社会の理解
社会の理解
社会の理解
社会の理解

社会の理解:問3

2021/09/18
介護支援専門員(ケアマネジャー)のおもな業務に関する次の記述のうち、誤っているものを1つ選びなさい。
1 要介護認定に関する業務

2 居宅介護支援業務

3 給付管理業務

4 施設介護支援業務

5 施設介護業務

正解 : 5

5 施設介護業務は、介護職員である。

介護支援専門員(ケアマネジャー)の仕事

①要介護認定に関する業務

 介護や支援を必要とする人が,介護保険制度を利用して在宅サービスや施設へ入所するには,市町村への申請による要介護認定を受けることが必要となります。
 この時にケアマネジャーは,本人や家族に代わり申請の代行ができます。 また、その後の本人への心身状態を把握するための訪問調査についても,市町からの委託を受け,代行することがあります。

②ケアプラン(居宅サービス計画書)の作成

 ケアマネジャーは,要介護度ごとのサービス限度額をもとに,認定を受けた本人がどのようなサービスを必要としているのか,個別のニーズを調査・分析(アセスメント)して,ニーズに応じたケアプランを作成します。

③サービス事業者との連絡調整

 ケアマネジャーは,利用者に代わってサービスを提供してくれる事業者や施設の検索,契約条件の確認,日程の調整など,実際にケアプランを実行できるよう連絡調整を行います。

④観察(モニタリング)と再評価

 ケアマネジャーは,利用者に介護サービスが開始された後も,提供されているサービスが適切かどうかを,利用者,事業者の双方から情報を収集し継続的にモニタリングをします。 また,その結果に応じて,ケアプランの修正を行います。