ハイローオーストラリア情報局

人気のバイナリーオプション優良業者をチェック!

2021/02/14

国内と海外バイナリーオプション業者の違い

バイナリーオプションには国内業者と海外業者がありますが、最大の違いは、国内業者は日本の金融庁の監督のもとにあり、投資者保護という観点から様々な規制を受けているため、自由度が低いのに対し、海外業者はそういった規制の縛りが少ない分、投資をしやすい環境が整っているところにあるといえるでしょう。

国内業者の規制に関して、次の部分が特に問題となるところです。(以下、「【個人向けバイナリーオプ ション取引】規制骨子」より抜粋)
⓵取引期間について
・取引期間(顧客との間で約定を行う期間)について、十分な期間を設定すること
・同一の銘柄にかかる各取引期限の間隔について、十分な期間を設定すること
・権利行使価格の追加設定は、追加設定時点から取引期限までの間に、取引期間と 同等の十分な期間が確保される形で行うこと
上記の「十分な期間」とは、当面の間、2 時間以上とし、ガイドラインにより示す。
⓶権利行使価格について
・取引期間の開始前に全顧客に共通に用いる権利行使価格を決定すること(顧客か らの受注の都度、受注時の為替レートを権利行使価格とする形態は認められない)
・追加設定を妨げるものではないが、追加設定は、既に設定した権利行使価格のいずれをもってしても、顧客との取引が円滑に行えない場合に限り、例外として認めること
・決定した権利行使価格は取引期間中に変更できないこと
・権利行使価格は、その決定時の為替レートと著しく乖離させてはならないこと
つまり国内業者は、⓵により、取引期間は2時間以上のみで、しかも連続して、例えば5分おきに新たな取引を設定することが出来ません。ですから、判定時間は2時間に1回しか訪れないことになります。

また、⓶により、各投資者のエントリータイミングに応じた判定価格の設定が出来ませんから、海外業者では一般的なハイロー取引、つまりエントリーポイントから予想方向に動いて判定時刻を迎えれば勝ちというシンプルな取引が出来ないことになっています。

結果として、国内業者のバイナリーオプションは、2時間おきにしか判定時刻がなく、判定価格が固定で、エントリー価格と判定価格の乖離幅からペイアウト倍率が算定されるものとなります。

一方、海外業者の場合は、短期の取引が可能で、エントリーチャンスが多く、権利行使価格はエントリー価格であり、またペイアウト倍率も固定ですからルールがシンプルでわかりやすく、国内業者よりはるかに使いやすいといえます。

国内と海外バイナリーオプションでは増え方が違う!

国内業者と海外業者の比較では、明らかに海外バイナリー業者のほうが資金を増やしやすいでしょう。その理由を挙げます。

⓵取引時間が違う

国内バイナリーオプション業者では、2時間おきにしか判定時刻がありません。つまり、利益を取るチャンスが2時間に一度しかないということです。その時間の中で、必ずしもテクニカル的に見て手堅いエントリー場面が訪れるとは限らず、その場合、次の2時間後の判定時刻に対して、再度エントリータイミングを探さないといけないことになります。

それに対し、海外業者ではほぼ一日中判定時刻があり、一日中エントリーが可能です。もちろん、やみくもに一日中取引をすればマイナスになる可能性は高いでしょうが、きちんとテクニカル分析、ファンダメンタル分析を勉強して参加するのであれば、取引チャンスが多いほうが明らかに有利です。

⓶ペイアウト倍率が違う

国内業者のペイアウトは、基本的にペイアウトの額が決められていて、その判定価格に対してのエントリー価格の乖離率によって証拠金(投資額)が決まるというものです。
したがって、ペイアウト倍率が高い=勝つ確率が低いということになり、海外業者のシンプルなハイロー取引と比べると、損益のシミュレーションも難しく、計画的な投資がなかなかできません。

かといって、FX取引と比べると、利益確定やロスカット(バイナリーの場合の転売)で自由にタイミングを選びづらい面で不利です。
はっきり言って、投資者保護という名目で投資者の利益チャンスを減らし、臭いものには蓋ではないですが、めんどくさいから参加者を減らしてバイナリーオプションそのものをつぶしてしまおうと考えているとしか思えません。

それに対し、海外バイナリーオプション業者は、ペイアウト倍率は固定で、取引内容もほとんどがシンプルなハイロー取引ですから、勝率をどこまで上げれば安定して利益を上げることが出来るかの計算が出来ます。

国内業者でも、一日中見ていますとたまに、明らかにトレンドが出来ているのに、判定価格との乖離が大きいため証拠金額が小さい(利益率が大きい)場面で順張りエントリーをして大きな利益になったり、大きな指標発表が予定されていて、大きな変動が予想される時に、タッチ取引(判定時間までに判定価格に一度でもタッチしたら利益になる取引)でおいしいとおもえる時もまれにあります。

ただ、そういう場面はたまにしかないですし、そのタイミングを待つために費やす時間を考えると、その分チャートの分析に時間をかけたほうがはるかに有意義です。

こう考えますと、バイナリーオプションでは、優良な業者を選べば海外業者を使うほうがはるかに有利といえるでしょう。

海外バイナリーオプション業者は出金できない?

海外のバイナリーオプション業者は、日本の金融庁への登録がないため、中には危険な会社もあります。実際、過去に返金がされなかった、という事例も発生しています。
ですが、バイナリーオプションの取引が浸透してきていることで、何年も安定した経営をしていて、返金遅延などない業者も多数あります。

きちんと自分でリサーチをして、たくさんの方が利用しているようなバイナリーオプション業者を選べば問題はないといえます。
問題なのは、誰かに勧誘、誘導されてきちんと調べもせずにボーナスの金額などに惑わされて契約してしまうことでしょう。

安心して使える海外バイナリーオプション優良業者

ハイローオーストラリア
先進国であるオーストラリアの金融当局の認可を受けていますので、信用面という点では一番安心できる海外業者です。正確な口座数や預かり残高はわかりませんが、日本国内ではおそらく一番口座数の多い海外バイナリーオプション業者でしょう。

出金に対する規制などもなく、出金拒否などのうわさも聞きませんので、その面でも安心です。
また、ペイアウト倍率の面でも、Turbo取引の30秒取引では1.95倍、1分取引でも1.90倍と高いため、利益を上げるという面でもメリットの多い業者です。
もちろん、デモ口座も利用可能です。
スマホでのハイローオーストラリア登録方法は【簡単!ハイローオーストラリアの登録と口座開設をスマホでしてみた!】をご覧ください。
ザオプション
バヌアツ共和国の金融サービス免許を取得しています。

バヌアツ共和国はオーストラリアの東に位置するイギリス連邦に所属する諸島を国土とする国家です。
国家として金融セクターの発展に力を入れており、マネーロンダリングの防止の観点から海外法人の役職員にも裁判所から情報提供を命じることが出来るようになっています。

出金拒否などの情報も特になく、どこの国の認可も受けていないような業者と比べるとはるかに安心できる業者といえるでしょう。
出金に関しては、ボーナスを受けた場合のみ、キャッシュバック額の10倍の取引が必要ですが、ある程度取引を続けていれば難なくクリアできる取引量ですので問題ないと思います。

ペイアウト倍率は、通常取引で1.82倍、スプレッド取引では2倍で、この面ではハイローオーストラリアに劣りますが、その代わりにテクニカルチャートを無料で使用することが出来ます。

通常のバイナリーオプション業者では、MT4と取引画面を併用しないといけないことを考えますと非常に便利で、使い勝手の良い業者といえます。もちろん、デモ取引も利用可能です。

紹介している攻略法が納得!バイナリー情報優良サイト

バイナリーオプションの情報サイトといいますと、最終的に情報商材や高額セミナーへの誘導を目的とするものも多くあり、信用できないものも多くあります。

その中で、以下のサイトは、客観的な分析などに基づいた攻略法を紹介しており、また怪しげな業者や攻略法に関しても、公平な目で判断して警鐘を鳴らしており、信頼できるサイトといえるでしょう。
参考にご覧になってみてください。
バイナリーオプション実戦取引! | ビギナーバイナリーオプション
海外のバイナリーオプション業者で実際に取引を行っています。利益になるか損失になるか、その時々ではありますが、戦略を用いて取