思い込みを捨てて、相手の気持ちに寄り添ってみよう

2020/06/28

思い込みを捨てて、相手の気持ちに寄り添ってみよう

あなたと、あなたの周りにいる人とでは、少なからず価値観の違いがあります。

それを理解していないと、
こんなにちゃんとやってるのに、、、

どうしてわかってくれないんだろう???
どうしてクレームを言ってくるんだろう? 

と、お互いの距離があいていってしまいます。
先日、こんなことがありました。

銀行で作ったデビットカードは、ATMでお金を入出金することしかできない、と思いこんでいるお客様がいらっしゃいました。

「コンビニでも使えますので、一度使ってみてくださいね」

と、お伝えしたところ、

「どうやって使うんですか?」と質問されたのです。

初めてカードを手にした子どもならともかく、クレジットカードを使ったことがある大人相手に、カードの使い方を、どうやって説明すればいいのだろうかと、真剣に悩みました(°▽°)

デビットカードは、クレジットカードと違って、口座にお金が入っていれば、その金額以内のモノを購入してカード決済すると、すぐに口座残高から支払われます。

一方、クレジットカードは、その時にはお金がなくても、信用で使うことができ、カードで使った金額がまとめて引き落としされる仕組みです。

その人は、デビットカードは、ATMの入出金のみ、と思いこんでいたので、クレジットカードと同じように使う、ということが、まったくイメージできなかったみたいです。

 
人は、誰でも思いこんでしまったら、ほかが見えなくなってしまうところがあります。
こうやって書いていることでさえ、私の思いこみの部分が大きいことだって、よくあります。

だからこそ、客観的に自分の行動が、周りの人からみたら、どのようにうつるのか俯瞰できるようになるといいですね。

周りの目を気にして何もできなくなる、というわけではなく

こういうことをすると、●●と捉える人もいれば、▲▲と捉える人もいるんだな、

と自分の捉え方とは違う捉え方をする人がいるんだということを心に留めておいてみてください。

きっと、あなたの視野が広がっていくことでしょう。
最新の記事