なぜあなたは合格できないのか。宅建士試験を独学で合格するためのノウハウを公開。使う過去問題集とテキストはこれです。
まずは知ってほしい!


通信講座や専門学校で
授業を受けても
合格する力は
絶対に身に付きません。




通信講座や専門学校は
販売価格や授業料を
高額に設定するために
DVDや分厚い教科書などが付いてきます。

これらは合格するために
付けているのでは
ありません。
それなりの金額を生徒から
取るために
付けているのです。

生徒のほうも
これだけ多くの教材が
付いているのだから
それなりの
金額はするよなと
納得しています。

しかし本来は、

その勉強方法で
合格するかしないかを
見極める
ことが
重要ではないでしょうか。

はっきり言いますが
合格するためだけなら
DVDや分厚い大量の
教材は不要です。

なぜなら







合格する人は
通信講座や専門学校の
授業を受けていても
結局最後は自学自習
しているのです。

だったら最初から
自学自習のやり方
すなわち「勉強方法」を
学べば
合格へ
最速で到達できるのです。


今まで授業を受けたり
通信講座のDVDを
見たりして
勉強した気に
なっていませんか?

そのような考えでは
合格できないです。


 
勉強方法は超超超重要です。
勉強方法がダメだと全てムダに
宅建の勉強しないといけないなと思い、
何も考えずにテキストを開いてはいませんか?
それは絶対ダメです。
私はそのパターンで宅建の試験に
3回落ちました
勉強方法をマスターしたけど・・・
やっと勉強方法を学んだ私。
しかしテキスト選びを間違えました。
これで1回落ちました
テキスト選びも重要なのです。

朗報!!
宅建の勉強方法は
確立されています!!

 
毎年約20万人が受ける宅地建物取引士の試験。
合格率はほぼ一定(15%前後)に調整されており

 
しかも出題範囲は狭い。←コレ重要です
 
出題範囲に関しては
行政書士や社労士、会計士のテキストを見れば
宅建士ってたったこんだけと思うはず。


そのような試験ですので
毎回同じような問題が出ます。
何問かは
全然聞いたことがない内容の問題が出てきますが
それは不正解でO.Kです。
なぜなら正解率が約70%で合格する試験だからです。
30%は間違えてもいいんです。

 
POINT!

宅建士試験は出題範囲が狭い。
よって同じような問題が毎年出る。
そのため徹底的に過去問をやる
これ以外に最短の勉強方法はない!!

しかも
市販の過去問題集とテキストのみで
徹底的に
やりこむことは可能!!

 

ここで
勉強方法の一部をご紹介します。
過去問に始まり過去問に終わる
この勉強方法はとにかく過去問をやります。
参考書は少し読む程度です。
とにかく過去問です。

 
理解はいらない
分からない問題が出てくると色々と調べたくなります。
しかし調べていくのは時間の無駄です。調べなくて大丈夫。この勉強方法なら理解できなくても点は取れます。

 

さらに
今回は
特別

使用する市販の過去問題集と
テキストを公開します!!

1冊目
TAC出版 
わかって合格(うか)る宅建士 分野別過去問題集 2021年度
2,750円
2冊目
宅建学院
らくらく宅建塾  2021年版
3,300円
宅建士試験の勉強はこの
2冊だけあればO.K
他は不要です。

ただし過去問集とテキスト(参考書)なら
何でもいいというわけではありません。

過去問集はぜっーーたいに
TAC出版じゃないとダメです。

テキスト(参考書)はある程度好みで選んでもよいかと思いますが
宅建学院をオススメする理由もちゃんとあります。

詳細は「宅建士試験の正しい勉強法」内でお伝えします。


また宅建士試験を一度も受けたことがない方には
この2冊と合わせて「予想模試」を購入してください。
試験の雰囲気とマークシートに慣れるためです。

ここで
「宅建士試験の正しい勉強法」
の内容の一部をご紹介

・はじめに
一章 市販のテキストを使った勉強のやり方
 最初に勉強する科目は〇〇〇!!
 過去問本をぶった切り!?

・二章 過去問の読み方
 読み進め方はこの順番が必須
 〇〇を押さえる

・三章 試験解答方法のルール
 最初の問題から解くのはご法度
 マークシートは油断大敵

・四章 合格のための学習の工夫
 〇〇へ行こう
 この勉強法なら〇〇時間が有効に使えます!!

・さいごに


私は不動産業界未経験でしたが
この勉強方法で
宅建士試験に合格しました。

私だけに通用する方法かと思い
妻にも宅建士試験を受けてもらいました。
その結果1回の試験で合格しました。
(冒頭の写真がその合格証です)

不動産に関する事前の知識は
関係ありません。

勉強方法が適切であれば
受かるのです。

しかも高額な費用をかける必要は
ありません。

まずは勉強方法を
学ぶことが重要なのです。




 
もし下記にような方がいましたら
今回の勉強方法を強くお薦めします。

宅建士試験に何度も落ちている。

高額な教材を買ったもしくは学校へ通ったが不合格だった。

専門学校に通う時間がもったいないと思う。

宅建士には受かりたいが費用は節約したい。

すき間時間で効率よく勉強したい。

重要事項説明を他人にお願いするのはもう嫌だ。

逆に下記のような方にはおすすめできません。
・本(テキスト)を読むことができない。(本を読むことが苦痛)
・勉強時間を確保できない。
・受かっても受からなくてもどっちでもいいやという気持ちがある。
商品のご購入について
下記の緑色の購入ボタンをクリックし
発送先をご入力ください。
入力項目はたったの3つです。

 
お支払いは安心の後払いです。
商品到着日から7日以内にお振込みください。

振込先銀行名は商品に同梱しています。
お届けするものは勉強方法が記載された冊子です。

紹介しています市販のテキストは
別途ご購入が必要です。

 
宅建士試験の正しい勉強法
7,700(税込み)
送料無料

 

しかも今なら返金保証をお付けします。

返金保証制度について

「宅建士試験の正しい勉強法」を実践してみて、満足できない場合は返金致します。
返金条件は下記の通りです。
保証期間は商品到着日から30日以内。
紹介している過去問題集とテキストを購入した証明(レシートまたは通販の購入履歴画面)と
どのような点で満足できなかったのか(文字数制限なし)をEメールでお知らせください。
購入代金(7,700円)から振込手数料を差し引いた金額をお客様指定の銀行口座に入金します。

勉強時間はどれくらい必要ですか。

基準となる時間は200時間です。宅建士試験を何度も受けている方は180時間ほどでも
受かると思います。逆に試験未経験で不動産知識がゼロの方は220時間ほど確保したほうがよいかと思います。この時間を確保できるのであれば極端な話2か月前からでもスタート可能です。

誰でも合格できますか。

誰でもという保証はできないです。ただ間違いのない勉強方法なので勉強方法を知らない方には絶対におすすめできます。

支払方法は?

銀行振込です。商品到着日から7日以内にお振込みください。振込手数料はご負担ください。

各社の教材費と比べてみてください。
この勉強方法は断然の安さです。

紹介したTAC出版の過去問題集(2,750円)と
宅建学院のテキスト(3,300円)と
今回販売する冊子(7,700円)を
合わせた合計金額は13,750円
(税込み)です。
たったこれだけで正しい勉強法は完結します。
(予想模試を買っても合計で15,000円ほどです)

 
各社の参考価格
・ユー〇ャン     
59,000
・フォー〇イト   
105,200
・資格のキャリ〇レ  
40,700
L〇C東京〇ーガルマインド 
91,300
・大〇       
172,100



 
お金をたくさん出せば
合格できるは幻想です!!
ご不明な点やご質問がございましたら下記よりお問い合わせください。
ここまでお読みいただきありがとうございました。ご注文お待ちしております。
なおご購入した冊子の再販及び複製は禁止させていただきます。

宅建士がつくった「宅建士試験の正しい勉強法」
2021年