トリプルメール(β版)、リリースしました!

2022/02/07

「メール」「LINE」「ショートメール」を、簡単に使い分けできます!

エキスパでは、すでに「メール」「LINE」「ショートメール」の配信機能を利用できますが、
各配信方法が独立をしており、各機能で読者管理をしているため、

【どの読者に】【何の配信方法で】【いつ、どんな内容を】の確認を、
それぞれの機能で確認しなければいけない状況でした。

この問題を解消する為に、「トリプルメール」の中で、

・読者リストを一括管理
・メール / LINE / ショートメールの使い分け

が、できるようになりました。

今回は、そのトリプルメールの概要と注意点について、ご説明したいと思います!
トリプルメール β版の注意点(2022年2月7日時点)
 ・既存の各機能とは、まったくの別物です。ご利用時は完全に切り離してお考えください。
 ・サポートに関しては、当面の間メールサポートのみとさせていただきます。
 ・無料版 と 有料版 がございます。
 ・有料版は、β版として「5千プラン」のみのご提供となります。
  ※既存の配信プランとは別に、月額が発生しますのでご注意ください。
  ※今後トリプルメールの機能が充実した際、他プランの開放をおこないます。
  ※最終的には、トリプルメールにすべての機能を統合予定です。
 ・既存機能からのトリプルメールへのデータ移行もスムーズに行えるよう、対応予定です。

通常の配信とトリプルメールの違い

通常の配信(メール、LINE、ショートメール)とトリプルメールの違いを確認しましょう。

読者リストの管理方法

配信

情報管理

次に、トリプルメールの構造を説明します。

トリプルメールの構造

トリプルメールでは、「プロジェクト」という大きな箱の中で、業務を管理します。

そのプロジェクトの中で、「メルマガ」という作業スペースを作成し、
各種配信(メール、LINE、ショートメール)が可能になります。

上記のように、プロジェクト内でユーザー情報を一括管理することができる為、
以下のようなメリットがあります。

・誰に、どの配信方法で、どのような内容を配信したかが、簡単に確認できる
・読者の状況にあわせて、各配信方法を自由に活用できる
  例)メールで反応ないから、LINEを送る 等ができる


また、トリプルメールで使用するパーツの用語をご確認いただけますと、
より構造のイメージが湧くかと思います。
用語説明
プロジェクト
・イメージは「会社」 
・プロジェクトの中で、メルマガやユーザー(読者)管理など、ほとんどの作業が可能となる
・プロジェクトは複数作成が可能
・プロジェクト間での、ユーザー(読者)情報の共有はできない

メルマガ
・イメージは「部署」または「作業スペース」
・メルマガの中で、各種配信を行ったり、読者管理が可能となる
・メルマガは複数作成が可能
・メルマガ間での、読者情報の共有が簡単にできる

フォーム
・イメージは「入り口」
・フォームから登録があると、連携しているメルマガに読者情報として保存される
・フォームはどのメルマガにも連携できる

「ユーザー」と「読者」の違い
・ユーザー
 プロジェクトに登録された方はすべて「ユーザー」と呼称しております。
・読者
 ユーザーの中でメルマガに登録された方は「読者」と呼称しております。

 ※「プロジェクトには登録があるが、どのメルマガにも登録がない」
   というユーザーも存在するため、このような呼び分けをしております。
以上が、トリプルメールの概要となります。

すでにエキスパをご利用の方は、「プロジェクト」という概念が入る為、少し慣れるまでにお時間を要しますが、慣れてしまえばかなりリスト活用の幅が拡がると思います!

まずは無料版で使い倒していただき、既存システムとの違いを感じとっていただければ幸いです。 
トリプルメール β版の注意点(2022年2月7日時点)
 ・既存の各機能とは、まったくの別物です。ご利用時は完全に切り離してお考えください。
 ・サポートに関しては、当面の間メールサポートのみとさせていただきます。
 ・無料版 と 有料版 がございます。
 ・有料版は、β版として「5千プラン」のみのご提供となります。
  ※既存の配信プランとは別に、月額が発生しますのでご注意ください。
  ※今後トリプルメールの機能が充実した際、他プランの開放をおこないます。
  ※最終的には、トリプルメールにすべての機能を統合予定です。
 ・既存機能からのトリプルメールへのデータ移行もスムーズに行えるよう、対応予定です。
  ・・・
ネットビジネスを自動化する
オールインワン配信ツール
メール配信、集客販売フォロー顧客管理すべて自動化!
© EXPA