限界を決めるのは、あなたです

2020/08/05

限界を決めるのは、あなたです

私には、これぐらいまでしかできないって限界を感じていることは、ありませんか?  

その限界は、なにを基準に決めているのでしょうか。    

今までの自分の結果?
それとも、周りの環境?

「あなたにはムリ」と言われ続けてきたから、できないと思いこんでるだけですか?  


「ノミの話」をご存知でしょうか。  


2ミリぐらいの大きさのノミは、約30センチぐらいジャンプすることができます。

自分の身体の100~150倍のジャンプする力があるそうです。  


170㎝の人がノミと同じジャンプ力をもっていたら、なんと255メートルまでジャンプすることができて、ひとっ飛びで東京都庁を超えてしまうことができそうです。  

そんな能力があったら空の景色も楽しめそうですね。    


では、超人並みのジャンプ力を持っているノミをガラスのコップに入れて、ガラスの蓋をしたら、どうなるでしょう。

最初のうちは、ぴょんぴょん飛び跳ねていますが、飛び跳ねる度に、ガラスの蓋に身体をぶつけて痛い思いをします。  
そうすると、痛みを避けるために、いつのまにかガラスの蓋にぶつからない程度にしか飛ばなくなるのです。 その状態になると、ガラスの蓋を外しても、もはやその高さまでしかジャンプしないのです。


これって、人も同じですよね。

何度もチャレンジをくりかえし、失敗して悔しい思いをする

諦めなければ、成功できるのに、そのうち失敗することが怖くなってやめてしまう。
自分には達成することはできないんじゃないかと限界を感じてしまう。

   

実は、ガラスの蓋の高さまでしか飛ばなくなったノミのジャンプ力を取り戻す方法があります。

どうすればいいと思いますか?
答えは、ぴょんぴょん飛んでいるノミと一緒にしてあげるだけ

そうすると、周りで飛び跳ねているノミをみて

あれ?
自分も飛べるんじゃないかと気づくのです

そして、ジャンプしてみると、今までは、ガラスの蓋の高さまでしか飛べなかったのに、思いっきり飛べる自分に気づくのです。



あなたが、もし
自分の限界を感じているとしたら…


自由にぴょんぴょんしてる人たちの中に入ってみてください

 
そうすると、あなたの無限の可能性に気づき、いろんなことにチャレンジできるようになりますよ
最新の記事