北海道 大沼公園 ペンションハイネ
 
食事の楽しさを教えてくれる宿
リピーターのまとめサイト

サイト創設にあたって

ペンションハイネさんに出会い食事の楽しさ、ワインの美味しさをはじめ、さまざまなことを教わりました。

今年(2020年)リピーター歴10年を迎えたわたしが、わたし自身に対してこの宿の魅力を再認識できるようにまとめてみたくなったのがサイト創設のきっかけです。

 
★2021年以降も訪問の都度 更新していきます。

(ご注意いただきたいこと)
お料理は
TOSHI(トシ)さんのお気遣いによりリピーターのわたしを飽きさせないようにと通常メニューとは異なるものをご提供いただいております。

※食材の調達もその日次第のため、特定のお料理をリクエストしたことはありませんが、何を食べさせていただけるのか毎回楽しみにしています。

通常メニューで同じお料理が提供されないことが多いと思いますが、提供されるお料理の参考として御覧いただけますと幸いです。

お料理ダイジェスト

2021年5月(更新作業中です)

フライパン ブイヤベース

カキ・エビ・マッシュルームetc。山の幸と海の幸が味わい深いスープの中で一体感がありながらも個々の食材の旨味を最高の形で主張してくれていました。絶品と感動のお料理でした!これは美味しすぎる!
※お料理の詳細はこちらをクリック!

2020年9月

豚フィレ肉 梨ソース

低温調理の新作とのこと。豚肉版のローストビーフ。豚肉の臭みがない。フィレ肉のため、脂っぽくなく、くちの中で噛むたびに旨味やソースとのマッチングを感じました。
※お料理の詳細はこちらをクリック!

2020年6月

季節野菜の天ぷら

山芋、ウドの葉、ミョウガの3種。ピンクソルトでいただきました。旬の野菜は本当に美味しいと改めて感じました。特にウドの葉が最高でした!
 

2019年9月

ハイネ風おでん(朝食)

タコのたまご(左上)を初めていただきました。食材とスープ(ダシ)が見事に調和して優しいうまみを醸し出していました。

2018年

訪問できなかった。。(反省)

2010年から毎年リピートさせていただいたのに、この年は訪問できませんでした。この年の後悔を胸に2020年からは年2回訪問をさせていただいております。

2017年10月

カレイのアクアパッツァ

魚料理には白ワインが定番ですが、TOSHIさんの料理は赤ワインにも良く合います。この時も赤ワインでいただきました。美味しかったです。

2016年10月

トウモロコシ恵味と地元産野菜のサラダ

恵味という品種はとっても甘いです。サラダには新品種が登場することが多く、あえて苦みを感じさせてくれたり、フルーツが入っていたりといった遊び心に溢れる楽しいサラダでした。

2015年6月

牛肉とタケノコのパエリア

コースの最後でご飯ものが登場しますが、けっこう赤ワインと合います。ご飯にしっかりと味わいがしみ込んでいますし、冷めても美味しいので、ゆっくりといただくことにしています。

2014年10月

ボタン海老と刺身昆布

やっぱり大きいボタン海老は甘くて美味しいです。首都圏に空輸されてしまうことが多いので、北海道産でありながら北海道ではなかなか食べられないと聞いたことがあります。刺身昆布も食感と海の風味がたまりません。

2013年4月

行者ニンニクのブイヤベース

エビの旨味を最高に引き出した栄養たっぷりの絶品スープです。アツアツでも冷めてもどちらでも美味しいです。スープにバゲットは相性ばっちりでした。もちろんワインにも。


 

2012年11月

地元野菜のたっぷりサラダ(朝食)

アイスプラントやロマネスコはハイネさんで初めて食べさせていただきました。朝食にたっぷりサラダをいただくと整腸効果があるのかとってもお腹の調子が良いです。
 

2010年9月 初訪問
※画像はありません

料理に合わせて、ワインをいただくいわゆるマリアージュを初体験しました。
 

2011年9月 再訪問
※画像はありません

人生で初めて旅の宿のリピーターとなりました。
 

お料理のポイント!

ココでしか食べられない
ハッ!とさせる味の独創性

何度も食べたことにない美味しさに巡り合わせていただきました。TOSHIさんしか作ることができないオリジナル料理です。

食材を活かすために
シンプルな味の追及

素材の本質を引き出すため味付けはほぼしないとのこと。余計なモノを極限まで削ぎ落とすために仕込みには相当な労力と時間を掛けられています

完成形を見ない
料理への探求心と研究

毎年新作料理をいただいています。モチベーションを尋ねると「美味しいもの食べたいから」だそうです。進化するお料理を食べたい方は季節を変えてのリピートを!

宿泊にあたっての疑問点

Q ペンションが初めてで不安です。

A ハイネさんなら大丈夫です。主客の両方がお互いに尊重した「人らしい」時間を体感できると思います。

Q 一人旅でも問題ないでしょうか?

A まったく問題ありません。割増料金もないのが素晴らしいです。

Q チェックインは?

A 15:00 からです。当日も仕入れに走られますので、16:00以降だと助かるようです。チェックイン前の荷物は、大沼公園駅前の大沼国際交流プラザ(大沼観光案内所)に預けるのがオススメです。ハイネさんのHPでもご確認ください。

Q チェックアウトは?

A 10:00 までです。チェックアウト後の荷物は、大沼公園駅前の大沼国際交流プラザ(大沼観光案内所)に預けるのがオススメです。ハイネさんのHPでもご確認ください。

Q 門限はありますか?

A 23:00 です。早朝の散歩出掛ける場合は前日にTOSHIさんに戻り時間も含めて伝えられると良いです。ハイネさんのHPでもご確認ください。

Q お支払い方法は?

A 現地にて現金のみの取り扱いです。チェックアウトの際に支払います。

Q 駐車場はありますか?

A あります。無料です。宿の前に停められます。大きい車もOKですが、現地でTOSHIさんに停め方の案内を受けると良いです。

Q お風呂はありますか?

A ペンション内に共有のお風呂が2つあります。※温泉ではありません。利用可能時間は、16:00-2300/翌朝7:00-9:00 です。

Q トイレはいくつありますか?

A ペンション内の1階に共有のトイレが2つあります。2階にも1つあります。収容人数から考えると充分な数で埋まっていることはなかったです。

Q 室内冷蔵庫はありますか?

A ありません。TOSHIさんに言えばキッチン冷蔵庫で預かっていただけます。

Q 食事中に注文できるドリンクは何ですか?

A ワイン(赤/白)、日本酒、焼酎、ビール(サッポロ)、ソフトドリンクです。

Q 食事中に注文できるドリンクはいくらですか?

A ワイン(赤/白)は 400円@グラスだと思います。日本酒、焼酎、ビール(サッポロ)、ソフトドリンクはTOSHIさんにご確認ください。ドリンクは提供する料理と合わせるツールというお考えなので、安価にて提供されています。

Q 近所のコンビニはドコですか?

A 宿から1km程度のところに「セブンイレブン」と「セイコーマート(旧サンクス)」があります。大沼駅前です。宿を出たら、駐在所がある大通りを左にずっと直進です。※大沼公園駅周辺にコンビニはありません。

Q 近所の飲料の自動販売機はドコですか?

A 宿から200m程度のところにあります。宿を出たら、駐在所がある大通りを右に直進です。十字路のクリーニング店前に設置されています。

その他の疑問点は直接ペンションハイネさんにお問い合わせください。

ペンションハイネ

[住所]
〒041-1354 北海道亀田郡七飯町字大沼町297番16

[電話番号]
0138-67-2655

[Mail]
pension-heine@rg.lovepop.jp