【利回り21.9%戸建購入の経緯】

クリックありがとうございます。
玉崎孝幸です。
2019年秋に購入した、
利回り21.9%物件について
お伝えします。

物件所在地:兵庫県神戸市北区
交通:神戸電鉄有馬線鈴蘭台駅徒歩9分
種別:戸建
構造:木造3階建て
築年:1972年(築47年)
価格:450万円(実質410万円)
利回り:21.9%
現況:賃貸中(2000年入居開始。月額家賃75,000円)
間取り:3LDK
融資:現金購入

購入経緯:
2019年8月下旬、当物件の売り出し情報が500万円でポータルサイトに出ているのを発見。資料請求し、担当者に電話。問題なさそうだったので、自分の基準である「表面利回り20%、賃貸中」の条件に照らして450万円にしてもらうよう値下げ交渉。現金決済を条件に売主から承諾を得たため、同年9月上旬に現地調査。鈴蘭台駅から坂を上っていくものの、利便性が高いと判断。築年数も47年と古いが、約19年以上人が暮らしていることから、劣化もそこまでしていないと判断して、引き続き購入に向けて動いていった。
契約書、重要事項説明書の案の事前確認の過程で、返還不要の敷金40万円の移行があることもわかり、40万円の実質的な値下げを経て、2019年10月、契約、決済を実施。現況利回り21.9%での購入が確定。


今回、高利回りで買えたのは
・資料をもらってからすぐに関西に現地調査にいき、リスクを抑えた。
・築年数が古いことや坂の上であることから、尻込みする人が多かった。
・現金購入を前面に押し出し、即断即決できた。
・交渉の過程で、順調に値下げができた。
というところが原因だと思います。遠方の築古戸建を買うときの基本的な動作をおこなったことで購入することができました。基本に忠実、が大切ですね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。