複利のチカラを味方にする

2020/08/06

複利のチカラを味方にする

複利がすごいよって話は、よく聞きますが、実際に、どれぐらいすごいかご存知でしょうか。
 
たとえば、100万円を年利5%で運用するとします。
 
1年後は、単利でも複利でも変わらないですよね。
 
2年後の差額は、2,500円

3年後の差額は、7,625円 
 
最初のうちは、単利と複利の差をあまり感じられないかもしれませんが、下のグラフをご覧いただくとわかるように、100万円が、倍の200万円になるのに、

単利だと20年
複利だと15年です。

5年の違いは、大きいですよね。
下のグラフは、単利と複利で運用した場合の40年間のグラフです。
赤色が単利、青色が複利で増やした場合です。
 
35年後には、
単利だと2,750,000円
複利だと5,516,015円と単利で運用していた場合の倍の金額にまで膨れ上がります。

40年後には、
単利だと3,000,000円
複利だと7,039,989円 と、なんと400万円以上も差がつきます。
こういう計算式を見てしまうと、運用したお金の配当を使ってしまうよりも、複利で増やしたくなるので、結果として、お金の勉強をして運用をする前に比べると、収入は増えてきているのに、より節約を心がけるようになった気がします。
 
お金持ちの人は、決まって、お金を稼ぐのはカンタンで
使いかたの方がムズカシイと、よくおっしゃいます。
 
お金の増やし方と同時に、使いかたも学んで、お金とよりよいつきあい方をしていきたいですね。

 
最新の記事