相手の未来を信じる

2020/08/04

相手の未来を信じる

いま、目の前にいる人の未来がよくなることを無条件に信じることができますか?
 
初めて逢った人だとムズカシイかもしれませんね
 
では、お子さんの未来だったら、どうでしょう? 
 

学校の成績等に捉われずに、この子の未来は、きっと良くなる! と思えるでしょうか?  

私には3人の子どもがいます
そのうちの2人は双子なので、意識して比べないようにして育ててきました 

双子といっても、別の人間ですから、同じ環境で過ごしても性格も違いますし、好きな食べ物だって違います。 

それはさておき、この2人を通わせていた塾の先生が、子どもの希望校を聞いた時に発した言葉がありえなかったので、面談の時に猛抗議した記憶があります。

ふだん塾の話などしない子どもたちでしたが、その時だけは、しっかり報告してきました。
 
レベルの高い学校の名前を出したら、「そこはムリだ」と言われたそうです。そして、そこよりレベルの低い学校の名前を出して、ここの学校を第一志望にしたらいいんじゃないかと。

だいぶ前のことなので、言葉はハッキリ覚えてないけれど、頭ごなしに否定されちゃったんですよね・・・ 

たしかに、当時の息子たちは、それほど成績がいい方でもなかったし、希望校は、憧れのレベルではありましたが、子どもたちの未来を信じて、指導してくれるハズの塾の先生が否定するって、おかしいですよね。 

信じてくれる人がいるからこそ、がんばれたりするものなんじゃないかな、と思います。

 
子どもの未来は、
あなたの目の前にいる人の未来は、 

希望に満ち溢れています。
 
これから、どんなことができるようになるのか、未知数です

でも、信じてくれる人がいなかったら、輝かしい未来にたどりつくのには、とても時間がかかるかもしれないし、途中で挫折してしまうかもしれない。

だからこそ、あなたが、信じてあげてください

私も、出逢った人みんなの未来を信じることができているかといえば、答えはNOです

でも、少なくとも、子どもたちの未来は信じています。


あなたの周りにいる大切な人の未来を信じてみてくださいね
最新の記事