社会の理解
社会の理解
社会の理解
社会の理解

社会の理解:42

2021/09/25
要介護認定に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 要介護認定は、申請書に運転免許証などの身分証明書のみを添付して市町村に申請しなければならない。

2 介護保険の被保険者証が未交付の第2号被保険者の場合には、医療保険の被保険者証等を提示して要介護認定の申請をする。

3 居宅介護支援事業者は、被保険者の要介護認定の申請を代行することはできない、

4 市町村は、新規要介護認定に係る調査を、指定市町村事務受託法人以外に委託することができる。

5 市町村は、要介護更新認定に係る認定調査を地域包括支援センターに委託することはできない。

正解 : 2

× 1 要介護認定は、申請書に介護保険の被保険者証を添付して市町村に申請する。


〇 2 設問のとおりである


× 3 居宅介護支援事業者は、被保険者の要介護認定の申請を代行することができる、


× 4 新規要介護認定に係る調査については、原則市町村が行うものである。


× 5 市町村は、要介護更新認定に係る認定調査を地域包括支援センターなどに委託することはできる。

補足

護支援専門員=ケアマネージャー

■ 主任介護支援専門員とは?

 主任介護支援専門員とは、介護支援専門員の上位資格であり地域包括支援センターに配置が義務づけられている介護相談のスペシャリストのことをいいます。

 主任介護支援専門員は、十分な知識と実務経験のある介護支援専門員が「主任介護支援専門員研修」を受講することで資格を取得することができます。

 主任介護支援専門員は、2006年に誕生した比較的新しい資格ですが、資格取得者は介護現場で必要不可欠な存在となっています。