社会の理解
社会の理解
社会の理解
社会の理解

社会の理解:問2

2021/09/18
地域福祉に関する次の記述のうち、誤っているものを1つ選びなさい。
1 社会福祉法では「地域福祉の推進」が目的の1つにあげられている。

2 共同募金は、都道府県共同募金会が実施機関となり実施されている。

3 社会福祉協議会が中心になって行ってきた地域福祉権利擁護地形は、日常生活自立支援事業になった。

4 社会福祉協議会は、社会福祉法で「地域福祉の推進を図ることを目的とする団体」と位置付けられている。

5 社会福祉法では、市町村社会福祉協議会に運営適正委員会の位置を規定している。

正解 : 5

1 設問のとおりである

2 設問のとおりである

3 設問のとおりである

4 設問のとおりである

5 社会福祉法では、都道府県社会福祉協議会に運営適正委員会の位置を規定している。

補足

■地域福祉とは


 域福祉の目的は、高齢、障害、その他のさまざまな事情から福祉サービスを必要とするようになっても、これまでつくりあげてきた家族、友人、知人との関係を保ち、文化やスポーツ、芸術、趣味などの社会的な活動に参加できることで、誰もが自分らしく、誇りをもって、まちの一員として普通の生活を送ることができるようになることです。
 

■社会福祉法における人権、尊厳に関する規定

(福祉サービスの基本的理念)
第3条 福祉サービスは、個人の尊厳の保持を旨とし、その内容は、福祉サービスの利用者が心身共に健やかに育成され、またはその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように支援するものとして、良質かつ適切なものでなければならない。

(福祉サービスの提供の原則)
第5条 社会福祉を目的とする事業を経営する者は、その提供する多様な福祉サービスについて、利用者の意向を十分に尊重し、地域福祉の推進に係る取組を行う他の地域住民等との連携を図り、かつ、保健医療サービスその他の連携するサービスとの有機的な連携を図るように創意工夫を行いつつ、これを総合的に提供することができるようにその事業の実施に努めなければならない。

Pickup Keyword

・社会福祉は人間の尊厳を尊重が基本的理念。

・福祉サービスは、その人の主体的な意思にもとづいた、その人らしい生活を支えるもの。このことは、利用者の選択と責任による主体性を尊重した支援を意味する。

主体性を尊重した支援

・その理念を具体的に実践するにあたって利用者の意思(意向)に沿い、生活ニーズの充足には、地域住民等や保健医療サービス等の連携・協働が必要。