新しい行動の「習慣化」にかかる日数は66日

2020/08/18

新しい習慣を身に付けるには「66日」かかる!

成功をもたらす秘訣は、良い行動の「習慣化」にあると言われます。

毎日の良い行動の積み重ねが大切なのは、たぶん誰もが感じていることだと思いますが、なかなか続けられないのが多くの人の悩みですよね。

 
続けられない理由。
それは、習慣化には、ある程度
時間がかかるからです。

 
よく「習慣化」にかかる日数は「21日」とか「30日」とか「90日」とか言われていますが、実際のところはどのくらいの日数かかるのでしょうか?

 
結論から言いますと、行動が習慣になるまでにかかる日数は、平均「66日」です。(「小さな習慣」(スティーヴン・ガイズ著)より)

約2か月間ですね。

身に付けたい行動の種類にもよるとは思いますが、実体験としても何となく納得のいく数字ではないでしょうか。

私自身、これまで資格試験に向けての勉強や、ダイエットのためのランニング、食事制限など、新しいチャレンジを試みてきましたが、2週間も続けば良い方で、ほとんどが失敗、三日坊主で終わってしまっていました。

それは、「習慣化」できていなかったことが原因です。

毎朝の歯磨きのように、何も考えずに行動できるようになるまでの66日間(2か月間)は、ある意味、元の生活に引き戻そうとする「自分自身との闘い」の時間になります。

これに打ち勝つことが出来れば、晴れて「習慣化」できることになり、苦も無く行動ができるようになるわけです。


 

「ばかばかしいほど小さな一歩」を考えるのが習慣化のポイント

とはいえ、この「自分自身との長い闘い」を制するには、いったいどうしたらいいのか?という疑問がわくと思います。

結論から言いますと・・・ 
「ばかばかしいほど小さな一歩」から始めること。
です。

たとえば、ダイエットの場合、
・腹筋を1日1回する。

資格試験の勉強をする場合、
・1日1問問題を解いてみる。

本を読んで知識を身に付けたい場合、
・1日1ページを読む。

といったように、だれでも出来るような、「本当にばかばかしいほど小さな行動」から始めるのが、習慣化のためのポイントになります。

なぜなら、

・最初の一歩を踏み出すことが最もパワーを使う
・あまりにも簡単すぎるので失敗しようがない
・できなくて自己嫌悪に陥る可能性が限りなくゼロ
・実行するまでに時間がかからない
・失敗しないので自信がつく


などのメリットがあるからです。

また、いったん小さなステップ(たとえば、腹筋1回)を行ったら、「もうちょっとやってみるか」という前向きな思考になってくるのが人間の脳のかわいいところです。行動に勢いが付いてきます。

気づいたら、「1回のつもりが10回やっていた」ということもあり得るわけです。

私たちの行動を引き留めようとするのは、「めんどくさい」といった考えなので、このめんどくさがりの脳みそをダマすことができれば「習慣化」できるということになります。
 

66日間で「習慣化」に挑戦中

この本を読んでから、「私も簡単に良い行動を身に付けられそう」と思い、本日からいくつかの「ばかばかしいほど小さな一歩」に取り組み始めることにしました。

・毎日5分間ライティング(ブログ、メルマガ、SNS)
・朝の5回スクワット
・1分間瞑想
・5分間読書
・サイポンでWebサイト制作トレーニング10分間
・動画撮影のために、ビデオの電源をONにする
・フォトリーディングの練習10分

・ブログ記事を50文字書く


ちょっと欲張りすぎたかなという感じです。

あまり多くの行動をやろうとすると目標を上回るのが難しくなってしまうということなので、2~3個の習慣にとどめておいた方が良いそうです。

そして、小さな習慣は全部合わせても10分以内で終わるものにすべきということです。

その理由は、100パーセントの達成率を目指すことが目的だからです。100%の達成率こそが高い自己肯定感を保つために必要なんですね。

なので、上記の計画は修正が必要そうです。

あなたも、毎日確実に達成可能な行動習慣を取り入れてみてください。

66日後、人生が大きく変わってくるきっかけになるかもしれませんよ。
 

「小さな習慣」

カレンダー
前月
2024年5月
次月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
    実はこの外間伸吾の公式ブログ、
    サイトCMS         で作ってます
    SHIN-SHINがおすすめするサイポンで、サイト制作してみませんか?
    \今なら、5ページまで無料!/