令和の織田信長・坂本龍馬・西郷隆盛・空海こと鬼マムシ澤繁実(さわ しげみ)Shigemi SAWAからの緊急告知

澤繁実(さわ しげみ)
ほぼ毎日、
和服を着る会
和澤志会
(わたくし会)

 

和服・沖縄プロモーションビデオ

下駄の手入れの仕方 (メンテナンス)
How to take care of GETA(Monster shoes) 

  一本歯の下駄は天狗下駄(てんぐ げた)と呼ばれており、常に竹馬に乗っているような状態で、体幹(たいかん)や脹脛(ふくらはぎ:ハムストリングス)のトレーニングになります。古く、山伏が山岳修験を行う際に、二本歯の下駄では上りにくいため、坂道の傾斜に対応しやすい天狗下駄が用いられるようになりました。現在では小学校などでバランス感覚を養う際のアイテムや、和服を楽しむ際のアクセントとして楽しまれています。

 Single-toothed GETA are called TENGU (Japanese traditional monster) GETA, when you use Tengu GETA, you are like standing on stilts all the time. It's a training of your main stem trunk and calves muscle (hamstrings). In ancient times, when Yamabushi practiced mountain ascetic training, it was difficult to climb up with two-toothed geta, so Tengu geta, which could easily handle the incline of the slope, came to be used. Nowadays, it is enjoyed as an item for cultivating a sense of balance in elementary schools, and as an accent when enjoying Japanese clothing.

会長着こなし写真館