクはありません。まずはこういったところから情報を集めるのが一番です。登録してみてください。