ハイローオーストラリア情報局

ハイローオーストラリアのペイアウト率って高いのか徹底比較

2021/02/15
バイナリーオプションは大変手軽な投資として有名であり、主婦・学生・会社員などの間で流行しつつあります。

ただし、Twitter(ツイッター)やインスタグラムで「稼ぎかたをレクチャーします」と言って勧誘してくるアカウントには注意してください。これらはほぼ例外なく詐欺です。レクチャーなんてしくれませんし、レクチャーしているLINEなどのキャプチャはすべて自演で作ったものです。

SNSでの勧誘のせいで結果的に、他の投資と比較して危ないと思われがちなバイナリーオプション。

しかし、バイナリーオプション業者自体は安全性が整備されているので、イメージとは裏腹にかなり安心できます。特に、海外バイナリーオプション会社のハイローオーストラリアは極めて安全である上に稼ぎやすいと評判です。

稼ぎやすい理由の一つがペイアウト率の高さ。

ハイローオーストラリアは最大でペイアウト率がスプレッド取引で2.0倍。通常のハイロー取引でも大体1.8倍~1.95倍で、他社と比較して高ペイアウト率になります。今回、他社とペイアウト率を比較した結果をまとめていますので、業者選びの際は参考にしてみてください。

ハイローオーストラリアのペイアウト率について

先ほどもお伝えしたようにハイローオーストラリアは、通貨ペアなどにもよりますが大体ペイアウト率が1.8倍~1.95倍であり、他の多くの会社が1.7倍〜1.8倍程度であることを考えると非常に優秀と言えます。
ハイローオーストラリアのペイアウト率について
通常のハイロー取引(15分以上)では大体1.88倍であり、ターボ取引(30秒〜5分)では1.95倍が簡単に出るのが嬉しいポイントです。

更に、スプレッド取引(少し不利な状態からスタートする方法)をすると更にペイアウト率が高くなり、2倍となります。
スプレッド取引をすると更にペイアウト率が高

ハイローオーストラリアのペイアウト率が一番高いのか比較した結果

ハイローオーストラリアはペイアウト率が高いと評判ですが、一番高いのはどこなのかについて、しっかりと知っておくと良いでしょう。

ハイローオーストラリアはかなり質が良く、Webサイトでも評判も良いバイナリーオプション会社です。

しかし、他にペイアウト率が高い会社が存在するのであればメインで使う必要はありません。

そこで、他の海外バイナリーオプション会社とペイアウト率を比較してみましょう。

なお、()内の数字は短期取引のデータです。短期取引は引き分けの場合負け扱いになるバイナリーオプション会社が多いので通常の取引よりも少しペイアウト率が高く設定される傾向があります。

ハイローオーストラリアのペイアウト率が一番高いのか比較した結果
なお、ペイアウト率はタイミングや通貨ペアによって変化するので、この表は目安とお考え下さい。

ハイローオーストラリアは1.8倍(1.95倍)ですので、この中では今はなきBTオプションに次いで優秀です。

しかも、口座の基本的な性能はハイローオーストラリアには劣るというのが実情です。

従って、総合的に見てハイローオーストラリアをメインの口座にするのが妥当と言えるでしょう。

ハイローオーストラリアは無料でデモ口座も提供しているので、体感したい方は一度ペイアウト率を確認してみましょう。

ハイローオーストラリアの無料デモがスマホとアプリで出来る!?その方法とは?

ペイアウト率だけを見るのは危険!スプレッド幅も見ていこう

ペイアウト率を見て口座を決めるのも良いですが、より大きなペイアウト率を求めたり、トレードの腕が上がって思い通りの方向へ順行することが多くなってくればスプレッド取引が有効となります。

そこで、スプレッドとは何か?主要海外バイナリーオプション会社のスプレッド幅について見ていきましょう。

バイナリーオプションにおけるスプレッドとは

バイナリーオプションのスプレッド取引は、先に挙げたように少し不利な状態からスタートすることです。

どのくらい不利なのか、その具体的な数値がスプレッドと言えます。例えば、スプレッドが0.1pipsだとすれば0.1pips分不利な状態からスタートします。

FXの場合のスプレッドは実質的な手数料を意味するので、FX出身の方はお間違いの無いようにして下さい。

各バイナリーオプション会社のスプレッド幅の目安

各バイナリーオプション会社のスプレッドの幅を見ていきましょう。なお、実際は取引中に数字は若干変化するのであくまでも目安とお考え下さい。

また、一定の水準に達している会社のみスプレッド幅を紹介します。業者によってはスプレッド取引をしても主要会社の通常取引以下のペイアウト率しか出せないところがあるためです。
各バイナリーオプション会社のスプレッド幅の目安
なお、ファイブスターマーケッツは特大のスプレッドがあるものの、3倍以上のペイアウト率が出せる取引を導入していましたが、2019年7月末で廃止となるので割愛します。

これらをまとめると、やはりハイローオーストラリアが1番良い口座です。ザオプションとは全く同じですが、スプレッド取引以外で優っています。

唯一ソニックオプションにペイアウト率が負けていますが、スプレッドが広いので勝率が落ちやすいでしょう。

特に、30秒や1分取引では0.3pipsのスプレッドは致命的です。ただでさえ短期取引は値が動かないのに近年は多くの通貨ペアの値動きが小さめなので0.3pipsのハンデを覆すのは困難と言えます。

相当に自信があるならソニックオプションが適切ですが、バランスが良いのはハイローオーストラリアと考えて間違いありません。

ペイアウト率とスプレッド幅も含めハイローオーストラリアは素晴らしい口座

ペイアウト率とスプレッド取引のデータを見ればわかるように、ハイローオーストラリアは大変優れた口座です。

この2つが優れていることから稼ぎやすいので多くの方に合うと言えるでしょう。

また、金融ライセンスを持っているので公的に認められている存在であり、出金拒否などの悪どい噂もほとんどないことから安全性もNo. 1です。現状ではハイローオーストラリア以外の選択肢は無いとすら言えるかもしれません。

実際にはメンテナンスが必要だったりハイローオーストラリアでやっていないキャンペーンを実施していて他の会社が大変お得な時はハイローオーストラリア以外を使うこともあります。

例えば、スプレッド抜きでペイアウト率が2倍を超えるようなキャンペーンをしている時は積極的にその口座を使うべきでしょう。

この場合、勝率が50%なら期待値的にはプラスなので適当に取引しても勝ててしまうケースが多くなります。

しかし、そんな機会が訪れることは少ないので基本的にメイン業者としてはハイローオーストラリアが良いと思いでしょう。

徹底比較を終えて感じるハイローオーストラリアの強味

今回は、各バイナリーオプション会社のペイアウト率とスプレッドを比較しました。近年バイナリーオプションは広まりつつあり、社会人や主婦の方も取引しています。

また、Twitterやインスタグラムでも勧誘・レクチャーしているアカウントは多く見受けられる(これらの誘いに乗るのは望ましくありません)ほどの流行を見せているので、やりたいと思う方も多いでしょう。

その為には、口座選びが重要です。

比較結果からも分かるよう、ペイアウト率・スプレッド共に優れているハイローオーストラリアが一番稼ぎやすい口座だと分かると思います。