痩せて筋肉をつけたいあなたが
“健康的でカッコいい体”を手に入る秘密




超効率筋トレ
3ステップマニュアル


溢れすぎている情報の海
で溺れないように
無料
の電子書籍で筋トレマニュアルを学び
最速健康的かつカッコいい体を手に入れる
undefined
左の人まではイメージできないけど
右の人の体を目指したいというあなたへ
undefined
それを可能にする
“マニュアル”が完成しました
こんにちは。

パーソナルトレーナーのマーシーこと糠澤です。


早速ですが、上の画像を見比べてどう思いましたか?


あらかじめ言っておくと、
これはどちらがいいとか悪いとかの話ではありません。


どちらも、方法などは違えど
間違いなくしっかりと努力したうえで手に入れた肉体です。


あえて違いを言うなら

左は、見せる&魅せることに注力した“審美的”な肉体

右は、ほどよく引き締まった“健康的でしなやか”な肉体

といったところでしょうか。


繰り返し言いますが…

これは、何を目的に鍛えるのか?
個人的にどちらが好みか?というだけであって
どちらがいいとか悪いとかの話ではありません。


左の人のようなバキバキの肉体に憧れて、
自分をストイックなまでに追い込んで
何かの大会に出るのが目標という人もいるでしょう。


僕個人としては、
右の人のような体型を維持して、
50代、60代を過ぎても

「引き締まっていてカッコいいですね」

と言われるのが目標だったりします。



「不純だな〜」と思いましたか?


仮にそう思われたとしても全っ然平気です。笑


だって、


デブでだらしない体でいるより、健康的でカッコいい体の方が絶対いいですもん。



さて。

この電子書籍には、かつてプロダンサーの道に挫折し、

サラリーマン転身後に、不摂生により大いに“デブ化”した
僕が、

わずか3カ月足らずで体脂肪率マイナス8%と
体重マイナス7kgを達成した『ストーリー=ノウハウ』


が書かれています。


ほんの一部ですが、内容をご紹介します。


 

・ 体脂肪燃焼&精悍ボディのための3ステップ
肥満でいることの恐るべきリスク
食事以外で太る2つの理由
痩せるためにやってはいけない『あること』とは?
メリットだらけ!ただ筋肉がつくだけじゃない筋トレの秘密
最速で体の見た目を変えたいなら●●を鍛えよ
ツラい!時間がない!を乗り越える『たった1つの方法』



僕自身、不規則が当たり前のような業界で

長年サラリーマンとして忙しく働いてきたので、

「痩せないとマズイかも…?」
「だらしない体をなんとかしたい…」
「痩せたい・鍛えたいけど時間がない…」


というあなたの悩みは
心から理解できます。


この電子書籍の内容は、
そんな僕だったからこそ書けたものであり、

悩みを解決するノウハウを詰め込みましたので

そのまま真似してもらえれば成果が出る情報になっています。


上の2人の画像を見て、

「左の人まではさすがにイメージできないけど、
右の人くらいの体を目指してみたい。」


もしあなたがこんな風に思ったのなら、

無料ですのでぜひダウンロードして、読んで実践してみてください。

きっとあなたの体に変化が訪れるはずです。

undefined
※登録されたメールアドレス宛に電子書籍のダウンロードページをご案内します
なぜ無料なの?
何かウラがあるのでは?
そう疑いたくなる気持ちはよく分かります。


ですが、無料の理由はいたってシンプルで

たくさんの人に受け取って欲しいから


です。


近年、結果にコミットすることでおなじみの某パーソナルジムを皮切りに、
プライベートジムが爆発的に増えました。

また、女性も積極的に体を鍛えるようになり
『筋トレ女子』なる流行語も生まれています。

そして、ボディビルにとどまらず
肉体美を競う様々な大会や団体が発足するなど

『筋トレ』に対する世間の意識は飛躍的に高まり、
筋トレ人口は増え続け、一大ブームと化しています。


しかし、その一方では相変わらず肥満に悩み
様々なダイエット法を試しては挫折して、という
『ダイエット難民』が後を絶ちません。

それはなぜなのか?


僕は自分がデブだった頃を思い出して
その時の気持ちに立ち戻ってみました。


その結果、気づいたことがあります。

それは、ダイエットに挫折して
リバウンドを繰り返している人たちは
『本当は分かっている』ということに。


何を分かっているかというと、
それは


痩せるには筋トレが必要だ


ということです。


食事制限やジョギングだけでも痩せることは可能です。
それで痩せたことがある人もたくさんいるでしょう。

ですが、それらで痩せることはあくまで“一時的”であり、
本当はそこから「二度と太りたくない」と思っているはずなんです。

そして、その「二度と太りたくない」を実現するには
筋トレが必要不可欠であることは薄々気づいているのに
その事実から目を背けてしまっている
んです。


なぜなら

「筋トレはつらい」

“思い込んで”いるからです。


今だから言えることですが、
それって本当に「もったいないな」と思います。

なぜかって?


ここで考えてみてください。

先ほども触れましたが、今世間は『筋トレブーム』です。
つらいはずの筋トレなのになぜでしょうか?


それは、筋トレを続けている人は知っているからです。

『返ってくる報酬がとても大きい』

ということを。


筋トレは確かにキツイです。
じゃないと筋肉が成長しないからです。

でも、キツイ代わりに、多少時間がかかることは否定できませんが
その成果が“誰の目にも見える形”でハッキリと現れます。

やればやった分だけ『引き締まった体』という報酬が返ってくるんです。
(しかもここでは触れませんが報酬はそれだけではありません)

今筋トレをやっている人たちはみんなその体験を味わったからこそ
キツイけど楽しそうにやっているというわけです。



もし筋トレが何の報酬もなければそれは苦行であり、
ただ「つらい」の一言に尽きるでしょう。

ですが、はじめから「キツイ」と分かっていて
その先に必ず報酬があると知っていればどうでしょう?

そして、それがただの筋トレではなく、
最大限効率化され、なおかつ高い効果を発揮する方法だとしたら?



今回、僕が電子書籍でお伝えする内容はまさにそれです。

キツイけど、それを感じないほどに超効率がよく、それでいて高い効果を発揮する筋トレメソッド

を提案しています。



「筋トレはつらい」という思い込みのメンタルブロックを外して、
たくさんの人に筋トレの素晴らしさと
それによって受けられる恩恵を知ってほしいんです。

だから、そのための『キッカケ』はたくさんの人に受け取ってほしい。


そんな思いからこの電子書籍を無料で配布することにしたわけです。
undefined
※登録されたメールアドレス宛に電子書籍のダウンロードページをご案内します
「時間がない」のは先入観のせい
「筋肉をつけたい」
「だらしない体を引き締めたい」
「とにかく痩せたい」

などの願望があり、
筋トレの必要性はひしひしと感じているけど


「でも時間がない…」



と行動できずにいる人ってとても多いんじゃないかと思います。


かつての僕もそうでした。


サラリーマン時代は終電超えは日常茶飯事で、
電車に間に合う時間に終わっても
取引先や同僚などと飲みに行っては午前様。

珍しくまっすぐ家に帰っても
特に何をするわけでもなくダラダラと酒を飲みながら過ごし、

休日は休日で仕事が入って慌ただしくしているか
二日酔いで半日以上を潰してしまうことがほとんどでした。


あらためてこうして文字にしてみると
自分のことながら「ホントどうしようもねーな」と思います…


そして、もうお分かりいただけたと思いますが、
こんな生活だったら時間なんていくらでも作ることができたのに

「色々忙しくて運動する時間がない」

なんて、自分に都合のいい言い訳をしていたわけです。
しかも太るしかないようなことをしながら…


僕の場合、単純に行動することから逃げていただけですが、
多くの人は『ある先入観』によって行動できていないんじゃないかと思います。


その『ある先入観』とは


筋トレは時間がかかるもの


と考えてしまっていることです。


結論を言ってしまえば、
先ほどの「筋トレはつらい」と同じでこれも思い込みです。


確かに、ジムに通うことを考えた場合は時間がかかります。

移動時間に始まり、着替えやシャワー、
やりたいマシンが空くまで待つ時間 etc...

さらに「せっかくジムに来たからには」と、
あれこれ手を出しては無駄にダラダラと過ごしたりしがちです。


ですが、自宅で自重で行うトレーニングだったらどうでしょう。


思い立ったら1秒で始めることができます。

そして、トレーニングも長々とやる必要はなく、
ぶっちゃけ5分もあれば効果的な筋トレができます。


たったの5分も確保できないほど時間がないって人は
国家首脳クラスか超売れっ子芸能人以外は
さすがにいないんじゃないかと思います。


今回の電子書籍のタイトルにも入れていますが、
お伝えする内容は

超効率の良い筋トレメソッド

です。


“超”がつくほど効率が良いということは
当然時間がかかるようなものではなく

短時間で成果を出すためのもの

ということです。


なぜ短時間で成果を出せるのか?
その秘密を電子書籍で公開しているのでぜひご覧ください。
undefined
※登録されたメールアドレス宛に電子書籍のダウンロードページをご案内します
“心の余裕”と“想像力”
が欠如した大人たち
これは僕自身への自戒の念も込めて言うのですが…


心の余裕と想像力が欠如した大人


を目にする・耳にすることが
最近非常に増えたと感じています。


例えば、

煽り運転などは、心の余裕と想像力が欠如した行為の最たる例

で、最近ニュースで大々的に取り上げられるようになって顕在化しただけであって、実は昔からたくさんあったと思いますが、

あの行為がいかに危険で無意味であるかは
幼稚園児でも容易に分かるレベルにも関わらず
事件や事故が後を絶ちません。


他にも、

コンビニや飲食店の店員さんに対して
ちょっとしたことで怒鳴り声を上げる大人、

ほんの少しぶつかった程度で
満員電車内でケンカを始めてしまう大人、

明らかに自分に非があるにも関わらず
それを認めず理不尽なクレームをつける大人…


もっと細かいことを言うと、

傘を地面とほぼ平行に持って人混みを歩く大人や
エレベーターを扉の真正面で待つ大人を目の当たりにすると

「傘の先っぽが後ろの人に当たると思わない?」
「エレベーターから降りてくる人がいると思わない?」

と、その配慮や想像力のなさに
驚きを通り越してもはや呆れるしかない今日この頃です。


僕は、そんな大人を見るたびに、


まず体を鍛えてしかるべき

と思わずにはいられないのです。


なぜなら、
筋トレをはじめ、運動が肉体的な健康をもたらすのはもちろん、

メンタル面においても良い影響が出ることは、脳科学の分野でも証明されている紛れもない事実だからです。



体を鍛えれば、
見た目が変わって自信が身につきます。


体を鍛えれば、
些細なことでイライラしたりしません。


体を鍛えれば、
活力がみなぎってポジティブになれます。


体を鍛えれば、
心に余裕が生まれます。


体を鍛えれば、
想像力が豊かになります。


体を鍛えれば、
人に優しくなることができます。



想像してみてください。


1人でも多くの人が
今の自分自身と向き合う“キッカケ”を見つけて、

その過程で体を鍛えて、
結果、誰かに優しくすることができたら…



そんな大人がたくさん増えたら『いい世の中』になると思いませんか?



ちょっと大げさかもしれませんが、
そんな思いも込めてこの電子書籍を書き上げました。


ぜひ受け取って読んでみて、
少しでも何かを感じてもらえれば嬉しいです。
undefined
※登録されたメールアドレス宛に電子書籍のダウンロードページをご案内します

著者プロフィール

糠澤 雅史  Nukazawa Masashi

1977年生まれ。横浜市出身。

大学在学時よりTV番組やTV-CMに出演し、
卒業後は現在も活躍を続ける90年代を代表する
ダンス&ボーカルグループのバックダンサーをつとめるなど
一時期プロダンサーとして活動するもその道に挫折。

サラリーマン転身後、忙しさを言い訳に不摂生しデブ化。

30代も後半を迎えようかという頃、
体のだらしなさ=心のだらしなさが原因で大失態を犯し
サラリーマン人生に終止符を打たざるを得なくなる。

そこでようやく『心身の健康と充実がいかに大切か』に気づき、筋トレに励み食生活を改善。

健康的かつ引き締まった体を手に入れる。

その知識と経験を活かすべく本格的な勉強を始め
JDHA(日本ダイエット健康協会)認定の

プロフェッショナルアドバイザー資格を取得。


時を同じくして、インターネットマーケティングに未来を感じ
個人として起業。


その後も独学でトレーニング理論などを学び実践を重ねて、

現在は、インターネットマーケティングを駆使して

オンライン専門のパーソナルトレーナーとして主に活動中。

悩めるクライアントに向けて
自分自身が体を変えることに成功した手法と
『体を鍛えることがいかに人生にとって有益か』
を伝えるとともに、『心にゆとりのある優しい大人の仲間』
を増やすための日々を送っている。

undefined
※登録されたメールアドレス宛に電子書籍のダウンロードページをご案内します