やさしい速読が選ばれる7つのポイント

1日で学べる速読術。

受講料は10,000円(税別)

習得が困難な「右脳速読」ではなく、誰でもできる「左脳速読」

理解が落ちる「黙読しない速読術」ではなく、理解度を保った「高速読書術」

夢のような1ページ1秒ではなく、1ページ10~15秒という現実的な速読

少人数制のきめ細かい徹底指導(定員8名)

充実のアフターフォロー(無料動画講座、無料再受講、無制限のメールフォロー)

Point 1 3時間でマスターできる速読

あなたにまずお伝えしたいことがあります。それは、「 速読をマスターするのに、何日も速読教室に通う必要はまったくない 」ということです。今までの10倍とか分速何万文字とかを目指すのなら何日も速読教室に通う必要があるかもしれませんが、実は「読むスピードを1.5倍~2倍にしたい」という程度の速読なら、3時間もあれば十分身に付けることができるのです。

 

Point 2 受講料は10,000円(税別)

速読を受けたいと思っていても受講料が高くて躊躇していませんか?10万円以上する速読講座がほとんどで、「なんでこんなに高いんだろう」と思ったことはありませんか?

やさしい速読講座の受講料は10,000円(税別)。よくある「体験講座」のように、 高額な講座に勧誘されたり、高価なトレーニング教材を購入する必要もありません。

Point 3 習得が困難な「右脳速読」ではなく、誰でもできる「左脳速読」

あなたも、もしかしたら「右脳を活用して、1冊を10分で読む」という類の速読に興味を持っているかもしれません。実は私もそうでした。「今までの10倍速く読めるようになればいいな」と思って、10万円以上する「右脳を活用する」速読講座に参加したのです。「これで1冊を10分で読めるようになる!」と喜び勇んでいたのですが・・・

しかし現実はそうはいきません。1冊を10分で本を「見て」いくことはできてもさっぱり理解できないのです。 よく、右脳速読では「本の内容を画像情報として処理し潜在意識に取り込んでいるので、適切な質問をすることによって必要な時にその情報を取り出すことができます」と言うようなことが言われるのですが、読み終わった直後に本の内容についてさっぱりわからないのが、はたして読書と言えるのでしょうか?

結局、右脳による速読の習得には限界を感じ、様々な読書術や速読を改めて研究した結果、1ページを10秒~15秒(読みやすい200ページの本なら1時間程度)しっかりと理解しながら読む速読を独自に編み出しました。 この速読は、「普通の人が普通に持っている本を読む能力」を伸ばしていくだけなので、誰でも簡単に今までの1.5倍~2倍の速読を身に付けることができるようになります。

Point 4 理解が落ちる「黙読しない速読術」ではなく、理解度を保った「高速読書術」

「普通の人が普通に持っている本を読む能力」というのは、簡単に言うと「文章を読む時に頭の中で文字を読み上げる(黙読する)」 ということです。恐らくあなたもそのようにして読んでいるのではないでしょうか?(今この文章を読んでいる時に、頭の中で読み上げていると思います)。

多くの速読では、まずこの「黙読」を否定するところから始まります。「黙読をするとどうしても読むスピードが遅くなるから黙読はしないようにしましょう」と、当たり前のことのように大抵の速読は教えています。

しかし、本当に黙読をすると読むのが遅くなるのでしょうか?いいえ、そんなことは全くありません。黙読を行いしっかりと理解しながら読んでも速読は十分可能です。 実際、私も本を読む時にはしっかりと黙読をしています。それでも1冊を30分~1時間で読むことができます。

ですので、やさしい速読講座でお伝えする速読は他の速読とは逆に「黙読はしっかりとしましょう」ということが前提となっています 。そして、「黙読のスピードを極限まで速くする」ことによって速読を可能とするのです。この、「黙読のスピードを極限まで速くする」ということにポイントを絞り込み、そのためのトレーニングだけを徹底して短時間集中で行うことで、短時間でも速読をマスターできるプログラムになっています。

Point 5 夢のような1ページ1秒ではなく、1ページ10~15秒という現実的な速読

読書スピードでいうと、一般的な人は1分間あたり500~700文字程度で文章を読むことができますが、当速読講座でお伝えする「コツ」を身につければ1分間1000~1500文字はすぐに到達しますし、講座でまずはこのスピードを目標にして頂きます。 一般的な200ページ前後の本を1時間半程度で読めるスピードです。あとはそのコツを意識しながら普段読み込むことで、2000文字ぐらいまでは十分上がっていきます。

ただし、単純に読むスピードを速くすることだけが目的ではありません。 大切なことは本を速く読むことではなく、いかに本の内容を人生やビジネスに活用するか、ということです。スピード一辺倒で本を読み倒すのではなく、時にじっくりと文章を噛みしめながら、時にサクサクと読み進めながら、理解度とスピードを自在にコントロールして本の内容を頭の中にインストールし、実際に活用できるようになることが一番大切なのです。

ですので、1分間に10000文字とか、1冊を10分とか、今までの10倍のスピードとか、超人的・超能力的速読術を身に付けたい方には当講座はお役に立てません。でも、「そこまで速く読める必要もない」、「1時間で1冊読めれば十分」というのであれば、「普通の人が普通に持っている能力を伸ばす」ことに主眼を置いた、やさしい速読講座がきっとお役に立てます。

Point 6 少人数制のきめ細かい徹底指導(定員8名)

速読というのはとても体感てきなもので、ある意味スポーツと同じです。最初はしっかりとコーチが着いて「型」を身に付ける必要があるのです。そのため、定員を8名とし一人ひとりの読み方をしっかりコーチできるようにしています。

Point 7 充実のアフターフォロー(無料動画講座、無料再受講、無制限のメールフォロー)

1日の講座で速読のメソッドを身に付け、自分で読み込むことによって読書スピードはどんどん上がっていきます。

でも、なかなか時間が取れなくて本を読めず、やり方を忘れてしまうということもあるかもしれません。また、「3時間で本当に身につくか不安」という方もいるでしょう。

でもご心配なく。

講座の内容を収録した「速読動画講座」を、復習用として参加者全員に差し上げます。また、再受講は何度受けても無料です。

もちろん、不明な点があったらいつでもメールにて無料相談を受け付けています。

スケジュール