龍体文字と仲良くなろう

龍体文字に魅了されて

『龍体文字』って、みなさまはご存知ですか?神代文字の中でも古いもので『古事記』に登場する神様が創られたそうです。五穀豊穣や、開運招福の御利益があり、エネルギーも強いそうです。

龍体文字は、日本に漢字が伝わる以前に使われていた神代文字の一つで、出雲大社に祀られている宇摩志阿斬訶備比古遅(ウマシアシカビヒゴヂ)という神様が創ったと言われています。
 
ウマシアシカビヒコヂは、5柱の別天神(コトアマツカミ)の中の1柱として「古事記」に登場されている神様で、活力の神・万物の生命力を神格化させた神・地球そのものであるとも言われています。龍体文字は、伊勢神宮に保存されていました。
 
「龍体文字を本にするため、実在人物が書いた奉納文を見せるので、虫の喰っているところを直し美しい文字にし、写真の撮れる状態にしてほしい」と、昭和天皇が人を介して、書道家の安藤妍雪(あんどうけいせつ)先生に依頼にしたことで公開されました。

安藤妍雪先生のサイトによると 引用ここから― 1976年秋天降り日の宮座主...小島末喜氏が歴史学者...坂本弘氏と共に我家に訪れ、大きな巻き紙を広げ、「これは伊勢神宮より出された古代文字である。昭和天皇により、実在人物のお書きになられた奉納文を見せていただける事になりました。そこでお願いがあるのですが、これを至急本に作らなくてはなりませんので虫の喰っているところを直し、美しい文字にし、写真の撮れるようにしていただきたい。」との事。<中略>その時の昭和天皇のメッセージは「この神代文字を表に出したのは、世界の人々に日本の文化の一つとして発表していただきたい。きっと、その実践は世界平和に役立つことであろう。」という事でした。―引用ここまで

日本文明は古事記以前、ホツマツタヱに登場する創造神、3万年前にアンドロメダ銀河から地球に飛来した天御祖神(アメノミオヤガミ)の降臨と共に始まっています。日本は世界で一番歴史がある国です。古代より日本民族は、日本神道を大切にしていました。神様に見られても恥ずかしくないように、信仰心を持って生活していくことが、平和な良い世界の基礎になると思います。大好きな日本の、いにしえの神代文字。


昭和天皇より「その実践は世界平和に役立つ」という御言葉も賜っています。
龍体文字を世界に拡げていきたいと、切に願っています。


 『龍体文字書くWEBクリエイターおまたん』

準備するのは?

筆記具

筆を使うと筆圧が反映されて、表情が豊かになりますが・・・愛用されている筆記具、何でもOKです。筆ペンでもいいし、クレヨンやマーカー、鉛筆や木炭、万年筆。棒もイケるかもしれない?(砂浜や広場の地面に、大きく棒で書いてみませんか?)
直接体に書く場合は、ヘナがお勧めです。植物由来なので安心です。

用紙

筆記具と、相性の良い用紙をお勧めしますが「毛筆・墨・半紙」だけでなく、木や石に書くのも、面白い作品が作れそうです。布に刺繍をしたり、陶芸や、彫刻も素晴らしいと思います。
麻布に書くのも、『麻』の波動が高いので相乗効果がありそうです。

環境

落ち着いて取り組める静かな環境。にぎやかでも集中できるなら大丈夫かな。と思います。自分にとって心地よい場所がいいですね。

心がけ

龍体文字のルーツは、天御祖神(アメノミオヤガミ)の降臨と共に始まった日本の中で生まれた、宇摩志阿斬訶備比古遅(ウマシアシカビヒゴヂ)にあります。神様への礼節を忘れず、「その実践は世界平和に役立つ」と仰せになった、昭和天皇への感謝とともに、心を込めて書きましょう。

願っていること

ネットサロンがオープン

龍体文字サロンを開設します


◎ もっと深く学んでみたい
◎ 仲間たちと交流してみたい
◎ 生徒に、教えてみたい
◎ 自分の作品を販売したい

こんな方々のために、メンバーサロンを開きます。

年内文字のリーディング後にオープン

動画についての解説や、一文字ずつだけでなく文字の
組み合わせでエネルギーの流れができる言葉もあり
ご興味のある方には、詳しくお伝えしていきます。

サロンでは、文字のダウンロードもできます 。
仲間同士の交流や、一緒にイベントを開いたり
ぜひ、お仕事にも結びつけてください。

 
お問い合わせと、お申し込みはこちらから